from ハウス

  • 食育

毎日まいにち食卓しょくたくでできるエコにチャレンジ
だい4だんは「しゅん食材しょくざいべよう」

毎日の食卓でできるエコにチャレンジ 第4弾は「旬の食材を食べよう」

ハウス栽培さいばい農業技術のうぎょうぎじゅつ向上こうじょう海外かいがいからの輸入ゆにゅうなどによって、店頭てんとうには季節きせつわずあらゆる食材しょくざいならんでいますが、やはりしゅん食材しょくざいはおいしいもの。栄養価えいようかたかさにおいてもすぐれ、季節きせつごとにおいしい食材しょくざい使つかった食事しょくじたのしむことは健康的けんこうてきです。しかも産地さんちちか食材しょくざい使つかうことで輸送ゆそうにかかるエネルギー消費しょうひ削減さくげんでき、環境負荷かんきょうふか軽減けいげんにつながる要素ようそも。しゅん食材しょくざい食卓しょくたくれてみてはいかがでしょうか。

野菜や果物、魚などの食べ物は一番おいしく栄養も豊富な季節があり、これを「旬」と呼ぶんだ。健康にも良いし、濃い味付けをしなくてもおいしいから味覚という感覚も発達するよ。しかも旬の食材を食べることは環境にも良いんだ。その理由を説明するね。

ものしゅんってなに?どの季節きせつにどんなものがあるの?

しゅん時期じきはたとえばはるはいちごやたけのこ、はなやアサリ。
なつはきゅうりやトマト、スイカやさかなのアジ。
あきはさつまいも、くりかきやサンマ。
ふゆ白菜はくさい大根だいこん、みかんやさかなのブリなどがあるよ。(注1)

なぜしゅんのものをべるといの?

しゅん時期じきそだつのにてきした天候てんこうつづくから、おおくのもの栄養価えいようかたかくなるんだ。(注2)

たとえばふゆおお出回でまわるほうれんそうなつくらべてビタミンCがやく4ばいほどおおふくまれているよ。
かおりやうまみも豊富ほうふだからあじかんじやすくて、味付あじつけをしなくてもおいしくべられる。
しお砂糖さとうりすぎないからからだにもいんだ。

しゅんのものをべると環境かんきょうにもいのはなぜ?

みせならんでいるものはいろんな場所ばしょからはこばれてくるよね。
距離きょりとおいほど、ガソリンや電気でんきをたくさん使つかうから、地球温暖化ちきゅうおんだんか原因げんいんにもなるCO2もたくさんてしまう。(注3)
しゅんものんでいる場所ばしょちかいところでとれることもおおいから、はこぶときにCO2排出量はいしゅつりょうすくなくてすむんだ。(注4)

食育の観点からも取り入れたい旬の食材

店頭に並ぶと季節を感じさせる食材は日本の四季の豊かさを身近に味わえます。しかも旬の食材は栄養価も豊富。旬の野菜にはビタミンが多く含まれており、緑黄色野菜に含まれるビタミンAは皮膚や粘膜の健康維持、ビタミンCはコラーゲンの合成を補助し、丈夫な血管や皮膚、筋肉作りに欠かせません。また、ビタミンEは抗酸化ビタミンとも呼ばれています。育ち盛りのお子さまはもちろん、家族の健康のためにも、毎日の食卓に取り入れたい食材です。(注5)

献立に悩んだら「であいもの」レシピを検索

献立に悩んだら旬の食材を使ったレシピを探してみてはいかがでしょう。春ならたけのことわかめの若竹煮や菜の花の辛子和え、ナスやトマト、きゅうりなどがおいしい夏にはサラダはもちろん、野菜カレーやラタトゥイユ、秋はキノコと鮭のホイル蒸し、冬なら鰤大根など。
旬の食材同士を使った「であいもの」は季節感を堪能でき、お子さまの味覚を育てる食育の側面からも、取り入れたい料理です。

環境負荷の軽減にも

旬の食材は比較的身近な地域で栽培されていることも多く、輸送で排出されるCO2の排出量は遠隔地や輸入に比べると少なくなります。すべての食材を地産地消することは難しくても、旬の食材を購入することで環境負荷の軽減につながるのです。(注4)

関連記事

\親子で「食」について考えよう/ シリーズはこちら

 
  • 食育

毎日の食卓でできるエコにチャレンジ 第3弾は「食後の片付けを手伝だってみよう!」

楽しい食事の後片付けはみんなでやっていますか?残り物の片付けや生ゴミの処理、洗い物をお子さまと一緒にすることで、食べ物の大切さに気付けたり、生ゴミの処理方法や洗い物の工夫も認識できるはず。 片付けからできるエコなチャレンジに取り組んでみましょう。

 
  • 食育

毎日の食卓でできるエコにチャレンジ 第2弾は「賞味期限ってなに?」

冷蔵庫を整理していると賞味期限切れの食品を見つけて、もったいないと思もいながら、廃棄したり、賞味期限間近であわてたりすることはありませんか?キッチンから賞味期限切れのレトルト食品やスナック菓子、缶詰が見みつかることも…。そんな“小さなムダ”を各家庭で見直すことで、食品ロス削減につなげていきましょう。

 
  • 食育

毎日の食卓でできるエコにチャレンジ 第1弾は「食品ロス削減。残さず食べよう!」

異常気象による干ばつや集中豪雨は年々増えており、わたしたちの生活にも無関係ではなくなっています。食料資源の有効活用や地球温暖化の抑制の観点からも食品ロスをいま減らさなければ、子どもたち将来世代に大きな負荷がかかります。でも家庭でできることって?そんなに難しく考えすぎなくても大丈夫。そこで、今回はまず食べ残しをなくしてみることからエコにチャレンジしてみませんか。

 
  • 食育

\親子で「食」について考えよう/
【食育編】食べることは生きること。ごはんの時間に「食」の会話はありますか?

最近、食卓で親子で交わした会話について覚えていますでしょうか。食べている物についての会話はありましたでしょうか。「おいしいね」「何が入っているの?」「どんな味付けをしたの?」。そんな些細な、食をきっかけとした会話が実は食育には大事なのです。今回は、”親子で「食」について考えよう”というテーマで社団法人全国料理教室協会 代表理事を務める麻生怜菜さんに、お話をうかがいました。

 
  • 食育

\親子で「食」について考えよう/
【準備編】何をつくる?「マイレシピ」を1レシピ決めて、準備してみましょう!

”親子で「食」について考えよう”というテーマでお届けする第2回目は【準備編】です。「親子で食育」と一言で言っても、何から始めればいいのか悩むところ。子どもの年齢や性格によっても目的や準備することも変わってきます。前回に続き、社団法人全国料理教室協会 代表理事を務める麻生怜菜さんにお話を伺いました。

 
  • 食育

\親子で「食」について考えよう/
【お買い物&調理編】 子どもといっしょに!の時に気をつけること

”親子で「食」について考えよう”というテーマでお届けする第3回目は【お買い物&調理編】です。どんな料理を作る?何の食材をお買い物する?など、準備が整ったら、買い出しをして調理をしましょう!最初は普段の2~3倍の時間がかかってしまいますが、なんども繰り返していくうちに、買い出しから調理までの流れを把握し、食材の旬を知ったり、調理の工程が身についたり、徐々に効率的な調理方法が身についていくものです。どんなお手伝いならできるのか、また、どんなお手伝いならやりたいと思うのか、親も子どもの様子を見ながら、成長に合わせた「食育」が提案できたら良いですね!


その他の記事

 
  • 食育

管理栄養士もびっくり!“カモンハウス会員”の皆さまにご投稿いただいた、多彩な「カレー・シチューのアレンジメニュー」をご紹介!

カモンハウスの「トークのお部屋」では、さまざまな「トークテーマ」に対し、会員の皆さまからコメントを投稿いただいています。今回は、2021年6月から開催している『カレー・シチューの「アレンジメニュー」大募集!』 のテーマから、思わず真似したくなるようなアイディアと、管理栄養士のアレンジレシピをご紹介します!

 
  • 食育

【管理栄養士監修】一人暮らしの「新生活」を応援!身につけておきたい食事知識と簡単お手軽メニュー

春から、大学生や社会人として「新生活」を迎える方も多いと思います。親御さまは、独り立ちしていく我が子をみて、嬉しい反面、「新しい環境で上手くやっていけるかな?」「ちゃんとごはんを食べられるかな?」と気になることも多いのではないでしょうか。「カモンハウス会員」のみなさまにご協力いただきました、第7回みんなのオープンデータ「“新生活の食事”大調査!」 の結果でも、「栄養が偏りそう」「自炊が不慣れ」という回答が多く寄せられました。そこで今回は、食事からお子さまの「新生活」を応援!“一人暮らしの食事情”から、“そろえておくと役立つおすすめの食材”、“料理初心者でも簡単に作れるメニュー”などをご紹介します。

 
  • 食育

毎日の食卓でできるエコにチャレンジ 第5弾は「エコバッグ、マイスプーンやマイストローを持とう!」

レジ袋の有料化かに伴ない、エコバッグ(マイバッグ)の使用が日常的になった現在。さらにプラスチックごみを削減するために2022年4月1日からは「プラスチック資源循環促進法」(通称:プラ新案)が施行され、事業者は様々な対応が求められます。その中にはスプーン、フォーク、マドラー、ストローなどが含まれ、事業者によっては提供が有料になる場合も。利便性の高いプラスチック製品ですが、環境負荷を軽減するため、この機会に家族でマイスプーンやマイストロー(マイカトラリー)を使い始めてみませんか?

 
  • 食育

【管理栄養士監修】知って得する!“いちご”の栄養やおいしい選び方&食べ方のコツ

ビニールハウスでの栽培や品種改良などが進み、最近では12月後半から店頭にも並び始める“いちご”ですが、本来“いちご”の旬は3〜4月の春。価格も露地物が出回るこの時期に下がる傾向があります。 “いちご”は世界各国で食べられていますが、生でそのまま食べる量は日本が世界一多いといわれています。また、日本産の“いちご”は海外でも人気が高く、輸出量も増加傾向にあるのをご存知でしょうか。そんな“いちご”がおいしい季節をもっと楽しめる、品種による特徴や甘くておいしい“いちご”の選び方、“いちご”に含まれる栄養素、そしておいしい食べ方などをご紹介します。

 
  • 食育

毎日の食卓でできるエコにチャレンジ 第4弾は「旬の食材を食べよう」

ハウス栽培や農業技術の向上、海外からの輸入などによって、店頭には季節を問わずあらゆる食材が並んでいますが、やはり旬の食材はおいしいもの。栄養価の高さにおいても優れ、季節ごとにおいしい食材を使った食事を楽しむことは健康的です。しかも産地の近い食材を使うことで輸送にかかるエネルギー消費も削減でき、環境負荷の軽減につながる要素も。旬の食材を食卓に取り入れてみてはいかがでしょうか。