from ハウス

  • 食育

子どもが嫌いな野菜の5つの特徴と野菜が美味しく食べられる料理のコツ!

子どもが嫌いな野菜の5つの特徴と野菜が美味しく食べられる料理のコツ!

「うちの子、今日もまったく野菜を食べてくれなくて…」「どうしたら野菜を食べてくれるんだろう…」。

野菜が苦手で食べようとしない子どもに、悩んでいるパパやママは多いことでしょう。ビタミン・ミネラル・食物繊維などが豊富に含まれている野菜は、子どもの健やかな成長のためにも不可欠と言えます。また、野菜不足は代謝や免疫力の低下、便秘など、さまざまな症状の原因になりやすいため、何とか克服したいものです。

そこで今回は、子どもが嫌がる野菜の特徴と、子どもが野菜を少しでも喜んで食べてくれる料理のコツについてお伝えします。

子どもが嫌いになる野菜の特徴ってなんだろう?

子どもに野菜を美味しく食べてもらうためには、調理の工夫が大切です。どう調理を工夫すればよいのかを考えるためにも、子どもが野菜を嫌いな理由を知っておきましょう。

以下に、子どもが嫌いな野菜の主な特徴を5つ挙げますので、自分の子がどれに当てはまるのか、考えてみてくださいね。

  • ① 味
    一般的に、子どもは酸味や苦味が苦手です。これは、酸味を“腐敗”、苦味を“有毒”と知らせる“サイン”として認識し、本能的に避けてしまうからと言われています。
    例)春菊の苦味、トマトの酸味など
  • ② 見た目
    野菜の色や形が苦手な場合もあります。なかでも強い色の緑黄色野菜は嫌われやすい傾向にあります。
    例)ピーマンの濃い緑色やナスの紫色やテカリ、ゴーヤのゴツゴツ感など
  • ③ 食感
    口に入れた時の食感も子どもが野菜嫌いになる要因のひとつです。
    例)生野菜のシャキシャキ感、シイタケのグニュっとした食感など
  • ④ 独特のにおい
    キュウリや葉物野菜、香味野菜などの独特の青臭さや強い香りを苦手だと感じる子どもも多くいます。
    例)ホウレンソウの青臭さやセロリの強い香りなど
  • ⑤ 食べにくさ
    噛むことや飲み込むことがまだ苦手な子どもは、野菜そのものが嫌いでなくても、食べにくいから嫌がることがあります。
    例)ニンジンの硬さ、葉物野菜の繊維による噛み切りにくさなど

【子どもが嫌いな野菜の特徴別】食べやすくなる料理のコツ

子どもが嫌いな野菜の主な特徴を把握したら次は、美味しく野菜を食べてもらうための料理のコツについて考えてみましょう。
子どもは口腔機能が未発達だったり、野菜を食べることへの必要性を理解しにくかったりするため「しっかり野菜を食べなさい」と伝えても、食べようとしなかったり、うまく噛んだり、飲み込んだりできないことが多くあります。

そこで、野菜の切り方や味付けなどをひと工夫して、食べやすくしてあげることがポイントです。
ここでは、子どもが嫌いな野菜の特徴別に料理のコツをご紹介しますので、ぜひ子どもの様子を観察しながら、試してみてください。

  • ① 味
    ケチャップ、マヨネーズ、カレーなど子どもが好きな味付けにすることで、野菜特有の味が和らぎます。また、子どもは甘みが大好き。一般的に野菜は加熱すると甘味が増すため、しっかり炒めたり、弱火でゆっくり火を入れたりして甘みを引き出すとよいでしょう。
    例)マヨネーズ和え、飴色まで炒めたタマネギソテーなど
  • ② 見た目
    野菜の見た目を変えることで、子どもが興味を示し、喜んで食べてくれることがあります。例えば、ニンジンやキュウリなどのように、色がはっきりしていて、型を取りやすい野菜は星形や花形にしたり、ピックに刺したりするだけで、見た目が華やかで美味しそうに見えます。また、ナスの紫色に反応してしまう子どもの場合、ピーラーで紫色の皮をむくことで、食べやすくなるケースもあります。
    例)星形ニンジン入りの味噌汁、皮をむいたナスの煮びたしなど
  • ③ 食感
    例えば、生野菜のシャキシャキ感が苦手な場合は、火を通して温野菜にしてみてください。また、揚げて香ばしさをプラスしてあげるのもよいです。カリッとした食感が食欲をそそるでしょう。
    例)温サラダ、シイタケ入りのかき揚げなど
  • ④ 独特のにおい
    においを和らげるには、水にさらしてアクを抜く、よく火を通すなど、調理過程を工夫します。すると野菜独特の香りが抜けて、食べやすくなります。
    例)さっと水に浸したピーマンの炒め物、お米のとぎ汁で下茹したダイコンの煮物など
  • ⑤ 食べにくさ
    大きさが気になる子もいます。その場合は食べやすい大きさに切ってあげるとよいでしょう。繊維質が苦手なら繊維を断ち切る切り方をしたり、ミキサーにかけてスープやジュースにしたりするのもおすすめです。
    例)野菜を混ぜた一口サイズの卵焼き、ホウレンソウのポタージュなど

そのほか、苦手な野菜と大好きな食材と組み合わせたり、大好きなメニューの具として入れてみたりする方法もあります。子どもがどんな方法であれば食べやすいのか、試行錯誤しながら見つけてみるとよいでしょう。「ニンジンが嫌いだと思っていたけれど、カレーにしたら食べられる」など、新しい発見もあるはずです。

楽しい♪を刺激する、料理の盛り付けをひと工夫してみよう!

調理上の工夫以外にも野菜嫌いを克服するアイディアはあります。例えば、子どもの好きなキャラクターが描かれているプレートに、野菜料理を盛り付けてみましょう。料理を食べ終わる頃になると、プレートの底のキャラクターがあらわれ、見た目のワクワク感から、苦手な野菜も気にならないかもしれません。

家族でホットプレートを囲んで料理するのもよいです。ワイワイと楽しい雰囲気のおかげで、苦手な野菜をペロリと食べられる子どももいるからです。可能であれば、野菜の下ごしらえをしてもらう、材料をテーブルまで運んでもらうなど、子どもに簡単なお手伝いをお願いしましょう。調理への参加により、食べることを楽しみに思う気持ちも育めます。

その際に専用のエプロンを用意すれば、子どものお手伝いモードも全開に!

また、遊びを通して野菜に親しめるおままごとや、野菜が主役の絵本を活用するのもおすすめです。「これはニンジン!こっちはトマト!」など知っている野菜を一緒に指差ししてみましょう。野菜と親しめる環境を作ることで、野菜を食べることへの意欲につながります。

一口食べたら褒めて、焦らずに見守ることもポイント

ここまで、子どもが野菜を食べやすくなる料理のコツについてご紹介してきました。しかし大切なのは、「今のうちに野菜嫌いをなんとかしたい」と一生懸命になりすぎないことです。無理に食べさせるとかえってトラウマになり、もっと食べられなくなってしまう可能性もあるので注意が必要です。
「この時期は吐き出しても大丈夫!」というくらいの気持ちで取り組んでみましょう。そして一口食べたら、「野菜を食べてくれて、嬉しかったよ!」「頑張ったね!えらいね!」とたくさん褒めてあげてください。

基本的にほかの食品で十分な栄養が取れていれば、嫌いな物を無理に食べさせる必要はありません。子どもは楽しいことが大好きなので、苦手な野菜を楽しく食べられるような雰囲気づくりを優先し、焦らず見守ってあげてくださいね。

関連記事

 
  • 食育

【環境について考えよう】未来の食卓はどうなる?「農業と環境」を守る意識と行動

前回の記事で、おうち時間が増えた今こそ取り組みたい「食品ロス削減術」をテーマに環境問題を取り上げました。一方、わたしたちの食には、“消費”だけでなく“生産”も欠かせない問題の一つです。コロナ禍により農業などの生産者は打撃を受け、また同時に支援活動も活発化しました。これにより、生産者の今について認識された方も増えてきています。しかし知っているようで実はあまり知られていない深刻な問題も少なくありません。そこで今回は、生産者の今を知ることで、わたしたちの食を守るために家庭でなにができるかを考えてみましょう。

 
  • 食育

【環境について考えよう】地球と家計を救う!今こそ考えよう おうち時間の食品ロス削減術

昨今のコロナ禍による食生活の変化により、家庭での食品ロス増加が考えられています。食品ロスとは「食べられるのに捨てられている食品」。食品や家計の無駄であるのはもちろん、世界的な気候変動の原因にもつながる重大な問題です。おうち時間が増えた今こそ、改めて環境問題と家庭での食品ロス削減について考えてみましょう。

 
  • 食育

<野菜ソムリエが伝授> 思春期の体調管理や集中力アップにおすすめの”野菜のチカラ”で新学期に備えよう!

毎日何気なく食べている野菜にはさまざまなチカラがあることを知っていますか。野菜が苦手な子どもも多いですが、勉強やスポーツへの集中力をアップしてくれるなど、中高生にとって大切な栄養を多く含んでいますので、毎日たっぷり摂りたいですね。野菜ソムリエPro.として日本野菜ソムリエ協会認定料理教室を主宰し、高校生と春から中学生の子どもを持つお母さんでもある安部加代子さんに、“野菜のチカラ”や、“子どもにおいしく野菜を食べさせるコツ”などについて伺いました。

 
  • 食育

中高生の親が知っておきたい体を作る栄養と食事の摂り方 ~ジュニアスポーツで大事な「食事の自己管理能力」

中高生の時期は、子どもが体も心も大きく成長する時期。健康な体を作り、すこやかな心を育むためには、毎日のバランスの取れた食事が必要不可欠です。特に目標をもってスポーツに取り組む中高生を応援する親にとっては、子どもの体の状態や必要な栄養など気になることが多いもの。そこでスポーツを頑張る中高生の子を持つ親が知っておきたい栄養や食事について、公認スポーツ栄養士で管理栄養士の小嶋理恵子さんにお話を伺いました。

 
  • 食育

集中力や記憶力アップに期待も!?試験で実力が発揮できる理想の“受験メシ”とは

受験生の子どもを持つ親ならだれでも、試験で実力を最大に発揮できるよう、サポートをしてあげたいと考えるものではないでしょうか。親ができる大切なサポートが、毎日の食事です。受験準備期間から、試験日当日までの間に体調を整えて集中力や記憶力をアップさせる理想の“受験メシ”について、受験フードマイスターの講師を務める管理栄養士の椎橋聡子さんにお話を伺いました。

 
  • 食育

\親子で「食」について考えよう/
【おまけ編】 料理は「科学する」ともっと楽しくなる!

”親子で「食」について考えよう”というテーマでお届けしてきたこのシリーズも第4回目。今回で最終回です。おいしい!についてもっとお話ししてみよう!実験してみよう!ということで【おまけ編】をお届けします。 週末など時間がある時に、おうちの「おいしい味」についてお話ししてみませんか?普段の料理のかくし味をクイズにしてみたり、おうちにある調味料でドレッシングを作ってみたり、味の組み立てを楽しんでみましょう。前回に続き、社団法人全国料理教室協会 代表理事を務める麻生怜菜さんに、お話を伺いました。

 
  • 食育

\親子で「食」について考えよう/
【お買い物&調理編】 子どもといっしょに!の時に気をつけること

”親子で「食」について考えよう”というテーマでお届けする第3回目は【お買い物&調理編】です。どんな料理を作る?何の食材をお買い物する?など、準備が整ったら、買い出しをして調理をしましょう!最初は普段の2~3倍の時間がかかってしまいますが、なんども繰り返していくうちに、買い出しから調理までの流れを把握し、食材の旬を知ったり、調理の工程が身についたり、徐々に効率的な調理方法が身についていくものです。どんなお手伝いならできるのか、また、どんなお手伝いならやりたいと思うのか、親も子どもの様子を見ながら、成長に合わせた「食育」が提案できたら良いですね!

 
  • 食育

\親子で「食」について考えよう/
【準備編】何をつくる?「マイレシピ」を1レシピ決めて、準備してみましょう!

”親子で「食」について考えよう”というテーマでお届けする第2回目は【準備編】です。「親子で食育」と一言で言っても、何から始めればいいのか悩むところ。子どもの年齢や性格によっても目的や準備することも変わってきます。前回に続き、社団法人全国料理教室協会 代表理事を務める麻生怜菜さんにお話を伺いました。

 
  • 食育

\親子で「食」について考えよう/
【食育編】食べることは生きること。ごはんの時間に「食」の会話はありますか?

最近、食卓で親子で交わした会話について覚えていますでしょうか。食べている物についての会話はありましたでしょうか。「おいしいね」「何が入っているの?」「どんな味付けをしたの?」。そんな些細な、食をきっかけとした会話が実は食育には大事なのです。今回は、”親子で「食」について考えよう”というテーマで社団法人全国料理教室協会 代表理事を務める麻生怜菜さんに、お話をうかがいました。


その他の記事

 
  • 食育

“りんご”は品種で味が違う!?選び方や食べ方を管理栄養士が徹底解説!

そのまま食べたり、さまざまな料理に使われたり、いろいろな味わい方ができる“りんご”。ひと口に“りんご”といっても、時期や品種によって味わいや食感が違うのをご存じですか? この記事では、品種による味の違いや、よりおいしい“りんご”を選ぶ方法、親子で楽しく食べる簡単レシピなどをご紹介します。栄養も豊富でからだにも良いといわれる“りんご”を、ぜひご家族で味わってみてください。

 
  • イベント

コンセプトは“知って、作って、食べて、つながって!” NPO法人とハウス食品グループが協働で行う、ハウス「食と農と環境の体験教室」<第2弾>

ハウス食品グループでは、食と農と環境が自分自身にも「つながっている」ことを学んでいただきたいという考えから、NPO法人と協働でハウス「食と農と環境の体験教室」を2009年より開催しています。2021年度は、コロナ禍によりオンラインにて6月5日(土)と9月11日(土)に実施しました。そのほか、夏休み中の7月31日(土)に自由参加の特別講座を開催し、参加者のバケツ稲の生育状況や栽培で困っていることの相談、アドバイスを個別に受け付けました。今回の記事では、体験教室の様子や参加者様の声をお届けいたします。

 
  • 食育

お祝いごとやスイーツにピッタリな“小豆”のマメ知識!管理栄養士に学ぶ嬉しい健康効果や楽しみ方♪

11月15日は、七五三。着物を着た小さな子どもが家族でお参りする姿を見て、季節を感じたり、懐かしく思われたりする方も多いのではないでしょうか。これから年末年始に向けてさまざまなお祝いごとやイベントが目白押しです。そこで今回は、10月~2月に旬を迎え、お祝いごとに欠かせないお赤飯の材料となる「小豆」についてご紹介します。食材の知識を深めることで、季節の行事をもっとおいしく、健康的に楽しむきっかけにしてみてください。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】ハロウィーンに“かぼちゃ”を飾る理由とは?成長期にもうれしい栄養素や調理のコツ!

ハロウィーンの時期になると街中で見られる“かぼちゃ”の飾り。今ではおなじみの光景ですが、なぜ“かぼちゃ”が使われているのかご存知ですか?今回は、ハロウィーンと“かぼちゃ”の関係からひもとく文化の違いから、“かぼちゃ”の品種と特徴や栄養素、特に子どもの成長期に重要な炭水化物やビタミンB6の効果的な摂り方をご紹介します。

 
  • スパイスお役立ち情報

ハウスの「スパイスマスター」がおすすめ!簡単だけど自慢できる「スパイス」の使い方!

ハウス食品の小川です。現在はお客様にハウスのスパイスの良さを知っていただくために、ハウス食品が運営するスパイスオブライフやレシピブログとハウスのコラボレーションで運営するスパイスブログを通じて、スパイスの魅力を発信する仕事を行っています。