from ハウス

  • 食育

\親子で「食」について考えよう/
【食育編】食べることは生きること。ごはんの時間に「食」の会話はありますか?

\親子で「食」について考えよう/【食育編】食べることは生きること。ごはんの時間に「食」の会話はありますか?

最近、親子で交わした食卓での会話について覚えていますでしょうか。食べているものについての会話はありましたでしょうか。「おいしいね」「何が入っているの?」「どんな味付けをしたの?」。そんな些細な、食をきっかけとした会話が実は食育には大事なのです。今回は、”親子で「食」について考えよう”というテーマで社団法人全国料理教室協会 代表理事を務める麻生怜菜さんに、お話をうかがいました。

食育の第一歩として「食」について話をする習慣を

『食と家族のコミュニケーション』に関する調査(注1)では、家族と一緒に朝食を「毎日」食べる人は4割弱。家族一緒に夕食を食べる頻度は「毎日」が3割弱、「週1~2日」が2割強との結果となっていて、生活スタイルが多様化している中、食卓を家族一緒に囲む機会自体が少なくなっていることがうかがえます。また、麻生さんは「親子向けの料理教室を行ったりする中で、毎日の食事の時にどんな会話をしているのか聞いてみると、お子さまの幼稚園や学校の様子・お友達との遊びのことなどの話題が多く、特に兄弟姉妹がいると、「早く食べなさい!」「こぼさないで〜」など、注意喚起が多い」と、今食べている料理や食材の話・料理の感想などが意外と出ていない印象があると言います。
家族一緒に食卓を囲む機会があれば、年齢問わず共通の話題になり、食育にもつながる「食」の話題を心がけてみてはいかがでしょうか?

食育とは?~大人も子どもも食育しましょう~

農林水産省では、食育とは「様々な経験を通じて、食に関する知識・食を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てること」(注2)と定義しており、2005年に成立した食育基本法(注3)では、「生きる上での基本であって、知育・徳育・体育の基礎となるべきもの」と位置づけられています。

毎日口にする食べ物が、私たちの身体をつくり、心身ともに成長させ、活動源となります。身体の細胞は、日々少しずつ入れ替わっていきますし、年齢によっても必要な栄養素は変わってきます。その日食べる物を作るだけではなく、子どもも大人も、その時々年齢や体調に合わせた食を自ら選択できるよう導くことが食育ともいえるでしょう。

「食育」が重要とされる背景には、栄養の偏りや、不規則な食事などによる生活習慣病が、若い方に増加傾向であることがあります。また過度なダイエットが、生理不順の原因になったり、病気に対する免疫力低下を引き起こすことにもつながっています。
せっかく親が、食事バランスがとれるような料理を日々作って食べさせていても、子どもに「どんな食材を選べば良いのか」「なぜこのバランスで食べなければいけないのか」が伝わらなければ、子どもが将来一人暮らしをした時などに困ります。何を食べれば良いのか、どんな栄養があって身体にどのような効果をもたらすのか、健康を維持するために必要な食生活が選択できるような知識と習慣を子どもが身につくまで育てなければいけないのです。
こんなことを聞くとなんだか難しそう、と懸念をされる方もいらっしゃるかと思いますが、食育の第一歩として、毎日の食事内で「食」の話題を取り入れてみてはいかがでしょうか。食の話がきっかけで、多方面に子どもの成長を促してくれます。麻生さんは「我が家の子供2人のうち、姉は小さい頃は偏食でした。しかし、食材や調理する過程を見ることで、ちょっとずつ食に興味が出てきたり、ある日突然何でも食べられるようになりました。一方、弟は離乳食から何でも食べる子でした。弟の方が丁寧なご飯は作れていなかったのに不思議です。」との実体験からも、好き嫌いの多さも個性として受け止め、気長に食に興味を持つようなお話を色々な切り口で続けていきましょうとおっしゃいます。

今日から始められる、食の会話「レパートリー6選」
~ちょっと時間がかけられる時の週末ご飯は家族で食育を~

家族で食卓を囲む時は食育の深掘りを!親が旗振り役になって、食の話題がもっと楽しく広がるように工夫してみましょう。今回は、すぐにでも始められる6つのレパートリーをご紹介します。

[1]作ってくれた方への「感謝」の言葉

「作ってくれてありがとう!」「今日の●●おいしいね!」
これはぜひ習慣にしましょう!みんなで言葉に出してみましょう! また親から言葉を投げかけるのも良いです。

  • 「このお野菜おいしいねー!」
  • 「うん!おいしいね!」

はじめはこのくらいでも、今食べている物に注目するきっかけとして十分です。少しずつ会話の内容を広げていきましょう。

[2]「食材」に興味を持ってもらう

  • 「この野菜はなに?きゅうりかな?」
  • 「見た目はきゅうりみたいだよね。でもこれはズッキーニ。きゅうりのように表面がざらっとしていなくて、ボツボツもなく、つるっとしているんだよ。」

子どもに質問されたら食育のチャンス!知っておいてほしいことを伝えましょう。食べながらだと印象にも残りやすいです。ただし、話す方も事前準備が必要です。旬の時期やどんな調理法が向いているのか、子どもの年齢や興味の範囲に応じて、その時楽しんで会話できる量の言葉を選びましょう。

[3]「作り方」に興味を持ってもらう

  • 「どんな調味料が入っているの?」「この料理はどんな材料を使ったの?」「どんなふうに調理したの?」

そんな質問が出たら、我が家の味を伝えてみましょう。味のポイントや調理方法を話してみるのもいいでしょう。また、親から聞いてみるのも良いかもしれません。

  • 「今日のドレッシングの味はどう?」
  • 「うーん。すっぱいね。」
  • 「そうそう!実はレモンとお酢も少し入れてみたんだよ。レモンとお酢の酸味が味覚や嗅覚を刺激するから食欲が増してくるでしょう?」

何が入っているのかわかってくると、食への興味が深まっていきます。

[4]「食材」がどうやって育っていくのかを伝える

食べるだけではなく、その料理に使われている食材がどのようにできたかを教えてみるのもいいです。またプランターや水耕栽培で簡単に育つ食材もあるので、実際に育ててみたものを食卓に並べてみるのも一つの手段です。ミニトマトであれば、実を割って種を土にまくだけでも育ちます。野菜1つできるのに、こんなに時間と手間がかかるんだ!と発見があるでしょう。

  • 「このトマトってどうやってできたの?」
  • 「今度、一緒に育ててみようか!?」

[5]いつも買っている物の「製造工程」を伝える

食材の育ち方だけでなく、味噌やヨーグルトなど、普段は購入している食材の作り方を説明してみてはいかがでしょうか。その食材が何からできているのか知るきっかけにもなりますし、完成するまでたくさんの工程があることを知ることで、食材をより大切にいただく気持ちになります。

  • 「いつも食べているヨーグルトはどうやって作られているの?」
  • 「ヨーグルトは、普段飲んでいる牛乳に菌を混ぜることでできているんだよ。」

[6]親子で一緒に「料理」をしてみる

親子で一緒に料理を作ってみるとより会話が進みます。さらに、時間がある時は、買出しから料理まで親子で一緒にチャレンジしてみましょう!子どもも自らが作ることでより苦労がわかります。また、その効果でいっそうおいしく食べることができます。五節句などの行事食などをきっかけにしてみるのも良いですね。

食べることは一生続く基本的な営みです。子どもはもちろん、大人になってからも食育はできます。むしろ大人になってからも生涯にわたって育み続けていくものだと思います。大人になっても知らないことは、ぜひ調べて知識を広げてみてください。知ることで食材や調味料の使い方にも、さらにこだわりが出てくるかもしれません。この結果、家族がより健康で元気に生活し続けられる食生活になれば最高ですね!

「食べる力」=「生きる力」を育むことは、気づいた時からコツコツと積み重ねていくことが重要です。毎日のご飯で楽しく食育!「考えて食べる」力が身につきますように。

(\親子で「食」について考えよう/これからも順次公開予定ですので、お楽しみに!)

関連記事

 
  • 食育

\親子で「食」について考えよう/
【おまけ編】 料理は「科学する」ともっと楽しくなる!

”親子で「食」について考えよう”というテーマでお届けしてきたこのシリーズも第4回目。今回で最終回です。おいしい!についてもっとお話ししてみよう!実験してみよう!ということで【おまけ編】をお届けします。 週末など時間がある時に、おうちの「おいしい味」についてお話ししてみませんか?普段の料理のかくし味をクイズにしてみたり、おうちにある調味料でドレッシングを作ってみたり、味の組み立てを楽しんでみましょう。前回に続き、社団法人全国料理教室協会 代表理事を務める麻生怜菜さんに、お話を伺いました。

 
  • 食育

\親子で「食」について考えよう/
【お買い物&調理編】 子どもといっしょに!の時に気をつけること

”親子で「食」について考えよう”というテーマでお届けする第3回目は【お買い物&調理編】です。どんな料理を作る?何の食材をお買い物する?など、準備が整ったら、買い出しをして調理をしましょう!最初は普段の2~3倍の時間がかかってしまいますが、なんども繰り返していくうちに、買い出しから調理までの流れを把握し、食材の旬を知ったり、調理の工程が身についたり、徐々に効率的な調理方法が身についていくものです。どんなお手伝いならできるのか、また、どんなお手伝いならやりたいと思うのか、親も子どもの様子を見ながら、成長に合わせた「食育」が提案できたら良いですね!

 
  • 食育

\親子で「食」について考えよう/
【準備編】何をつくる?「マイレシピ」を1レシピ決めて、準備してみましょう!

”親子で「食」について考えよう”というテーマでお届けする第2回目は【準備編】です。「親子で食育」と一言で言っても、何から始めればいいのか悩むところ。子どもの年齢や性格によっても目的や準備することも変わってきます。前回に続き、社団法人全国料理教室協会 代表理事を務める麻生怜菜さんにお話を伺いました。


その他の記事

 
  • 健康

行動療法士の菅原先生に聞いた!今日からできる「スポーツ」のパフォーマンスを上げるための睡眠のコツ

「ライフスタイルの質」を向上させるには、「睡眠の質」を向上させることが一つの鍵です。夜ぐっすり眠り、朝すっきり起きる。そんな理想の睡眠は、日々のちょっとした工夫で手に入るかもしれません。 今回は、行動療法士の菅原先生に「スポーツ」のパフォーマンスを上げるための「睡眠の質」を向上させるテクニックを教えてもらいました!

 
  • 健康

\第2弾「夏の冷え症」/急激な温度差に要注意!今日からできる夏の冷え対策

前回は「夏でも注意したい、専門家に聞いた「冷え症」を改善する知恵と食生活」として冷え症についての基本的なメカニズムなどをご紹介いたしました。今回は、「夏の冷え症」に絞って、今日からお役立ちいただける夏の冷え対策についてご案内いたします。「冷え症」といえば、寒い冬の季節になるものだと思われるかもしれませんが、実は暑い夏の季節に冷えの症状に悩む人も意外と多いのです。手足や身体が冷えるといった自覚症状があるものから、「それも冷え症のせい?」と意外に思われる不調までさまざま。夏に冷え症が起きるメカニズムや、自分でできる対処方法、食習慣のポイントについてご紹介します。

 
  • 健康

夏でも注意したい、専門家に聞いた「冷え性」を改善する知恵と食生活

冷房の効きすぎや、気温が下がることで、手足や腰などの冷えに悩む人も多いのではないでしょうか。昔から「冷えは万病のもと」と言われているように、頭痛や肩こり、便秘、不眠、生理痛など身体の不調や病気を引き起こすきっかけにもなります。これだけ多くの人が悩んでいるにもかかわらず、「冷え症」とはそもそもどういう状態なのか、なぜ起きるのかはあまり知られていません。冷え症について正しく理解するために、冷え症研究の第一人者である横浜市立大学の中村幸代先生にうかがいました。

 
  • 健康

健康をサポート!毎日摂りたい種類豊富で栄養価の高い「スーパーフード」とは?

アサイー、キヌア、チアシード、モリンガ……これらを聞いたことや食べたことはありませんか?これらはいずれも「スーパーフード」と呼ばれています。数年前から話題となり始め、今やスーパーマーケットの店頭にも並び、ものによっては気軽に手に入るようになりました。とはいえ、実はその歴史や効果についてよく知らないという人も。ブームが定着化しつつある今だからこそ、あらためてスーパーフードの種類や効果などの基礎知識をご紹介いたします。病気予防、美肌作りなどのために取り入れたいスーパーフード、そのパワーの秘密とは!?

 
  • 健康

30年後の体や脳を守るため!知っておきたい「血糖値スパイク」を抑える対策とは?

「血糖値スパイク」という言葉を聞いたことがありますか? 食後に血糖値が急上昇するという、朝食抜きで採血をする健康診断では見つからないやっかいな異常として注目されています。最新の研究では、血糖値スパイクを放置していると心臓病やがん、そして認知症を生じやすいこともわかってきています。血糖値スパイクとその予防について、大阪大学大学院医学系研究科 臨床遺伝子治療学の武田朱公(しゅこう)准教授にお話をうかがいました。