from ハウス

  • 食育

毎日まいにち食卓しょくたくでできるエコにチャレンジ
だい3だんは「食後しょくご片付かたづけを手伝てつだってみよう!」

毎日の食卓でできるエコにチャレンジ 第3弾は「食後の片付けを手伝ってみよう!」

たのしい食事しょくじ後片付あとかたづけはみんなでやっていますか?
のこもの片付かたづけやなまゴミの処理しょりあらものをおさまと一緒いっしょにすることで、もの大切たいせつさに気付きづけたり、なまゴミの処理方法しょりほうほうあらもの工夫くふう認識にんしきできるはず。 片付かたづけからできるエコなチャレンジにんでみましょう。

みんなは家族と一緒に食後の片付けをしているかな。手伝ってみると、まだ食べられる物を捨てていないか、洗い物で水を流しっぱなしにしていないかがかわかるはず。どっちももったいないよね。

のこったものはどうしたらてずにすむの?

食後しょくごのこったまだべられるおかずをててないかな?
季節きせつかかわらず、冷蔵庫れいぞうこ保存ほぞんすれば2〜3にち日持ひもちするよ。
でも、食材しょくざい味付あじつけでべられるにちはわるので、べるまえにおいをたしかめることをわすれずに!
刺身さしみなどなまものがのこったら、いたりいためたりしてべつ料理りょうり変身へんしんさせよう。
カレーや麺類めんるい変身へんしんさせるリメイクレシピについて、家族かぞくはなしてみるのもいいね。(注1)

どうすれば節水せっすいできるかな?

節水せっすいするには使つかった食器しょっきなべあぶらよごれかみいて、洗剤せんざい使つかぎないようにしてみよう。
みずをなるべくよごさないためには調理ちょうりくずをながさないように、水切みずきりネットを使つかったり、のこしをなくすためめるだけのりょうをコップにいだりするようにしよう。

なまゴミにも利用法りようほうがある!

これまでてていたなまゴミもなまゴミ処理機しょりき使つかえば、ゴミのりょうるし、むしにおいの心配しんぱいるんだ。
てるゴミがかるくなるだけじゃなく、堆肥たいひつち栄養えいよう)として家庭菜園かていさいえん使つかってみるのもいいね。
なまゴミ処理機しょりきがなければ、かわりにダンボールとつちなどで自家製処理機じかせいしょりきつくることもできるよ。家族かぞくみんなでつくってみよう!(注2)

少しの工夫でできる節水法

洗い物をするときに水を流しっぱなしにしないことはもちろん、あらかじめ食器や鍋についた油汚れをキッチンペーパーなどで拭いたり、つけ置き洗いをすることで節水につながります。また、汚れた水を処理するためには多くの水が必要。例えばコップ一杯の牛乳(200ml)をそのままシンクに流すと、処理に浴槽約11杯分の水を使うことに。限りある水資源を大切に使うためにも、飲み物は流さない。また、調理くずも流さないように水切りネットを使うようにしましょう。(注3)

生ゴミの削減と切れ端野菜の活用法

調理の際に出る生ゴミの8割は水分。水切りネットを使用し、なるべく軽くすることでゴミの重さが軽減されます。また、食材のゴミを分別すればコンポストを使って軽量化や堆肥作りも可能です。さらに普段なら捨ててしまう切れ端野菜も汁物や煮物の出汁として、またカレー作りなどに使える「ベジブロス」の材料になります。ヘタや芯、皮も使って野菜をまるごと活かせます。(注4)
ハウス食品グループではベジブロスの作り方やメニューを紹介しています。

House E-mag「野菜くずはおいしさのもと!野菜だし「ベジブロス」を活用しよう」

多めに作った料理の保存と作り置き向けの味付け

残ったおかずは冷蔵庫で保存し、2〜3日中に食べましょう。お刺身などの生ものが残ってしまった場合は加熱調理して保存するといいでしょう。また、作り置きにしてもおいしいメニューや味付け、逆に保存に向かない食材を知っておくのも食品を廃棄せずにすむポイント。微生物の生育を抑える調味料は砂糖や塩、酢などが挙げられます。

関連記事

\親子で「食」について考えよう/ シリーズはこちら

 
  • 食育

毎日の食卓でできるエコにチャレンジ 第2弾は「賞味期限ってなに?」

冷蔵庫を整理していると賞味期限切れの食品を見つけて、もったいないと思もいながら、廃棄したり、賞味期限間近であわてたりすることはありませんか?キッチンから賞味期限切れのレトルト食品やスナック菓子、缶詰が見みつかることも…。そんな“小さなムダ”を各家庭で見直すことで、食品ロス削減につなげていきましょう。

 
  • 食育

毎日の食卓でできるエコにチャレンジ 第1弾は「食品ロス削減。残さず食べよう!」

異常気象による干ばつや集中豪雨は年々増えており、わたしたちの生活にも無関係ではなくなっています。食料資源の有効活用や地球温暖化の抑制の観点からも食品ロスをいま減らさなければ、子どもたち将来世代に大きな負荷がかかります。でも家庭でできることって?そんなに難しく考えすぎなくても大丈夫。そこで、今回はまず食べ残しをなくしてみることからエコにチャレンジしてみませんか。

 
  • 食育

\親子で「食」について考えよう/
【食育編】食べることは生きること。ごはんの時間に「食」の会話はありますか?

最近、食卓で親子で交わした会話について覚えていますでしょうか。食べている物についての会話はありましたでしょうか。「おいしいね」「何が入っているの?」「どんな味付けをしたの?」。そんな些細な、食をきっかけとした会話が実は食育には大事なのです。今回は、”親子で「食」について考えよう”というテーマで社団法人全国料理教室協会 代表理事を務める麻生怜菜さんに、お話をうかがいました。

 
  • 食育

\親子で「食」について考えよう/
【準備編】何をつくる?「マイレシピ」を1レシピ決めて、準備してみましょう!

”親子で「食」について考えよう”というテーマでお届けする第2回目は【準備編】です。「親子で食育」と一言で言っても、何から始めればいいのか悩むところ。子どもの年齢や性格によっても目的や準備することも変わってきます。前回に続き、社団法人全国料理教室協会 代表理事を務める麻生怜菜さんにお話を伺いました。

 
  • 食育

\親子で「食」について考えよう/
【お買い物&調理編】 子どもといっしょに!の時に気をつけること

”親子で「食」について考えよう”というテーマでお届けする第3回目は【お買い物&調理編】です。どんな料理を作る?何の食材をお買い物する?など、準備が整ったら、買い出しをして調理をしましょう!最初は普段の2~3倍の時間がかかってしまいますが、なんども繰り返していくうちに、買い出しから調理までの流れを把握し、食材の旬を知ったり、調理の工程が身についたり、徐々に効率的な調理方法が身についていくものです。どんなお手伝いならできるのか、また、どんなお手伝いならやりたいと思うのか、親も子どもの様子を見ながら、成長に合わせた「食育」が提案できたら良いですね!


その他の記事

 
  • 食育

管理栄養士もびっくり!“カモンハウス会員”の皆さまにご投稿いただいた、多彩な「カレー・シチューのアレンジメニュー」をご紹介!

カモンハウスの「トークのお部屋」では、さまざまな「トークテーマ」に対し、会員の皆さまからコメントを投稿いただいています。今回は、2021年6月から開催している『カレー・シチューの「アレンジメニュー」大募集!』 のテーマから、思わず真似したくなるようなアイディアと、管理栄養士のアレンジレシピをご紹介します!

 
  • 食育

【管理栄養士監修】一人暮らしの「新生活」を応援!身につけておきたい食事知識と簡単お手軽メニュー

春から、大学生や社会人として「新生活」を迎える方も多いと思います。親御さまは、独り立ちしていく我が子をみて、嬉しい反面、「新しい環境で上手くやっていけるかな?」「ちゃんとごはんを食べられるかな?」と気になることも多いのではないでしょうか。「カモンハウス会員」のみなさまにご協力いただきました、第7回みんなのオープンデータ「“新生活の食事”大調査!」 の結果でも、「栄養が偏りそう」「自炊が不慣れ」という回答が多く寄せられました。そこで今回は、食事からお子さまの「新生活」を応援!“一人暮らしの食事情”から、“そろえておくと役立つおすすめの食材”、“料理初心者でも簡単に作れるメニュー”などをご紹介します。

 
  • 食育

毎日の食卓でできるエコにチャレンジ 第5弾は「エコバッグ、マイスプーンやマイストローを持とう!」

レジ袋の有料化かに伴ない、エコバッグ(マイバッグ)の使用が日常的になった現在。さらにプラスチックごみを削減するために2022年4月1日からは「プラスチック資源循環促進法」(通称:プラ新案)が施行され、事業者は様々な対応が求められます。その中にはスプーン、フォーク、マドラー、ストローなどが含まれ、事業者によっては提供が有料になる場合も。利便性の高いプラスチック製品ですが、環境負荷を軽減するため、この機会に家族でマイスプーンやマイストロー(マイカトラリー)を使い始めてみませんか?

 
  • 食育

【管理栄養士監修】知って得する!“いちご”の栄養やおいしい選び方&食べ方のコツ

ビニールハウスでの栽培や品種改良などが進み、最近では12月後半から店頭にも並び始める“いちご”ですが、本来“いちご”の旬は3〜4月の春。価格も露地物が出回るこの時期に下がる傾向があります。 “いちご”は世界各国で食べられていますが、生でそのまま食べる量は日本が世界一多いといわれています。また、日本産の“いちご”は海外でも人気が高く、輸出量も増加傾向にあるのをご存知でしょうか。そんな“いちご”がおいしい季節をもっと楽しめる、品種による特徴や甘くておいしい“いちご”の選び方、“いちご”に含まれる栄養素、そしておいしい食べ方などをご紹介します。

 
  • 食育

毎日の食卓でできるエコにチャレンジ 第4弾は「旬の食材を食べよう」

ハウス栽培や農業技術の向上、海外からの輸入などによって、店頭には季節を問わずあらゆる食材が並んでいますが、やはり旬の食材はおいしいもの。栄養価の高さにおいても優れ、季節ごとにおいしい食材を使った食事を楽しむことは健康的です。しかも産地の近い食材を使うことで輸送にかかるエネルギー消費も削減でき、環境負荷の軽減につながる要素も。旬の食材を食卓に取り入れてみてはいかがでしょうか。