from ハウス

  • 食育

毎日まいにち食卓しょくたくでできるエコにチャレンジ
だい2だんは「賞味期限しょうみきげんってなに?」

毎日の食卓でできるエコにチャレンジ 第2弾」

冷蔵庫れいぞうこ整理せいりしていると賞味期限しょうみきげんれの食品しょくひんつけて、もったいないとおもいながら、廃棄はいきしたり、賞味期限しょうみきげん間近まぢかであわてたりすることはありませんか?
キッチンから賞味期限しょうみきげんれのレトルト食品しょくひんやスナック菓子がし缶詰かんづめつかることも…。そんな“ちいさなムダ”を各家庭かくかてい見直みなおすことで、食品しょくひんロス削減さくげんにつなげていきましょう。

食品には賞味期限というルールがあるのを知っているかな?このルールを知っているとどんな良いことがあるかこれから説明するよ!

賞味期限しょうみきげんってなに?

みんなカップめん、レトルトカレー、スナック菓子がしやペットボトルのものき?賞味期限しょうみきげんはこうした食品しょくひんを「おいしくべられる」のはいつまでか?をおしえてくれるよ。
このぎてもべられなくはないけど、おいしくなくなるんだ。 ただ、すぐにべられなくなるわけじゃないから、においをたしかめたりして、べられるか判断はんだんしてみよう。(注1)
おなじような期限きげんに「消費期限しょうひきげん」というものがあるよ。 これはお弁当べんとう、ケーキ、サンドウィッチなどにけられていて「安全あんぜんべられる」期限きげんおしえてくれているよ。消費期限しょうひきげんぎたら、べてはダメなんだ。賞味期限しょうみきげん消費期限しょうひきげんちがいをおぼえておこう!

どこにどんなふうにいてあるかみてみよう!

ポテトチップスのふくろてみよう。「賞味期限しょうみきげん」のところに2022.11.11といてあったら2022ねんの11がつ11にちまではおいしく安全あんぜんべられるよ。そのとき「保存方法ほぞんほうほう」もチェック!
直射日光ちょくしゃにっこう高温こうおん多湿たしつけて保存ほぞんしてください」といてあったら、それもまもってね。
何度以下なんどいか保存ほぞんしてください」といてある場合ばあい冷蔵庫れいぞうこ冷凍庫れいとうこに。食品しょくひん種類しゅるいによってちがうので、ふくろなどの表示ひょうじをよくんでみよう。おみせったときにも賞味期限しょうみきげんにしてみてね。
保存方法ほぞんほうほうがまちがっていると、賞味期限内しょうみきげんないでもべられなくなることもあるからをつけて!また一度いちどあけてしまったら期限きげんかかわらず、はやめにべよう。

ものまえ冷蔵庫れいぞうこ、キッチンをチェック!

お買い物前に冷蔵庫、キッチンをチェック!

ものまえ冷蔵庫れいぞうこやキッチンをチェックしてみよう。賞味期限しょうみきげんちかいもので献立こんだてかんがえれば食品しょくひんをムダにしなくてすむよ。ストックしてあるレトルトカレーや缶詰かんづめ賞味期限しょうみきげんれそうなものからべて、保存用ほぞんようすようにすれば、災害さいがい必要ひつようなときにれた食品しょくひんべられるよ。
賞味期限しょうみきげん調しらべて必要ひつようなものをうようにすれば、すこしずつ食品しょくひんロスもらせるはず!

賞味期限と消費期限の違いとは

食中毒など健康被害を避けるために厚生労働省と農林水産省は「食品期限表示の設定のためのガイドライン」という通知を出し、食品の賞味期限、消費期限の設定のルールを設けています。それによると賞味期限は袋や容器を開けないままで、書かれた保存方法を守って保存していた場合にこの「年月日」まで、「品質が変わらずおいしく食べられる期間」のこと。スナック菓子、カップ麺、チーズ、缶詰、ペットボトル飲料など、消費期限にくらべ、いたみにくい食品に表示されています。一方、消費期限は袋や容器を開けないままで、書かれた保存方法を守って保存していた場合にこの「年月日」まで、「安全に食べられる期限」のこと。お弁当、サンドイッチ、生麺、ケーキなど、いたみやすい食品に表示されています。(注2)

なお、ハウス食品グループでは“食品ロスの削減”などの解決に向け、2021年4月から賞味期限の「年月日」表記から「年月」表記への変更を一部商品で実施しています。

表示されている日付を守るための食品ごとの保存方法

賞味期限は正しい保存方法を守ってこそ有効です。直射日光や高温、多湿は品質に異変が起こるので要注意。日持ちしそうな常備食も食品に記載されているルールに従って、いざというときに安心して食べられます。消費期限の短い生鮮食品は期限内に食べきるのが原則ですが、難しそうな場合はあらかじめ加熱したり、下処理をして冷凍してストックしましょう。ただし、ホームフリージングした食品は品質低下が早く進む場合があるので、早めに使い切るようにしましょう。(注3)

お買い物の際には冷蔵庫、キッチンをチェックして必要なものを購入する習慣をつけましょう

お買い物の際には冷蔵庫、冷凍庫、キッチンをチェックして、賞味期限や消費期限が近づいている食品で献立を考え、必要な食品を購入する習慣をつけましょう。また、購入の際は売り場の手前にあるものを。スーパーなど販売店では食品ロスを減らすために、消費期限の近いものを手前に陳列しているからです。内閣府の調査によると、商品棚の奥から購入している割合は68.9%。この習慣を変えれば、店頭の廃棄削減にもつながります。また、日常的に食べている食品を備蓄し、定期的に消費し、食べた分を買い足す“ローリングストック”を習慣にすれば、毎日の食事が非常時にも食卓に並び、安心して食事をとることができます。(注4)
ハウス食品ではいつものレトルトカレーが役立つローリングストックの具体的な方法や、おすすめのレトルトカレーを紹介しています。

ローリングストック

関連記事

\親子で「食」について考えよう/ シリーズはこちら

 
  • 食育

毎日の食卓でできるエコにチャレンジ 第1弾は「食品ロス削減。残さず食べよう!」

異常気象による干ばつや集中豪雨は年々増えており、わたしたちの生活にも無関係ではなくなっています。食料資源の有効活用や地球温暖化の抑制の観点からも食品ロスをいま減らさなければ、子どもたち将来世代に大きな負荷がかかります。でも家庭でできることって?そんなに難しく考えすぎなくても大丈夫。そこで、今回はまず食べ残しをなくしてみることからエコにチャレンジしてみませんか。

 
  • 食育

\親子で「食」について考えよう/
【食育編】食べることは生きること。ごはんの時間に「食」の会話はありますか?

最近、食卓で親子で交わした会話について覚えていますでしょうか。食べている物についての会話はありましたでしょうか。「おいしいね」「何が入っているの?」「どんな味付けをしたの?」。そんな些細な、食をきっかけとした会話が実は食育には大事なのです。今回は、”親子で「食」について考えよう”というテーマで社団法人全国料理教室協会 代表理事を務める麻生怜菜さんに、お話をうかがいました。

 
  • 食育

\親子で「食」について考えよう/
【準備編】何をつくる?「マイレシピ」を1レシピ決めて、準備してみましょう!

”親子で「食」について考えよう”というテーマでお届けする第2回目は【準備編】です。「親子で食育」と一言で言っても、何から始めればいいのか悩むところ。子どもの年齢や性格によっても目的や準備することも変わってきます。前回に続き、社団法人全国料理教室協会 代表理事を務める麻生怜菜さんにお話を伺いました。

 
  • 食育

\親子で「食」について考えよう/
【お買い物&調理編】 子どもといっしょに!の時に気をつけること

”親子で「食」について考えよう”というテーマでお届けする第3回目は【お買い物&調理編】です。どんな料理を作る?何の食材をお買い物する?など、準備が整ったら、買い出しをして調理をしましょう!最初は普段の2~3倍の時間がかかってしまいますが、なんども繰り返していくうちに、買い出しから調理までの流れを把握し、食材の旬を知ったり、調理の工程が身についたり、徐々に効率的な調理方法が身についていくものです。どんなお手伝いならできるのか、また、どんなお手伝いならやりたいと思うのか、親も子どもの様子を見ながら、成長に合わせた「食育」が提案できたら良いですね!


その他の記事

 
  • 食育

【10月は食品ロス削減月間】親子で取り組めば楽しくできる!身近なSDGs「食品ロス削減」チャレンジのアイデア

持続可能で、よりよい世界を目指す国際目標「SDGs」。2030年までに達成すべき17のゴールが設定されていますが、その中でも限られた地球の資源を守るために「つくる責任 つかう責任」という目標が掲げられています。「食品ロス削減」は、私たちの暮らしの中で身近に取り組める課題です。年間を通して大切な取り組みですが、特に日本国内では、農林水産省・消費者庁・環境省が連携し、10月は「食品ロス削減月間」として啓発しています。そこで今回は、「食品ロス削減」月間にちなみ、親子で楽しく「食品ロス削減」に取り組むことができる3つのアイデアと、ハウス食品グループが推進する「食品ロス削減」3つの取り組みについてご紹介します。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】代替肉“大豆ミート”が世界を救う?特長や食べ方を知っておいしく持続可能な未来づくりを!

まるで、お肉のような食感を楽しめる大豆加工食品の“大豆ミート”。近年、その市場は拡大傾向にあり、10年以内には肉全体の約10%を“大豆ミート”が占めるという試算が発表されるなど、世界的に“大豆ミート”の注目度が高まっています。日本でもここ数年の間に多くの大手食品メーカーから“大豆ミート”の製品が販売されるようになり、スーパーなどで気軽に入手できるようになりました(注1)。“大豆ミート”の市場が拡大した背景には、健康によい食品としての側面だけでなく、地球にやさしい食材を選択する価値観や考え方への社会的な関心の広がりがあるようです。そこで今回は、“大豆ミート”の魅力をはじめ、そのメリットや使い方などをご紹介します。

 
  • イベント

【イベント実施報告】2022年夏休み企画!オンラインで「ハウス食品 静岡工場」を見学!製品の製造工程や様々な工夫を発見!

2022年7月に募集し、2022年8月9日に開催しました「オンライン工場見学」についてレポートいたします。多数ご応募いただいた方の中から当選されたご家族の皆さまには、レトルトカレーととんがりコーンの製造工程の見学やクイズコーナーなど、ご家族でお楽しみいただきました。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】料理の味を安定させるだけじゃない!?調味料を計量する大切さとは!

調味料の正しい計量方法は意外と細かくは知らない人も多いのではないでしょうか?カモンハウス会員の皆さまよりコメント投稿いただいている「トークのお部屋」のテーマ“悩んだことのある「レシピ語」と対応した方法をお教えください!”には、「味付けに失敗した経験がある」、「そもそもなぜ計量することが大事なのかわからない」「適量とは?」など、様々なご意見が寄せられました。そこで、調味料の計量は、料理を美味しくすることはもちろん、塩分や糖質など健康への影響にも重要ということや、計量の正しい方法について、管理栄養士の亀崎智子さんに教えていただきます。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】偏食になりがちな夏休みの食生活の工夫を食育マスターの健康メニューで乗り越える!

お子さまが偏食により体調を崩したり、3食の準備など夏休みならではのお悩みをお持ちのご家庭も多いのではないでしょうか。「カモンハウス会員」の皆さまにご協力いただいた、みんなのオープンデータ第8回「夏休みの過ごし方」のアンケート結果でも、「冷たいジュースやアイスなど間食が増える」「暑くて食欲が落ちてしまい、食べたいものが思いつかない」などの回答が多く寄せられました。そこで今回は“夏に不足しがちな栄養素とその影響”の観点から、悩みごとに適したメニューを管理栄養士の荒井名南さんに紹介していだだきます。