from ハウス

  • 食育

毎日まいにち食卓しょくたくでできるエコにチャレンジ
だい6だんは「家庭かていでできる温暖化対策おんだんかたいさくをしてみよう!」

毎日の食卓でできるエコにチャレンジ 第6弾は「家庭でできる温暖化対策をしてみよう!」

6がつ5は「世界環境せかいかんきょうデー」。この世界せかい人々ひとびと一致団結いっちだんけつして地球ちきゅう未来みらいについてかんがえ、行動こうどう再認識さいにんしきするです。日本にほんは2021ねん4がつに2030年度ねんどにおいて温室効果おんしつこうかガスを2013年度ねんどから46%削減さくげんすることを目指めざすと表明ひょうめい。これから電力消費でんりょくしょうひたかまるなつむかえるタイミングに、電気代でんきだい節約せつやくや、ご家族かぞく健康けんこうという側面そくめんから、ご家庭かていでできる温暖化対策おんだんかたいさくんでみませんか?

毎年6月5日は「世界環境デー」といって、未来も地球で生きていけるように地球温暖化などについて考える日なんだ。地球温暖化の要因である二酸化炭素(CO2)が出ると言えば、自動車などの印象が強いけれど、実は家庭での排出量も多いんだ。たとえば料理をするときの電気やガス。また、夏になるとエアコンをつけている時間も長くなっちゃう。そこで、家庭でできる節電や、真夏も元気に過ごせる方法を紹介するよ。

料理りょうり仕方しかたでCO2排出量はいしゅつりょうわるの?

べるまでに食材しょくざいはこんだり、冷蔵庫れいぞうこ保管ほかんすることでもエネルギーを使つかうけれど、おうちで料理りょうりをするときもたくさんのエネルギーを使つかって、CO2排出はいしゅつされるんだ。
料理りょうりするさいにはる・く・でるなど、ガスや電気でんき使つかうよね。ガスや電気でんき料理時りょうりじ使つか時間じかんみじくすれば「CO2排出量はいしゅつりょう」を削減さくげんすることができるね。また、たとえば、電気でんきポットを使つかうときは一度いちどむだけのおかしたり、なべふたをするだけでもいいんだ。無駄むだなエネルギーを使つかわないぶん、CO2排出量はいしゅつりょうらせるよ。(注1)

なつからだにも、環境かんきょうにもいいものって?

なつしゅんのきゅうりやトマト、スイカは体温たいおんげてくれるから、なつにいいものなんだ。かきごおりべるのもいいね。エアコンをつけた部屋へやにずっといるとからだえて健康けんこうによくなかったりするから、適度てきどあせをかいたり、べやすい食事しょくじることが大事だいじなんだ。みんながなつごしかたものについてかんがえることで、すこしずつでも温室効果おんしつこうかガスをらせるよ。

家庭かていでできる節電方法せつでんほうほうって?

いえなかでできる節電せつでんはいろいろあるよ。たとえば、「冷蔵庫れいぞうこ」。ものをみすぎるとやすのに電気でんきおお使つかってしまうから注意ちゅういしよう。ほかにも、エアコンをつけた部屋へやでなるべく家族かぞくみんなでごしたり、エアコンがよくくようにフィルターの掃除そうじをしたり。
また、テレビや照明しょうめいなど、使つかわない電源でんげんることもわすれずに。(注2)

工夫次第でキッチンでもCO2排出量は削減可能

ご家庭でのCO2排出は家電製品が30%ほどを占めますが、調理などキッチンからも5%程度排出されています。(注3)ガスや電気を無駄にしない調理法を心がけることが、節電にもつながります。キッチンでできるエコな取り組みと言えば、冷蔵庫にものを詰め込みすぎない、無駄に開閉しないなど、すでに習慣にしていることも多いでしょう。加えて、炊いたご飯は炊飯器で保温するより一旦冷凍して電子レンジで解凍する。電気ポットは沸かす時だけ電源を入れる。食洗機は洗浄後、扉を開けて余熱で乾燥させるなど、工夫次第でCO2の排出量を減らすことができます。

食事でできる夏場の健康管理と便利な食品の利用法

火を長時間使う調理だと室温が上がり、特に夏場は体感としても暑くて敬遠しがちです。ただ、冷たい料理は似たメニューになりがち。夏は汗をかきやすく水分・塩分補給は大事ですが、飲み物以外に食事でも摂取することを心がけましょう。例えば、調理の時短と栄養、食べやすさを兼ね備えたメニューにはレトルト食品に野菜をプラスするものや、カレーのご飯をつけ麺に替えていただくものなど、夏らしく、目先も変わって楽しいものも多くあります。(注4)熱中症など起こさないように、夏場の健康な体作りを料理でサポートしてあげましょう。

節電はライフスタイルや調理の見直しからも可能

リモートワークやお子さまの家庭での学習が続く中、夏の家庭ではどうしてもエアコンを長時間つけがち。節電と心地よさを両立するには室温を28℃になるようにエアコンの設定温度を調節しましょう。(注5)また、扇風機やサーキュレーターを使い涼しい空気を循環させたり、除湿機能を使うことで、同じ温度設定でも心地よく過ごすことができます。

環境にも体にもよい取り組み、できることから始めてみませんか?

関連記事

\親子で「食」について考えよう/ シリーズはこちら

 
  • 食育

毎日の食卓でできるエコにチャレンジ 第5弾は「エコバッグ、マイスプーンやマイストローを持とう!」

レジ袋の有料化かに伴ない、エコバッグ(マイバッグ)の使用が日常的になった現在。さらにプラスチックごみを削減するために2022年4月1日からは「プラスチック資源循環促進法」(通称:プラ新案)が施行され、事業者は様々な対応が求められます。その中にはスプーン、フォーク、マドラー、ストローなどが含まれ、事業者によっては提供が有料になる場合も。利便性の高いプラスチック製品ですが、環境負荷を軽減するため、この機会に家族でマイスプーンやマイストロー(マイカトラリー)を使い始めてみませんか?

 
  • 食育

毎日の食卓でできるエコにチャレンジ 第4弾は「旬の食材を食べよう」

ハウス栽培や農業技術の向上、海外からの輸入などによって、店頭には季節を問わずあらゆる食材が並んでいますが、やはり旬の食材はおいしいもの。栄養価の高さにおいても優れ、季節ごとにおいしい食材を使った食事を楽しむことは健康的です。しかも産地の近い食材を使うことで輸送にかかるエネルギー消費も削減でき、環境負荷の軽減につながる要素も。旬の食材を食卓に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 
  • 食育

毎日の食卓でできるエコにチャレンジ 第3弾は「食後の片付けを手伝だってみよう!」

楽しい食事の後片付けはみんなでやっていますか?残り物の片付けや生ゴミの処理、洗い物をお子さまと一緒にすることで、食べ物の大切さに気付けたり、生ゴミの処理方法や洗い物の工夫も認識できるはず。 片付けからできるエコなチャレンジに取り組んでみましょう。

 
  • 食育

毎日の食卓でできるエコにチャレンジ 第2弾は「賞味期限ってなに?」

冷蔵庫を整理していると賞味期限切れの食品を見つけて、もったいないと思もいながら、廃棄したり、賞味期限間近であわてたりすることはありませんか?キッチンから賞味期限切れのレトルト食品やスナック菓子、缶詰が見みつかることも…。そんな“小さなムダ”を各家庭で見直すことで、食品ロス削減につなげていきましょう。

 
  • 食育

毎日の食卓でできるエコにチャレンジ 第1弾は「食品ロス削減。残さず食べよう!」

異常気象による干ばつや集中豪雨は年々増えており、わたしたちの生活にも無関係ではなくなっています。食料資源の有効活用や地球温暖化の抑制の観点からも食品ロスをいま減らさなければ、子どもたち将来世代に大きな負荷がかかります。でも家庭でできることって?そんなに難しく考えすぎなくても大丈夫。そこで、今回はまず食べ残しをなくしてみることからエコにチャレンジしてみませんか。

 
  • 食育

\親子で「食」について考えよう/
【食育編】食べることは生きること。ごはんの時間に「食」の会話はありますか?

最近、食卓で親子で交わした会話について覚えていますでしょうか。食べている物についての会話はありましたでしょうか。「おいしいね」「何が入っているの?」「どんな味付けをしたの?」。そんな些細な、食をきっかけとした会話が実は食育には大事なのです。今回は、”親子で「食」について考えよう”というテーマで社団法人全国料理教室協会 代表理事を務める麻生怜菜さんに、お話をうかがいました。

 
  • 食育

\親子で「食」について考えよう/
【準備編】何をつくる?「マイレシピ」を1レシピ決めて、準備してみましょう!

”親子で「食」について考えよう”というテーマでお届けする第2回目は【準備編】です。「親子で食育」と一言で言っても、何から始めればいいのか悩むところ。子どもの年齢や性格によっても目的や準備することも変わってきます。前回に続き、社団法人全国料理教室協会 代表理事を務める麻生怜菜さんにお話を伺いました。

 
  • 食育

\親子で「食」について考えよう/
【お買い物&調理編】 子どもといっしょに!の時に気をつけること

”親子で「食」について考えよう”というテーマでお届けする第3回目は【お買い物&調理編】です。どんな料理を作る?何の食材をお買い物する?など、準備が整ったら、買い出しをして調理をしましょう!最初は普段の2~3倍の時間がかかってしまいますが、なんども繰り返していくうちに、買い出しから調理までの流れを把握し、食材の旬を知ったり、調理の工程が身についたり、徐々に効率的な調理方法が身についていくものです。どんなお手伝いならできるのか、また、どんなお手伝いならやりたいと思うのか、親も子どもの様子を見ながら、成長に合わせた「食育」が提案できたら良いですね!


その他の記事

 
  • 食育

【管理栄養士監修】料理の味を安定させるだけじゃない!?調味料を計量する大切さとは!

調味料の正しい計量方法は意外と細かくは知らない人も多いのではないでしょうか?カモンハウス会員の皆様よりコメント投稿いただいている「トークのお部屋」のテーマ“悩んだことのある「レシピ語」と対応した方法をお教えください!”には、「味付けに失敗した経験がある」、「そもそもなぜ計量することが大事なのかわからない」「適量とは?」など、様々なご意見が寄せられました。そこで、調味料の計量は、料理を美味しくすることはもちろん、塩分や糖質など健康への影響にも重要ということや、計量の正しい方法について、管理栄養士の亀崎智子さんに教えていただきます。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】偏食になりがちな夏休みの食生活の工夫を食育マスターの健康メニューで乗り越える!

お子さまが偏食により体調を崩したり、3食の準備など夏休みならではのお悩みをお持ちのご家庭も多いのではないでしょうか。「カモンハウス会員」の皆さまにご協力いただいた、みんなのオープンデータ第8回「夏休みの過ごし方」のアンケート結果でも、「冷たいジュースやアイスなど間食が増える」「暑くて食欲が落ちてしまい、食べたいものが思いつかない」などの回答が多く寄せられました。そこで今回は“夏に不足しがちな栄養素とその影響”の観点から、悩みごとに適したメニューを管理栄養士の荒井名南さんに紹介していだだきます。

 
  • 食育

【和食文化継承リーダーが伝授】海のミネラルたっぷりな“昆布”や“わかめ”をいただく夏のおすすめメニュー

2022年7月18日は「海の日」。海に囲まれ、海の恩恵を受けながら発展してきた日本ならではの祝日です。海の栄養をたっぷり含んだ食材といえば海藻類。“昆布”は7〜9月が収穫期で、この時期は生でいただけるほか、乾燥させて出汁昆布として用いる和食の基本でもあります。“わかめ”はサラダなど生食やお味噌汁の具材として、海藻類の中でも最も食卓に上る食材です。今回は“昆布”や“わかめ”に含まれる“栄養素と体への働きかけ”、“美味しさと栄養素がアップする夏のおすすめメニュー”などを和食文化継承リーダーとしても活躍されている野口知恵さんに伺いました。

 
  • 食育

毎日の食卓でできるエコにチャレンジ 第6弾は「家庭でできる温暖化対策をしてみよう!」

6月5日は「世界環境デー」。この日は世界の人々が一致団結して地球の未来について考え、行動を再認識する日です。日本は2021年4月に2030年度において温室効果ガスを2013年度から46%削減することを目指すと表明。これから電力消費が高まる夏を迎えるタイミングに、電気代の節約や、ご家族の健康という側面から、ご家庭でできる温暖化対策に取り組んでみませんか?

 
  • 食育

管理栄養士もびっくり!“カモンハウス会員”の皆さまにご投稿いただいた、多彩な「カレー・シチューのアレンジメニュー」をご紹介!

カモンハウスの「トークのお部屋」では、さまざまな「トークテーマ」に対し、会員の皆さまからコメントを投稿いただいています。今回は、2021年6月から開催している『カレー・シチューの「アレンジメニュー」大募集!』 のテーマから、思わず真似したくなるようなアイディアと、管理栄養士のアレンジレシピをご紹介します!