from ハウス

  • 食育

\親子で「食」について考えよう/
【おまけ編】 料理は「科学する」ともっと楽しくなる!

\親子で「食」について考えよう/【おまけ編】 料理は「科学する」ともっと楽しくなる!

”親子で「食」について考えよう”というテーマでお届けしてきたこのシリーズも第4回目。今回で最終回です。
おいしい!についてもっとお話ししてみよう!実験してみよう!ということで【おまけ編】をお届けします。 
週末など時間がある時に、おうちの「おいしい味」についてお話ししてみませんか?普段の料理のかくし味をクイズにしてみたり、おうちにある調味料でドレッシングを作ってみたり、味の組み立てを楽しんでみましょう。前回に続き、社団法人全国料理教室協会 代表理事を務める麻生怜菜さんに、お話を伺いました。

おいしさの考え方。「基本5味」とは?

味は、甘味・塩味・酸味・苦味・うま味の5味に分類されます。(注1) 本来、生物が持っている「味覚」の機能は、栄養素や有害物質の存在を示唆する信号を感知する役割を担っていると言われています。

おいしさの考え方の基本5味

  • ①甘味:糖の存在を意味しています。エネルギーが得られ、血糖が高められます。
  • ②塩味:電解質の存在を示すシグナルです。特にナトリウムを適切に補給するために重要です。
  • ③うま味:主にアミノ酸・核酸の味です。タンパク質が存在することを示しています。
  • ④酸味・⑤苦味:本来は避けるべき物質の存在を知らせています。

赤ちゃんは甘味・塩味・うま味はすんなりと受け入れますが、酸味・苦味は嫌います。元々は「酸味や苦味が含まれるものは、人間にとって有害な物質だよ」と知らせるサインの味。大人になるとこれは苦いけど食べられるなどの知識がついてきますが、子どもの頃に酸味のあるトマトや苦味のあるピーマンが苦手なのはごく自然なことなのです。何度も食べて経験を積み重ねることで食べられるものと認識したり、周囲の大人がおいしそうに食べているのをみて、これはおいしいんだ!と学習するようになります。

もっとおいしくなる!うま味を意識した出汁の選び方とは?

グルタミン酸などのアミノ酸系・イノシン酸などの核酸系は、「うま味」として認識されます。お味噌汁などで使う「出汁(だし)」は、昆布にはグルタミン酸、鰹節や煮干しにはイノシン酸、干ししいたけにはグアニル酸が多く含まれています。さらに、「グルタミン酸×イノシン酸」「グルタミン酸×グアニル酸」など、うま味を重ねることで相乗効果が生まれ、2倍以上のうま味が広がるとされています。(注2)

「うま味+塩味+酸味」でおいしい味を組み立てる考え方とは?

調理で味を決める時、「土台・つなぎ・方向性」の3つの構造を意識するとおいしい味を組み立てやすいです。味の土台になるのが「うま味」や「甘味」、方向性(バリエーション)を決める「苦味」「酸味」、基本5味には入っていませんが、唐辛子の「辛味」やハーブなどの「スパイス」、そのつなぎの味として「塩味」などのミネラル系の雑味で組み立てるとおいしく味付けができます。

例えば、甘味や酸味のあるスイカに、つなぎとして「塩味」をふることで、甘味が際立って、酸味と良いバランスを保ってくれます。定番のカレーも、お肉などのダシ=「うま味」をベースに、スパイスをきかせて、「塩味」でつなぐことでおいしくなるのです。

簡単に3構造を意識できるものとして、サラダのドレッシングを手作りしてみてはいかがでしょうか?葉物の「苦味」に対して、「うま味」の「油」で土台を作り、味をつなぐ「塩味(塩)」、キレを出す「酸味」「辛味」を追加し、バランスを整えるとおいしくなります。

マイレシピのかくし味に意識したい「コク」の正体とは?

カレーライスやシチュー・豚骨ラーメンのスープなどには「コクがある」と言います。多種の食材を使用し、長時間煮込んで料理したもの、長時間熟成したもの(チーズ・生ハムなど)、油脂が多く含まれているもの、多種の材料や長時間の製造プロセスを経て作られるものは、「コクがある」と感じやすいようです。

コクとは、一般的に多く種類の味わいが複合して、単独の味が識別できなくなった状態。「空間的な広がりがある味」とも表現され、味を認識するには時間的な差があり、余韻が長く続くのが特徴です。深み・広がり・まろやかさ・濃厚感・持続性・厚みなどの言葉で表現したりもします。コクの中心(コア)は、「油脂」、砂糖やみりんなどの「甘味」、「出汁」など複雑なうま味です。物質だと「グルタチオン」「グルタミルバリルグリシン」を味溶液や食品に添加すると、ある種のコクが感じられます。

かくし味と呼ばれるものは、この「コク味」を広げるものであることが多いようです。味のベースを構成している味をマスクするほどは強くないけれど、それぞれの味がともに感じられ調和している時、その複雑さや広がりがコクとして感じられるのです。

例えば・・・
<カレーライスのかくし味+りんご>
カレーライスに入ったスパイスを、より丸い味にする抑制効果として、砂糖ではなくりんごや蜂蜜を使う方が多いですね。甘さの対比効果だけでなく、りんごの酸味や蜂蜜のコク・雑味をプラスすることで、より味に厚みがでます。チョコレートを入れる場合も同様の効果が期待されます。
かくし味は、隠れてこその味。何が入っているのかわからないけど、おいしい!と思うくらいがちょうど良い味加減になります。(注3)

食について調べよう!深掘りしよう!

食品の味は、成分間での増強や抑制が働きながら総合的に決定されます。同種類の味を呈する2つ以上の物質が共存する時、単独の味の和より強い味が得られる現象を「相乗効果」といいます。異質の味が存在する時、一方が他方の味を強める現象を「対比効果」、弱める現象を「抑制効果(マスキング)」といいます。相互作用は味物質の組み合わせや濃度によってさまざまに変化しながら必要な味を引き立ててくれるのです。

【食品の味を決定する効果】

  • ■相乗効果:同じ味をもつ2種類以上の呈味物質を混合したときに、相互に味を強め合う現象のこと。
    例:昆布だし(グルタミン酸)+カツオだし(イノシン酸)= うま味+うま味
  • ■対比効果:2種類以上の異なる味を混合したときに、一方または両方の味が強められる現象のこと。どちらか一方の味が強く、それに対して他方の味が弱いときに起こりやすい。味の増強作用とも。
    例:お汁粉に塩を入れる(甘味+塩味)
    例:味噌汁やお吸い物にダシを入れる(うま味+塩味)
  • ■抑制効果:2種類以上の異なる味を混合したときに、一方または両方の味が弱められる現象のこと。両方の味の刺激が対等なときに起こりやすい。
    例:コーヒー(苦味)に、砂糖(甘味)やミルク(うまみ)を入れる→苦味が抑えられる。
    例:魚の塩焼きにレモンやカボス汁をかける(酸味+脂味)→レモンやカボスの酸味が、油っこさ・塩からさをやわらげる。(注4)

味の組み立てを意識して手作りのドレッシングを作ってみたり、味の変化を意識してスイカに塩をふってみたり、「カレーのコクをさらにだすには何を入れると良いかな?」と考えてみたり・・。
毎日のごはんも、ちょっとした工夫で子どもにとっては新しい視点が増えたり、食に対する考え方が変わったりするかもしれません。

さらに、味の構造を分析して理解していくことによって、レシピに頼らなくても冷蔵庫にある食材や調味料を使って、パパッとおいしく料理ができるようになるかもしれません。
ぜひ、時間のあるおうち時間に、子どもと食育や実験などいろいろ試してみてはいかがでしょうか?毎日のごはんが、少しでも楽しく豊かに広がっていきますように。

関連記事

 
  • 食育

【環境について考えよう】未来の食卓はどうなる?「農業と環境」を守る意識と行動

前回の記事で、おうち時間が増えた今こそ取り組みたい「食品ロス削減術」をテーマに環境問題を取り上げました。一方、わたしたちの食には、“消費”だけでなく“生産”も欠かせない問題の一つです。コロナ禍により農業などの生産者は打撃を受け、また同時に支援活動も活発化しました。これにより、生産者の今について認識された方も増えてきています。しかし知っているようで実はあまり知られていない深刻な問題も少なくありません。そこで今回は、生産者の今を知ることで、わたしたちの食を守るために家庭でなにができるかを考えてみましょう。

 
  • 食育

【環境について考えよう】地球と家計を救う!今こそ考えよう おうち時間の食品ロス削減術

昨今のコロナ禍による食生活の変化により、家庭での食品ロス増加が考えられています。食品ロスとは「食べられるのに捨てられている食品」。食品や家計の無駄であるのはもちろん、世界的な気候変動の原因にもつながる重大な問題です。おうち時間が増えた今こそ、改めて環境問題と家庭での食品ロス削減について考えてみましょう。

 
  • 食育

<野菜ソムリエが伝授> 思春期の体調管理や集中力アップにおすすめの”野菜のチカラ”で新学期に備えよう!

毎日何気なく食べている野菜にはさまざまなチカラがあることを知っていますか。野菜が苦手な子どもも多いですが、勉強やスポーツへの集中力をアップしてくれるなど、中高生にとって大切な栄養を多く含んでいますので、毎日たっぷり摂りたいですね。野菜ソムリエPro.として日本野菜ソムリエ協会認定料理教室を主宰し、高校生と春から中学生の子どもを持つお母さんでもある安部加代子さんに、“野菜のチカラ”や、“子どもにおいしく野菜を食べさせるコツ”などについて伺いました。

 
  • 食育

中高生の親が知っておきたい体を作る栄養と食事の摂り方 ~ジュニアスポーツで大事な「食事の自己管理能力」

中高生の時期は、子どもが体も心も大きく成長する時期。健康な体を作り、すこやかな心を育むためには、毎日のバランスの取れた食事が必要不可欠です。特に目標をもってスポーツに取り組む中高生を応援する親にとっては、子どもの体の状態や必要な栄養など気になることが多いもの。そこでスポーツを頑張る中高生の子を持つ親が知っておきたい栄養や食事について、公認スポーツ栄養士で管理栄養士の小嶋理恵子さんにお話を伺いました。

 
  • 食育

集中力や記憶力アップに期待も!?試験で実力が発揮できる理想の“受験メシ”とは

受験生の子どもを持つ親ならだれでも、試験で実力を最大に発揮できるよう、サポートをしてあげたいと考えるものではないでしょうか。親ができる大切なサポートが、毎日の食事です。受験準備期間から、試験日当日までの間に体調を整えて集中力や記憶力をアップさせる理想の“受験メシ”について、受験フードマイスターの講師を務める管理栄養士の椎橋聡子さんにお話を伺いました。

 
  • 食育

子どもが嫌いな野菜の5つの特徴と野菜が美味しく食べられる料理のコツ!

「うちの子、今日もまったく野菜を食べてくれなくて…」「どうしたら野菜を食べてくれるんだろう…」。野菜が苦手で食べようとしない子どもに、悩んでいるパパやママは多いことでしょう。ビタミン・ミネラル・食物繊維などが豊富に含まれている野菜は、子どもの健やかな成長のためにも不可欠と言えます。また、野菜不足は代謝や免疫力の低下、便秘など、さまざまな症状の原因になりやすいため、何とか克服したいものです。そこで今回は、子どもが嫌がる野菜の特徴と、子どもが野菜を少しでも喜んで食べてくれる料理のコツについてお伝えします。

 
  • 食育

\親子で「食」について考えよう/
【お買い物&調理編】 子どもといっしょに!の時に気をつけること

”親子で「食」について考えよう”というテーマでお届けする第3回目は【お買い物&調理編】です。どんな料理を作る?何の食材をお買い物する?など、準備が整ったら、買い出しをして調理をしましょう!最初は普段の2~3倍の時間がかかってしまいますが、なんども繰り返していくうちに、買い出しから調理までの流れを把握し、食材の旬を知ったり、調理の工程が身についたり、徐々に効率的な調理方法が身についていくものです。どんなお手伝いならできるのか、また、どんなお手伝いならやりたいと思うのか、親も子どもの様子を見ながら、成長に合わせた「食育」が提案できたら良いですね!

 
  • 食育

\親子で「食」について考えよう/
【準備編】何をつくる?「マイレシピ」を1レシピ決めて、準備してみましょう!

”親子で「食」について考えよう”というテーマでお届けする第2回目は【準備編】です。「親子で食育」と一言で言っても、何から始めればいいのか悩むところ。子どもの年齢や性格によっても目的や準備することも変わってきます。前回に続き、社団法人全国料理教室協会 代表理事を務める麻生怜菜さんにお話を伺いました。

 
  • 食育

\親子で「食」について考えよう/
【食育編】食べることは生きること。ごはんの時間に「食」の会話はありますか?

最近、食卓で親子で交わした会話について覚えていますでしょうか。食べている物についての会話はありましたでしょうか。「おいしいね」「何が入っているの?」「どんな味付けをしたの?」。そんな些細な、食をきっかけとした会話が実は食育には大事なのです。今回は、”親子で「食」について考えよう”というテーマで社団法人全国料理教室協会 代表理事を務める麻生怜菜さんに、お話をうかがいました。


その他の記事

 
  • 食育

【10月は食品ロス削減月間】親子で取り組めば楽しくできる!身近なSDGs「食品ロス削減」チャレンジのアイデア

持続可能で、よりよい世界を目指す国際目標「SDGs」。2030年までに達成すべき17のゴールが設定されていますが、その中でも限られた地球の資源を守るために「つくる責任 つかう責任」という目標が掲げられています。「食品ロス削減」は、私たちの暮らしの中で身近に取り組める課題です。年間を通して大切な取り組みですが、特に日本国内では、農林水産省・消費者庁・環境省が連携し、10月は「食品ロス削減月間」として啓発しています。そこで今回は、「食品ロス削減」月間にちなみ、親子で楽しく「食品ロス削減」に取り組むことができる3つのアイデアと、ハウス食品グループが推進する「食品ロス削減」3つの取り組みについてご紹介します。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】代替肉“大豆ミート”が世界を救う?特長や食べ方を知っておいしく持続可能な未来づくりを!

まるで、お肉のような食感を楽しめる大豆加工食品の“大豆ミート”。近年、その市場は拡大傾向にあり、10年以内には肉全体の約10%を“大豆ミート”が占めるという試算が発表されるなど、世界的に“大豆ミート”の注目度が高まっています。日本でもここ数年の間に多くの大手食品メーカーから“大豆ミート”の製品が販売されるようになり、スーパーなどで気軽に入手できるようになりました(注1)。“大豆ミート”の市場が拡大した背景には、健康によい食品としての側面だけでなく、地球にやさしい食材を選択する価値観や考え方への社会的な関心の広がりがあるようです。そこで今回は、“大豆ミート”の魅力をはじめ、そのメリットや使い方などをご紹介します。

 
  • イベント

【イベント実施報告】2022年夏休み企画!オンラインで「ハウス食品 静岡工場」を見学!製品の製造工程や様々な工夫を発見!

2022年7月に募集し、2022年8月9日に開催しました「オンライン工場見学」についてレポートいたします。多数ご応募いただいた方の中から当選されたご家族の皆さまには、レトルトカレーととんがりコーンの製造工程の見学やクイズコーナーなど、ご家族でお楽しみいただきました。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】料理の味を安定させるだけじゃない!?調味料を計量する大切さとは!

調味料の正しい計量方法は意外と細かくは知らない人も多いのではないでしょうか?カモンハウス会員の皆さまよりコメント投稿いただいている「トークのお部屋」のテーマ“悩んだことのある「レシピ語」と対応した方法をお教えください!”には、「味付けに失敗した経験がある」、「そもそもなぜ計量することが大事なのかわからない」「適量とは?」など、様々なご意見が寄せられました。そこで、調味料の計量は、料理を美味しくすることはもちろん、塩分や糖質など健康への影響にも重要ということや、計量の正しい方法について、管理栄養士の亀崎智子さんに教えていただきます。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】偏食になりがちな夏休みの食生活の工夫を食育マスターの健康メニューで乗り越える!

お子さまが偏食により体調を崩したり、3食の準備など夏休みならではのお悩みをお持ちのご家庭も多いのではないでしょうか。「カモンハウス会員」の皆さまにご協力いただいた、みんなのオープンデータ第8回「夏休みの過ごし方」のアンケート結果でも、「冷たいジュースやアイスなど間食が増える」「暑くて食欲が落ちてしまい、食べたいものが思いつかない」などの回答が多く寄せられました。そこで今回は“夏に不足しがちな栄養素とその影響”の観点から、悩みごとに適したメニューを管理栄養士の荒井名南さんに紹介していだだきます。