from ハウス

  • 食育

毎日まいにち食卓しょくたくでできるエコにチャレンジ
だい1だんは「食品しょくひんロス削減さくげんのこさずべよう!」

毎日の食卓でできるエコにチャレンジ 第1弾は「食品ロス削減。残さず食べよう!」

異常気象いじょうきしょうによるかんばつや集中豪雨しゅうちゅうごうう年々ねんねんえており、わたしたちの生活せいかつにも無関係むかんけいではなくなっています。食料資源しょくりょうしげん有効活用ゆうこうかつよう地球温暖化ちきゅうおんだんか抑制よくせい観点かんてんからも食品しょくひんロスをいまらさなければ、どもたち将来世代しょうらいせだいおおきな負荷ふかがかかります。でも家庭かていでできることって?そんなにむずかしく考えすぎなくても大丈夫だいじょうぶ。そこで、今回こんかいはまずのこしをなくしてみることからエコにチャレンジしてみませんか。

ご飯(はん)の食(た)べ残(のこ)しが多(おお)いと、もしかしたら将来(しょうらい)、災害(さいがい)がもっとふえてしまうかも?その理由(りゆう)といまからでもできることを説明(せつめい)するよ!

なぜご飯を残しちゃいけないの?

なぜご飯(はん)を残(のこ)しちゃいけないの?

みんなきらいせずに、ごはんのこさずべているかな?
なぜごはんのこしたらいけないのか、一緒いっしょかんがえてみよう!
日本にほんでは毎日まいにち1人ひとりあたりお茶碗1つ分おちゃわんひとつぶん食品しょくひんごみがてられている。1人分ひとりぶんだとすくなくえるかもしれないけど、日本中にほんじゅう家庭かてい食品しょくひんごみをあつめると、1ねんで284まんトン。東京とうきょうドームにたとえると2個以上こいじょうというすごいりょうになるよ!
さらに世界中せかいじゅうでまだべられるものが1ねんに13おくトンもてられているんだ。なのに、世界せかいで9にん1人ひとりはちゃんとごはんべられなくて、栄養えいようりないんだ。もし今日きょうばんごはんがべられなかったら、かなしいし、病気びょうきになってしまいそうだよね。
大量たいりょう食品しょくひんごみはやすか、てに使つかわれるんだけど、どちらにしても有害ゆうがいなガスがてしまうんだよ。

たくさんのごみが出て、燃やすと地球で災害が増えてしまうんだ!

ごみをやすと二酸化炭素にさんかたんそ空気くうきのなかにえて、気温きおんがる。気温きおんがると、異常気象いじょうきしょうになり植物しょくぶつれたり、山火事やまかじきたり、大雨おおあめやゲリラ豪雨ごううきる原因げんいんにもなってしまう。人間にんげんものにとってとても危険きけんだよね。
テレビや写真しゃしんこおりのない北極ほっきょくでやせたシロクマをたことはあるかな?これも異常気象いじょうきしょうによってこっていることの一例いちれいなんだ。

今日からできる3つのことって?

  • のこしをらす
    できるだけきらいなくべること。でも、どうしてものこしてしまうときもあるよね。
    苦手にがて野菜やさいもカレーにはいっていたり、かたちがわからなければべられたことはないかな?どんな味付あじつけや料理りょうりきなのか、おとうさん、おかあさんにつたえてみよう。一緒いっしょつくってみるとべるのがたのしみになるかも!
  • れるぶんだけ、りつけてもらう
    食欲しょくよくがないなとおもったら、無理むりせずれるだけにしてもらおう。ごみにしないだけじゃなく、具合ぐあいがよくないこともはやくわかってもらえるね。
  • 自分じぶんそだててみよう
    自分じぶん野菜やさいそだててみるとつくってくれた農家のうかさんの大変たいへんさを体験たいけんでき、もののおいしさや大切たいせつさがわかるかもしれないよ!

食品ロスの実態

日本での食品ロスの推定値は年間約600万トン(2018年度)で、家庭から発生する量は284万トン。減少傾向とはいえ、「まだ食べられる食品」が日々廃棄されています。日本の家庭で月に1〜2回、食品や食材を捨ててしまっている割合は約59%。決して低い数字ではありません。

ムダにしがちな食材や食品って?

きゅうり、キャベツ、レタス、もやし、パンや食パン、牛乳や卵、豆腐…まとめ買いしすぎたり、冷蔵庫の中で眠らせてしまいがちなムダにしがちな食材たち。買いすぎないように注意していても、いつの間にか消費期限が切れてしまい食品ロスにつながってしまいます。

食材をムダにしないメニューとは?

こうした食品ロスになりがちな食材は発想を変えて、ハンバーグに入れたり、ケチャップなどで子どもの好きな味付けにするのもアイデア。苦手な食材は細かく刻んでカレーやスープにするのもいいでしょう。ハウス食品グループでは、キャベツやもやし、レタスなど、消費期限が早い野菜、使い切れなかった豆腐などをカレーに活用するアレンジしたレシピも紹介しているので、お子さまと一緒に調理にチャレンジしてみてくださいね。

もっとカレーだからできることプロジェクト


生鮮食品を廃棄しないために、作り置きにしておくのも忙しい毎日のなかで食品ロスを削減できる一つの方法。また、生活の中で子どもと食材の大切さを知るのもいいでしょう。例えば一緒に買物に行く前に冷蔵庫の中身をチェックしたり、食べ切れる量を盛り付けるなど、お子さまと一緒に工夫してみましょう。

関連記事

\親子で「食」について考えよう/ シリーズはこちら

 
  • 食育

\親子で「食」について考えよう/
【食育編】食べることは生きること。ごはんの時間に「食」の会話はありますか?

最近、食卓で親子で交わした会話について覚えていますでしょうか。食べている物についての会話はありましたでしょうか。「おいしいね」「何が入っているの?」「どんな味付けをしたの?」。そんな些細な、食をきっかけとした会話が実は食育には大事なのです。今回は、”親子で「食」について考えよう”というテーマで社団法人全国料理教室協会 代表理事を務める麻生怜菜さんに、お話をうかがいました。

 
  • 食育

\親子で「食」について考えよう/
【準備編】何をつくる?「マイレシピ」を1レシピ決めて、準備してみましょう!

”親子で「食」について考えよう”というテーマでお届けする第2回目は【準備編】です。「親子で食育」と一言で言っても、何から始めればいいのか悩むところ。子どもの年齢や性格によっても目的や準備することも変わってきます。前回に続き、社団法人全国料理教室協会 代表理事を務める麻生怜菜さんにお話を伺いました。

 
  • 食育

\親子で「食」について考えよう/
【お買い物&調理編】 子どもといっしょに!の時に気をつけること

”親子で「食」について考えよう”というテーマでお届けする第3回目は【お買い物&調理編】です。どんな料理を作る?何の食材をお買い物する?など、準備が整ったら、買い出しをして調理をしましょう!最初は普段の2~3倍の時間がかかってしまいますが、なんども繰り返していくうちに、買い出しから調理までの流れを把握し、食材の旬を知ったり、調理の工程が身についたり、徐々に効率的な調理方法が身についていくものです。どんなお手伝いならできるのか、また、どんなお手伝いならやりたいと思うのか、親も子どもの様子を見ながら、成長に合わせた「食育」が提案できたら良いですね!


その他の記事

 
  • 食育

毎日の食卓でできるエコにチャレンジ 第6弾は「家庭でできる温暖化対策をしてみよう!」

6月5日は「世界環境デー」。この日は世界の人々が一致団結して地球の未来について考え、行動を再認識する日です。日本は2021年4月に2030年度において温室効果ガスを2013年度から46%削減することを目指すと表明。これから電力消費が高まる夏を迎えるタイミングに、電気代の節約や、ご家族の健康という側面から、ご家庭でできる温暖化対策に取り組んでみませんか?

 
  • 食育

管理栄養士もびっくり!“カモンハウス会員”の皆さまにご投稿いただいた、多彩な「カレー・シチューのアレンジメニュー」をご紹介!

カモンハウスの「トークのお部屋」では、さまざまな「トークテーマ」に対し、会員の皆さまからコメントを投稿いただいています。今回は、2021年6月から開催している『カレー・シチューの「アレンジメニュー」大募集!』 のテーマから、思わず真似したくなるようなアイディアと、管理栄養士のアレンジレシピをご紹介します!

 
  • 食育

【管理栄養士監修】一人暮らしの「新生活」を応援!身につけておきたい食事知識と簡単お手軽メニュー

春から、大学生や社会人として「新生活」を迎える方も多いと思います。親御さまは、独り立ちしていく我が子をみて、嬉しい反面、「新しい環境で上手くやっていけるかな?」「ちゃんとごはんを食べられるかな?」と気になることも多いのではないでしょうか。「カモンハウス会員」のみなさまにご協力いただきました、第7回みんなのオープンデータ「“新生活の食事”大調査!」 の結果でも、「栄養が偏りそう」「自炊が不慣れ」という回答が多く寄せられました。そこで今回は、食事からお子さまの「新生活」を応援!“一人暮らしの食事情”から、“そろえておくと役立つおすすめの食材”、“料理初心者でも簡単に作れるメニュー”などをご紹介します。

 
  • 食育

毎日の食卓でできるエコにチャレンジ 第5弾は「エコバッグ、マイスプーンやマイストローを持とう!」

レジ袋の有料化かに伴ない、エコバッグ(マイバッグ)の使用が日常的になった現在。さらにプラスチックごみを削減するために2022年4月1日からは「プラスチック資源循環促進法」(通称:プラ新案)が施行され、事業者は様々な対応が求められます。その中にはスプーン、フォーク、マドラー、ストローなどが含まれ、事業者によっては提供が有料になる場合も。利便性の高いプラスチック製品ですが、環境負荷を軽減するため、この機会に家族でマイスプーンやマイストロー(マイカトラリー)を使い始めてみませんか?

 
  • 食育

【管理栄養士監修】知って得する!“いちご”の栄養やおいしい選び方&食べ方のコツ

ビニールハウスでの栽培や品種改良などが進み、最近では12月後半から店頭にも並び始める“いちご”ですが、本来“いちご”の旬は3〜4月の春。価格も露地物が出回るこの時期に下がる傾向があります。 “いちご”は世界各国で食べられていますが、生でそのまま食べる量は日本が世界一多いといわれています。また、日本産の“いちご”は海外でも人気が高く、輸出量も増加傾向にあるのをご存知でしょうか。そんな“いちご”がおいしい季節をもっと楽しめる、品種による特徴や甘くておいしい“いちご”の選び方、“いちご”に含まれる栄養素、そしておいしい食べ方などをご紹介します。