from ハウス

  • 食育

\親子で「食」について考えよう/
【お買い物&調理編】 子どもといっしょに!の時に気をつけること

\親子で「食」について考えよう/【お買い物&調理編】 子どもといっしょに!の時に気をつけること

”親子で「食」について考えよう”というテーマでお届けする第3回目は【お買い物&調理編】です。
どんな料理を作る?何の食材をお買い物する?など、準備が整ったら、買い出しをして調理をしましょう!最初は普段の2~3倍の時間がかかってしまいますが、なんども繰り返していくうちに、買い出しから調理までの流れを把握し、食材の旬を知ったり、調理の工程が身についたり、徐々に効率的な調理方法が身についていくものです。どんなお手伝いならできるのか、また、どんなお手伝いならやりたいと思うのか、親も子どもの様子を見ながら、成長に合わせた「食育」が提案できたら良いですね!

シリーズ第3回目は、”工夫して買い物をする” ”調理をする”というテーマでお届けします。引き続き、社団法人全国料理教室協会 代表理事を務める麻生怜菜さんに、お話を伺いました。

買い出しで気をつけたいことは?

今年もトウモロコシやスイカが店頭に出てきたね!と、旬の野菜や果物の登場で季節を感じたり、食卓では切り身になっている魚も、店頭では丸ごと一匹の状態が見られたり、お盆やお彼岸など季節行事を感じさせる食材や料理が並んだり。八百屋さんなどの商店やスーパーに行くことは、食のことを知るための良い機会です。しかし、現在の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響も考えると、買い出しにも注意が必要です。

【買い出しの時に気をつけることチェックリスト】(注1)

  • ☑️スムーズに買い物ができるように、事前に「買い出しメモ」の作成をしましょう。
  • ☑️買い物は「空いている時間」を選びましょう。
  • ☑️「マスク」を着用しましょう。
  • ☑️カゴなどを使うので、「消毒液や消毒シート」を持っておきましょう。
  • ☑️おしゃべりは店内に入ったら控えめにしましょう。
  • ☑️子どもとは、サンプル展示品・商品などには触らない約束を。買うものも「お母さんがとるから触らないようにしようね。」のひとことを。
  • ☑️レジなどでは間隔を開けて並びましょう。
  • ☑️帰ってきたら、しっかり「うがい・手洗い」をしましょう。

また、買い出しは3日に1度を目安に、ということが推奨されている中、子どもが用意した材料の買い出しを無駄なくスムーズにできるように準備しましょう。
スーパーの入口に入ってからレジに並ぶまで、ぐるっと1周で買い物が完結するように、売り場順・陳列順に、「買い出しメモ」を書いておけば、メモに書いてあるのに買いそびれちゃったと、何度も店内の同じところを行ったり来たりすることもなくなりますね。

お買い物も工夫して。インターネットで食育!

また、インターネットを使って購入できるところも随分増えてきました。買い物の選択肢もいろいろありますので、検討してみるのも良いですね。

【買い出しの時の工夫チェックリスト】

  • ☑️インターネット購入などを利用して、一緒に食材を選ぶ。(選ぶ時に、旬食材のお話などをしてみる)
  • ☑️「買い出しメモ」づくりは子どもと一緒に。買い出しは大人が行なう。など、分担してみる。
  • ☑️買い出し時、スーパーなどの店内に入るのは最小人数の大人のみで。買い物中の確認事項は、子どもとオンラインで行うなど、店内に子どもが入らなくて良い方法を考える。

この数カ月で、我が家もほとんどの食材(生鮮食品含む)が宅配に。インターネットだと、おうちでじっくり選べて、あとは届くのを待つだけ。その日の夕食や翌日の食事を一緒に作るという流れに変化しました。タブレット操作は子どもの方が慣れていたりするのでスムーズですし、商品を選ぶ時に、「ブドウが出てきたね〜」など、季節を感じられる食材を見つけたり、お話しながら選ぶもの楽しいです。レジに並んだりする時間もないので、むしろ一緒に買い物に行っていた時より時短で済んでいると思います。

フードロスの観点で「使い切る・残さない」を食育!

まとめて購入した食材の保存・下処理を一緒に手伝ってもらうことも食育の一環として考えてみましょう。どうすれば、鮮度が保てるように保管できるのか、下茹でしておいた方が後で使いやすい食材、冷凍しておくのが良いものなど、その後の食材の使い道を考えながら下処理しておくことで、食材を無駄なく最後まで使い切る習慣がつくと思います。カレーライスを作って終わりではなく、残った食材をどのように使いきるのか?別の料理で使うなら、どう調理すればおいしいかな?など、お子さんと一緒に考えてみましょう。

普段、大学生の講義の中でも、一人暮らしの学生達から、「大根を一本買っても食べきれない」「キャベツ一個を買っても調理法がわからない」=「だから買わない」という言葉を耳にします。食材を無駄なく最後まで使い切れる”やりくり上手”になれるよう、子どものうちからお手伝いを通じて身につけておくことは重要です。

「余らせてしまう食材編」のアンケート(注2)では、「食品・食材を月1~2回以上捨ててしまっている」が約7割でした。また「余らせがちな食材」の回答では「野菜」が68%。きゅうり・豆腐など品質の劣化が早い生鮮品が上位にあがっています。
(2019年7月、n=6,357、インターネット調査)

無駄なく食材を使い切るために、以下のことにも気をつけて行動してみましょう。

【食材を余らせず使い切るために気をつけることチェックリスト】

  • ☑️購入したら、肉魚はパックのまま冷蔵庫にしまわず、小分けにして下味をつけた状態で冷蔵保存。
  • ☑️加熱した方が長持ちするものは加熱してから小分けにして冷蔵保存。3日以内に食べきれないものは冷凍保存。
  • ☑️野菜は鮮度保持効果のある容器で保存。丸ごと1個の野菜は、カット野菜にしてすぐに食べないものは冷凍庫へ。1ヶ月以内に食べるようにする。
  • ☑️最初から茹でて(蒸して)食べると思うものは、下茹でして1回で食べる分量に分けてから保存。3日以内に食べないと思ったら冷凍保存。
  • ☑️買い出しの前日は、冷蔵庫・冷蔵庫のお掃除を!食材を使い切れる献立を考える。(使い切りメニュー→味噌汁・炒め物・鍋物など)

親子でクッキング!お料理でココロがどんどん豊かに!

エプロンをつけて、身だしなみを整えて、しっかり手を洗って一緒にお料理開始!あくまでもお料理は楽しい時間。こぼしたりしてしまっても、失敗と思わずに「どうしたらこぼさずにできるかな?」「一緒に拭こう!」など、子どもに声掛けを。失敗も経験となり、次はどうしたらうまくいくのか考える術になっていきますから、温かく見守るスタンスを忘れずに。

準備ができたら、早速一緒に作ってみましょう!最初は大人が進めるものをお手伝い、2回目・3回目と同じものを繰り返し作ることで、徐々に任せることが多くなっていくと良いですね。例えば、カレーライス。基本の作り方を覚えれば、旬の野菜を追加するなど、季節ごとのアレンジも広がります。子どもだけに任せるなら、ツナ缶などの缶詰を使っても良いですね。

例:カレーライスレシピ

自分で作ったものはおいしい!

子ども向けの料理教室を開催すると、普段は苦手(食べない)食材も、パクパク食べて、しかもおいしい!という感想が出てくることが本当によくあります。

「Psychological Science」に掲載されたハーバード大学とミネソタ大学の研究では、食べ物を味わう前に何かしらの行動をすることで満足感に違いがあると発表しています。もちろん、一番満足感が得られるのは「自分で作る」という結果でした。(注3)
食に対する満足度が上がることでおいしく感じる。これが「自分で作る料理がおいしい」理由ですね。

母親の食意識が、子どもの食事への興味関心の高さに連動する!?

 ”母親の食生活に対する意識や生活充実感が幼稚園に通う子どもとのコミュニケーション頻度に与える影響”の研究では、母親の食意識が高いほど、子どもの食事への興味関心が高く、母子間のコミュニケーション頻度が高いことが示されました。(注4)
さらに、”母親の食意識と子どもの食事の意義認識の関連を調査”では、家族で一緒に食べる「共食」に関する理解は、母親が食事場面で子どもに対して「一緒に食べるとおいしいね」と働きかけることにより、子どもは「一緒に食べることはおいしい」と認識し、次第に共食をおいしさから楽しさに関連付けるようになることが明らかになっています。(注5)
子どもの時期から、お買い物や調理のお手伝いを一緒にする中で、食に関連するコミュニケーションをする。食べる時は、「おいしいね。」の共有をしながら食べる。など、ちょっとした大人の工夫で、子どもの食に対する興味関心はより高まり、食育が身についた大人へと成長していくのではないでしょうか。

関連記事

 
  • 食育

\親子で「食」について考えよう/
【おまけ編】 料理は「科学する」ともっと楽しくなる!

”親子で「食」について考えよう”というテーマでお届けしてきたこのシリーズも第4回目。今回で最終回です。おいしい!についてもっとお話ししてみよう!実験してみよう!ということで【おまけ編】をお届けします。 週末など時間がある時に、おうちの「おいしい味」についてお話ししてみませんか?普段の料理のかくし味をクイズにしてみたり、おうちにある調味料でドレッシングを作ってみたり、味の組み立てを楽しんでみましょう。前回に続き、社団法人全国料理教室協会 代表理事を務める麻生怜菜さんに、お話を伺いました。

 
  • 食育

\親子で「食」について考えよう/
【準備編】何をつくる?「マイレシピ」を1レシピ決めて、準備してみましょう!

”親子で「食」について考えよう”というテーマでお届けする第2回目は【準備編】です。「親子で食育」と一言で言っても、何から始めればいいのか悩むところ。子どもの年齢や性格によっても目的や準備することも変わってきます。前回に続き、社団法人全国料理教室協会 代表理事を務める麻生怜菜さんにお話を伺いました。

 
  • 食育

\親子で「食」について考えよう/
【食育編】食べることは生きること。ごはんの時間に「食」の会話はありますか?

最近、食卓で親子で交わした会話について覚えていますでしょうか。食べている物についての会話はありましたでしょうか。「おいしいね」「何が入っているの?」「どんな味付けをしたの?」。そんな些細な、食をきっかけとした会話が実は食育には大事なのです。今回は、”親子で「食」について考えよう”というテーマで社団法人全国料理教室協会 代表理事を務める麻生怜菜さんに、お話をうかがいました。


その他の記事

 
  • 健康

行動療法士の菅原先生に聞いた!今日からできる「スポーツ」のパフォーマンスを上げるための睡眠のコツ

「ライフスタイルの質」を向上させるには、「睡眠の質」を向上させることが一つの鍵です。夜ぐっすり眠り、朝すっきり起きる。そんな理想の睡眠は、日々のちょっとした工夫で手に入るかもしれません。 今回は、行動療法士の菅原先生に「スポーツ」のパフォーマンスを上げるための「睡眠の質」を向上させるテクニックを教えてもらいました!

 
  • 健康

\第2弾「夏の冷え症」/急激な温度差に要注意!今日からできる夏の冷え対策

前回は「夏でも注意したい、専門家に聞いた「冷え症」を改善する知恵と食生活」として冷え症についての基本的なメカニズムなどをご紹介いたしました。今回は、「夏の冷え症」に絞って、今日からお役立ちいただける夏の冷え対策についてご案内いたします。「冷え症」といえば、寒い冬の季節になるものだと思われるかもしれませんが、実は暑い夏の季節に冷えの症状に悩む人も意外と多いのです。手足や身体が冷えるといった自覚症状があるものから、「それも冷え症のせい?」と意外に思われる不調までさまざま。夏に冷え症が起きるメカニズムや、自分でできる対処方法、食習慣のポイントについてご紹介します。

 
  • 健康

夏でも注意したい、専門家に聞いた「冷え性」を改善する知恵と食生活

冷房の効きすぎや、気温が下がることで、手足や腰などの冷えに悩む人も多いのではないでしょうか。昔から「冷えは万病のもと」と言われているように、頭痛や肩こり、便秘、不眠、生理痛など身体の不調や病気を引き起こすきっかけにもなります。これだけ多くの人が悩んでいるにもかかわらず、「冷え症」とはそもそもどういう状態なのか、なぜ起きるのかはあまり知られていません。冷え症について正しく理解するために、冷え症研究の第一人者である横浜市立大学の中村幸代先生にうかがいました。

 
  • 健康

健康をサポート!毎日摂りたい種類豊富で栄養価の高い「スーパーフード」とは?

アサイー、キヌア、チアシード、モリンガ……これらを聞いたことや食べたことはありませんか?これらはいずれも「スーパーフード」と呼ばれています。数年前から話題となり始め、今やスーパーマーケットの店頭にも並び、ものによっては気軽に手に入るようになりました。とはいえ、実はその歴史や効果についてよく知らないという人も。ブームが定着化しつつある今だからこそ、あらためてスーパーフードの種類や効果などの基礎知識をご紹介いたします。病気予防、美肌作りなどのために取り入れたいスーパーフード、そのパワーの秘密とは!?

 
  • 健康

30年後の体や脳を守るため!知っておきたい「血糖値スパイク」を抑える対策とは?

「血糖値スパイク」という言葉を聞いたことがありますか? 食後に血糖値が急上昇するという、朝食抜きで採血をする健康診断では見つからないやっかいな異常として注目されています。最新の研究では、血糖値スパイクを放置していると心臓病やがん、そして認知症を生じやすいこともわかってきています。血糖値スパイクとその予防について、大阪大学大学院医学系研究科 臨床遺伝子治療学の武田朱公(しゅこう)准教授にお話をうかがいました。