from ハウス

  • 食育

毎日まいにち食卓しょくたくでできるエコにチャレンジ
だい5だんは「エコバッグ、マイスプーンやマイストローをとう!」

毎日の食卓でできるエコにチャレンジ 第5弾は「エコバッグ、マイスプーンやマイストローを持とう!」

レジぶくろ有料化ゆうりょうかともない、エコバッグ(マイバッグ)の使用しよう日常的にちじょうてきになった現在げんざい。さらにプラスチックごみを削減さくげんするために2022ねん4月1日しがつついたちからは「プラスチック資源循環促進法しげんじゅんかんそくしんほう」(通称つうしょう:プラ新案しんあん)が施行しこうされ、事業者じぎょうしゃ様々さまざま対応たいおうもとめられます。そのなかにはスプーン、フォーク、マドラー、ストローなどがふくまれ、事業者じぎょうしゃによっては提供ていきょう有料ゆうりょうになる場合ばあいも。利便性りべんせいたかいプラスチック製品せいひんですが、環境かんきょう負荷ふか軽減けいげんするため、この機会きかい家族かぞくでマイスプーンやマイストロー(マイカトラリー)を使つかはじめてみませんか?

買い物にはレジ袋ではなく、エコバッグを使うのが普通になってきたかな?レジ袋の他にもプラスチックでできた使い捨てのスプーンやフォークも減らしていく傾向にあるんだ。

プラスチックのてんわるてんって?

プラスチックは加工かこうがしやすく、たくさんつくれるから普段ふだん生活せいかつでよく使つかわれているよね。
でも、プラスチックごみは自然しぜんには分解ぶんかいされず、何百年なんびゃくねんつちうみのこつづけてしまう。
ウミガメにストローがささっていたり、りくげられたクジラのおなかからポリエチレンのふくろてきたというニュースをたことはないかな?
適切てきせつ処理しょりされなかったごみが、うみまでたどりき、ものいのちおびやかしているんだ。

なぜエコバッグやマイカトラリーをつの?

プラスチックごみがきちんと処理しょりされないと、環境かんきょうくない影響えいきょうてしまう。
そこでレジぶくろ有料ゆうりょうにしたりして、すこしずつプラスチックの使用量しようりょうらしているんだ。
これからはおみせ無料むりょうでついてきたプラスチックのスプーンやストローが有料ゆうりょうになることもあるよ。
エコバッグをつのとおなじように、マイスプーンやマイストローをつことが習慣しゅうかんになるといね。

どんな場所ばしょでエコバッグやマイカトラリーが必要ひつようかな?

ものをするときや、外食がいしょくをするときに必要ひつようになってくるよ。

カトラリー(スプーン、フォーク、はし)はケースもついたはこべるものもあって、金属製きんぞくせい木製もくせいなど、素材そざいやデザインも豊富ほうふなんだ。
ストローもかえ使つかえるものがえてきているよ。
使つかったあとはよごれをって、いえでしっかりあらうようにしよう。

現在のプラスチック製品による環境負荷や海外での規制状況

プラ新案によって、レジ袋有料化の際に起きたような、ライフスタイルのシフトがより深まりそうな2022年。改めて、生態系を含めた海洋環境などへの影響を認識する機会になるのではないでしょうか。海洋生物への影響はすでに知られるところですが、北極や南極でもマイクロプラスチックが観測されており、より適切な処理による環境負荷の軽減が求められています。(注1)
世界で規制が進み、例えば台湾では店舗でのプラスチック製のストローの提供禁止、フランスではプラスチック製のカトラリーの販売禁止が実施されています。(注2)
軽くて丈夫で大量生産しやすいプラスチック製品の利便性を活かしながらも、リサイクルを心掛けたり、カトラリーや食器など、代替できるものがないか考えてみましょう。

レジ袋の削減に続いて、他のプラスチック製品も

環境省と経済産業省が行っている、レジ袋有料化を機に、日々の買い物でエコバッグを持参し、ひとりひとりのライフスタイルの変革を目指した「レジ袋チャレンジ」キャンペーン。令和2年11月時点で「1週間、レジ袋を使わない人」は3割から7割に増加しました。(注3)
そもそも主要な国の中でプラスチックの廃棄量が2番目に多い日本。(注4)レジ袋を買わずにエコバッグを持つ習慣から、他の使い捨てプラスチック製品にも意識を向けていきたいですね。

マイカトラリーを持つことのメリットや新しい製品

マイカトラリーを持つことは、プラスチックごみの削減だけでなく、外食の際も金属や木製のカトラリーで食事を豊かに味わえるメリットも。長く使用でき、かつ衛生的なステンレスやチタン製のカトラリーや、開いて中が洗えるストローなど衛生面のデメリットをなるべくクリアする商品など、開発も進んでいます。できることから、ご家庭でも始めてみませんか?

関連記事

\親子で「食」について考えよう/ シリーズはこちら

 
  • 食育

毎日の食卓でできるエコにチャレンジ 第4弾は「旬の食材を食べよう」

ハウス栽培や農業技術の向上、海外からの輸入などによって、店頭には季節を問わずあらゆる食材が並んでいますが、やはり旬の食材はおいしいもの。栄養価の高さにおいても優れ、季節ごとにおいしい食材を使った食事を楽しむことは健康的です。しかも産地の近い食材を使うことで輸送にかかるエネルギー消費も削減でき、環境負荷の軽減につながる要素も。旬の食材を食卓に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 
  • 食育

毎日の食卓でできるエコにチャレンジ 第3弾は「食後の片付けを手伝だってみよう!」

楽しい食事の後片付けはみんなでやっていますか?残り物の片付けや生ゴミの処理、洗い物をお子さまと一緒にすることで、食べ物の大切さに気付けたり、生ゴミの処理方法や洗い物の工夫も認識できるはず。 片付けからできるエコなチャレンジに取り組んでみましょう。

 
  • 食育

毎日の食卓でできるエコにチャレンジ 第2弾は「賞味期限ってなに?」

冷蔵庫を整理していると賞味期限切れの食品を見つけて、もったいないと思もいながら、廃棄したり、賞味期限間近であわてたりすることはありませんか?キッチンから賞味期限切れのレトルト食品やスナック菓子、缶詰が見みつかることも…。そんな“小さなムダ”を各家庭で見直すことで、食品ロス削減につなげていきましょう。

 
  • 食育

毎日の食卓でできるエコにチャレンジ 第1弾は「食品ロス削減。残さず食べよう!」

異常気象による干ばつや集中豪雨は年々増えており、わたしたちの生活にも無関係ではなくなっています。食料資源の有効活用や地球温暖化の抑制の観点からも食品ロスをいま減らさなければ、子どもたち将来世代に大きな負荷がかかります。でも家庭でできることって?そんなに難しく考えすぎなくても大丈夫。そこで、今回はまず食べ残しをなくしてみることからエコにチャレンジしてみませんか。

 
  • 食育

\親子で「食」について考えよう/
【食育編】食べることは生きること。ごはんの時間に「食」の会話はありますか?

最近、食卓で親子で交わした会話について覚えていますでしょうか。食べている物についての会話はありましたでしょうか。「おいしいね」「何が入っているの?」「どんな味付けをしたの?」。そんな些細な、食をきっかけとした会話が実は食育には大事なのです。今回は、”親子で「食」について考えよう”というテーマで社団法人全国料理教室協会 代表理事を務める麻生怜菜さんに、お話をうかがいました。

 
  • 食育

\親子で「食」について考えよう/
【準備編】何をつくる?「マイレシピ」を1レシピ決めて、準備してみましょう!

”親子で「食」について考えよう”というテーマでお届けする第2回目は【準備編】です。「親子で食育」と一言で言っても、何から始めればいいのか悩むところ。子どもの年齢や性格によっても目的や準備することも変わってきます。前回に続き、社団法人全国料理教室協会 代表理事を務める麻生怜菜さんにお話を伺いました。

 
  • 食育

\親子で「食」について考えよう/
【お買い物&調理編】 子どもといっしょに!の時に気をつけること

”親子で「食」について考えよう”というテーマでお届けする第3回目は【お買い物&調理編】です。どんな料理を作る?何の食材をお買い物する?など、準備が整ったら、買い出しをして調理をしましょう!最初は普段の2~3倍の時間がかかってしまいますが、なんども繰り返していくうちに、買い出しから調理までの流れを把握し、食材の旬を知ったり、調理の工程が身についたり、徐々に効率的な調理方法が身についていくものです。どんなお手伝いならできるのか、また、どんなお手伝いならやりたいと思うのか、親も子どもの様子を見ながら、成長に合わせた「食育」が提案できたら良いですね!


その他の記事

 
  • 食育

【10月は食品ロス削減月間】親子で取り組めば楽しくできる!身近なSDGs「食品ロス削減」チャレンジのアイデア

持続可能で、よりよい世界を目指す国際目標「SDGs」。2030年までに達成すべき17のゴールが設定されていますが、その中でも限られた地球の資源を守るために「つくる責任 つかう責任」という目標が掲げられています。「食品ロス削減」は、私たちの暮らしの中で身近に取り組める課題です。年間を通して大切な取り組みですが、特に日本国内では、農林水産省・消費者庁・環境省が連携し、10月は「食品ロス削減月間」として啓発しています。そこで今回は、「食品ロス削減」月間にちなみ、親子で楽しく「食品ロス削減」に取り組むことができる3つのアイデアと、ハウス食品グループが推進する「食品ロス削減」3つの取り組みについてご紹介します。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】代替肉“大豆ミート”が世界を救う?特長や食べ方を知っておいしく持続可能な未来づくりを!

まるで、お肉のような食感を楽しめる大豆加工食品の“大豆ミート”。近年、その市場は拡大傾向にあり、10年以内には肉全体の約10%を“大豆ミート”が占めるという試算が発表されるなど、世界的に“大豆ミート”の注目度が高まっています。日本でもここ数年の間に多くの大手食品メーカーから“大豆ミート”の製品が販売されるようになり、スーパーなどで気軽に入手できるようになりました(注1)。“大豆ミート”の市場が拡大した背景には、健康によい食品としての側面だけでなく、地球にやさしい食材を選択する価値観や考え方への社会的な関心の広がりがあるようです。そこで今回は、“大豆ミート”の魅力をはじめ、そのメリットや使い方などをご紹介します。

 
  • イベント

【イベント実施報告】2022年夏休み企画!オンラインで「ハウス食品 静岡工場」を見学!製品の製造工程や様々な工夫を発見!

2022年7月に募集し、2022年8月9日に開催しました「オンライン工場見学」についてレポートいたします。多数ご応募いただいた方の中から当選されたご家族の皆さまには、レトルトカレーととんがりコーンの製造工程の見学やクイズコーナーなど、ご家族でお楽しみいただきました。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】料理の味を安定させるだけじゃない!?調味料を計量する大切さとは!

調味料の正しい計量方法は意外と細かくは知らない人も多いのではないでしょうか?カモンハウス会員の皆さまよりコメント投稿いただいている「トークのお部屋」のテーマ“悩んだことのある「レシピ語」と対応した方法をお教えください!”には、「味付けに失敗した経験がある」、「そもそもなぜ計量することが大事なのかわからない」「適量とは?」など、様々なご意見が寄せられました。そこで、調味料の計量は、料理を美味しくすることはもちろん、塩分や糖質など健康への影響にも重要ということや、計量の正しい方法について、管理栄養士の亀崎智子さんに教えていただきます。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】偏食になりがちな夏休みの食生活の工夫を食育マスターの健康メニューで乗り越える!

お子さまが偏食により体調を崩したり、3食の準備など夏休みならではのお悩みをお持ちのご家庭も多いのではないでしょうか。「カモンハウス会員」の皆さまにご協力いただいた、みんなのオープンデータ第8回「夏休みの過ごし方」のアンケート結果でも、「冷たいジュースやアイスなど間食が増える」「暑くて食欲が落ちてしまい、食べたいものが思いつかない」などの回答が多く寄せられました。そこで今回は“夏に不足しがちな栄養素とその影響”の観点から、悩みごとに適したメニューを管理栄養士の荒井名南さんに紹介していだだきます。