from ハウス

  • 食育

\親子で「食」について考えよう/
【準備編】何をつくる?「マイレシピ」を1レシピ決めて、準備してみましょう!

\親子で「食」について考えよう/【準備編】何をつくる?「マイレシピ」を1レシピ決めて、準備してみましょう!

”親子で「食」について考えよう”というテーマでお届けする第2回目は【準備編】です。
「親子で食育」と一言で言っても、何から始めればいいのか悩むところ。子どもの年齢や性格によっても目的や準備することも変わってきます。前回に続き、社団法人全国料理教室協会 代表理事を務める麻生怜菜さんにお話を伺いました。

まずは簡単なお手伝いから。お手伝いの目安もご紹介!

子どもが料理に興味を持ち始めたら、料理のお手伝いに誘ってみましょう。一緒に作業すると、親にとってはいつもより時間がかかってしまいますが、家族の中で自分の役割があると、子どもにも責任感が芽生え、”自分がやらなくては!”と自覚の心がグングン成長します。最初は、しめじをひとくちサイズに分ける、サラダの葉物野菜をちぎるなど、簡単なことからで構いません。

なお、面倒かもしれませんが、火の近くや包丁の側では作業させず、子どもの高さに合う調理台やテーブルで作業をさせてください。もちろん慣れてくればキッチンで一緒にできるようになりますが、何が危険か子ども自身わかっていませんので、始めのうちは、火や包丁がなくてもできることをお願いしてみましょう。

[お手伝いの目安]

年齢 お手伝いの例
2歳
  • レタスなど葉物野菜をちぎる
  • サラダスピナーを回して水切りしてもらう
  • ミニトマト・ピーマンなど形のつぶれない食材を洗う
  • きのこをさく、冷凍いんげんをポキポキ折るなど手でできること
  • 盛り付け、トッピンング(おたま・しゃもじなど調理器具を使わず、グリーンピースをちらすなど手でできること。最後の仕上げ)
3歳
  • おにぎり作り
  • 卵を割る
  • 野菜の下処理:絹さやの筋取り・もやしの根をとるなど
  • 蒸したジャガイモやサツマイモの皮むき(粗熱がとれてから)
  • サンドイッチ作り(ホットドックのような簡単にはさむタイプから始めてみるのがオススメ)
4歳
  • お米を研ぐ
  • 材料を混ぜる(ホットケーキ作りなど)
  • 目玉焼き作り

    ※ホットケーキや目玉焼きは、ホットプレートで始める方が作業もしやすいです。熱いところは最初にさわらない約束を。

  • 野菜の下処理:にんじんの型抜きなど。ほうれん草や小松菜・ニラなどの葉物野菜をキッチンバサミで切る(子供用の調理バサミを使う、離乳食用バサミも便利。大人用のキッチンバサミは刃先が大きいのでオススメしません)。
5歳〜
  • 計る:材料を分量通りに計量する
  • 切る:にんじん・ジャガイモなどをひとくち大に切る

    ※コロコロした食材は、切りやすくするところまでは大人が準備。必ず子どものそばで大人が見守る。子ども用の触っただけでは切れない子ども包丁から始めるのがオススメです。

  • 火を使った調理:カレーライス・具沢山チャーハン・けんちんうどんなど1品でも栄養バランスがとれているようなごはん。最初は大人と一緒に。徐々にできることを増やしていきましょう。何度も同じメニューを作ることで、工程を覚えて基本が身についてきます。
  • 買い出しリストを一緒に作る
6歳〜
  • 蒸す(トウモロコシ・サツマイモ・ジャガイモ・蒸パンなど)
    ※蒸し野菜は、茹でるよりも栄養の流出が少なく、素材の味がしっかり残って味わえるので、調理方法としてはオススメです。蓋を開けるときは蒸気が熱いので、必ず大人と一緒に。蓋にさらしや手ぬぐいをまいて扱うと熱くなくてよいです。

    小さい蒸し器などもたくさんありますので、最初は小さいものから始めることをオススメしています。

  • 栄養バランスを考えた料理・旬食材を使った料理・一汁三菜など、テーマを決めて献立を一緒に考える

    ※「お野菜が少ないから1品追加してみようか」など、食の会話を発展させて、大人と一緒にトライしてみましょう!

  • 冷蔵庫の整頓をする

    ※買い出し前に冷蔵庫の中のものが使えないか、代用できないか。なども考えてみましょう!冷蔵庫の整頓にもつながりますね!

いつが最適?包丁導入の時期

慎重にものごとを進める性格の子どもは、包丁は危ないということを認識し、大人の言うことをしっかり聞いて作業できるでしょう。早ければ3歳くらいからできる子もいますが、子どもの性格によっては、包丁を持ちながらママの方を向いて話しかけるなどヒヤヒヤする行動も。そういう場合はもう少し時間が経ってからまたチャレンジしてみましょう。“食育”と思うと、早い年齢から取り組ませたくなるかもしれませんが、包丁を使わなくても調理のお手伝いはできますから大丈夫です。子どもの個性を一番よくわかっている親が、いつからチャレンジさせるのが良いか、様子を見ながら判断しましょう。

子どもが決めた「作りたい料理」をマイレシピに!

お手伝いが習慣になってできることが増えてきたら、子どもが作りたいものを最初から最後まで一緒に作ってみましょう。その際は、子ども自身が、自分でメニューを決めるのが良いです。年齢にもよりますが、「おにぎり、目玉焼き、お味噌汁、カレーライス、シチュー、チャーハン」など、頻繁に作れるものを“マイレシピ”にするのが良いでしょう。何度も同じメニューに挑戦して成功体験を積み重ねることで、だんだんと自信がついていき自己肯定感も高まります。

[料理工程]

  • ☑️レシピを準備する
  • ☑️冷蔵庫チェック
  • ☑️買い出しリストを作る
  • ☑️買い出し
  • ☑️調理道具やエプロンを準備する
  • ☑️調理
  • ☑️後片付け

[子どものマイレシピを準備する]

「大人に教えてもらわないと作れない」では、せっかく始めても長続きせず、1回だけの記念イベントで終わってしまいます。初めて作る時は、大人と一緒に作る。2回目は作っているところを横で親に見ていてもらう。それから徐々に任せてもらえるようになっていく・・という過程は責任感や使命感の成長につながります。

このために「マイレシピ」を子ども用に準備するのもおすすめ。ひらがなが書けるようであれば、子どもに書いてもらっても良いです。また自分で作れるようになったマイレシピを、“暗記できちゃうくらいよく作る簡単レシピ=あんきレシピ”と呼んで、子どもオリジナルのレシピとすれば、子どもも愛着がわいてきます。このような取り組みが「何かあった時に自分でできる」という自信にもなりますね。

こども用あんきレシピフォーマット

今回は、レシピの横に「買い出しのチェック項目」を作っています。
買い出しするものにチェックを入れてお使いください。

あんきレシピフォーマット

家庭内の食品ロスを減らそう。
冷蔵庫をチェックして「使える食材・置き換えできる食材」を考えよう

日本では、年間612万トンと推計(平成29年度)される「食品ロス」が排出されています(注1)。食品ロスとは、売れ残りや期限切れの食品、食べ残しなど、食べられるのに捨てられている食料のこと。
世界中で約8億人が飢餓や栄養不足で苦しんでいる一方で、捨てられている食材もあるのです。
家庭内で食品ロスを減らすために、冷蔵庫の中に使える食材はないか、置き換えできないかなど、買い出し前に確認してみましょう。子どもと「今日のレシピにはしめじが必要だけど、冷蔵庫に残っているまいたけを代わりに使おう」「なすがあるから一緒に入れてみようか?おいしいかな?」など、冷蔵庫の中にある食材を使い切る提案をしてみてください。

調理道具やエプロンを準備しよう

大人もですが、子どもも形から入るとモチベーションが変わってきます。エプロン・手拭きタオル・髪が長いなら三角巾やヘアゴムなど、「お料理セット」を用意しておくと便利。気持ちの切り替えにもなりますね。なお、調理道具は、子ども用の包丁・ハサミ・ピーラーなどを用意。子どものサイズに合ったものを用意しましょう。

こども用あんきレシピフォーマット[カレーライス]

※5歳〜のひらがな・カタカナが読めるくらいの年齢を想定しています。また衛生面なども考慮し、今回は生肉の代わりにツナ缶を使いました。

関連記事

 
  • 食育

【環境について考えよう】未来の食卓はどうなる?「農業と環境」を守る意識と行動

前回の記事で、おうち時間が増えた今こそ取り組みたい「食品ロス削減術」をテーマに環境問題を取り上げました。一方、わたしたちの食には、“消費”だけでなく“生産”も欠かせない問題の一つです。コロナ禍により農業などの生産者は打撃を受け、また同時に支援活動も活発化しました。これにより、生産者の今について認識された方も増えてきています。しかし知っているようで実はあまり知られていない深刻な問題も少なくありません。そこで今回は、生産者の今を知ることで、わたしたちの食を守るために家庭でなにができるかを考えてみましょう。

 
  • 食育

【環境について考えよう】地球と家計を救う!今こそ考えよう おうち時間の食品ロス削減術

昨今のコロナ禍による食生活の変化により、家庭での食品ロス増加が考えられています。食品ロスとは「食べられるのに捨てられている食品」。食品や家計の無駄であるのはもちろん、世界的な気候変動の原因にもつながる重大な問題です。おうち時間が増えた今こそ、改めて環境問題と家庭での食品ロス削減について考えてみましょう。

 
  • 食育

<野菜ソムリエが伝授> 思春期の体調管理や集中力アップにおすすめの ”野菜のチカラ”で新学期に備えよう!

毎日何気なく食べている野菜にはさまざまなチカラがあることを知っていますか。野菜が苦手な子どもも多いですが、勉強やスポーツへの集中力をアップしてくれるなど、中高生にとって大切な栄養を多く含んでいますので、毎日たっぷり摂りたいですね。野菜ソムリエPro.として日本野菜ソムリエ協会認定料理教室を主宰し、高校生と春から中学生の子どもを持つお母さんでもある安部加代子さんに、“野菜のチカラ”や、“子どもにおいしく野菜を食べさせるコツ”などについて伺いました。

 
  • 食育

中高生の親が知っておきたい体を作る栄養と食事の摂り方 ~ジュニアスポーツで大事な「食事の自己管理能力」

中高生の時期は、子どもが体も心も大きく成長する時期。健康な体を作り、すこやかな心を育むためには、毎日のバランスの取れた食事が必要不可欠です。特に目標をもってスポーツに取り組む中高生を応援する親にとっては、子どもの体の状態や必要な栄養など気になることが多いもの。そこでスポーツを頑張る中高生の子を持つ親が知っておきたい栄養や食事について、公認スポーツ栄養士で管理栄養士の小嶋理恵子さんにお話を伺いました。

 
  • 食育

集中力や記憶力アップに期待も!?試験で実力が発揮できる理想の“受験メシ”とは

受験生の子どもを持つ親ならだれでも、試験で実力を最大に発揮できるよう、サポートをしてあげたいと考えるものではないでしょうか。親ができる大切なサポートが、毎日の食事です。受験準備期間から、試験日当日までの間に体調を整えて集中力や記憶力をアップさせる理想の“受験メシ”について、受験フードマイスターの講師を務める管理栄養士の椎橋聡子さんにお話を伺いました。

 
  • 食育

子どもが嫌いな野菜の5つの特徴と野菜が美味しく食べられる料理のコツ!

「うちの子、今日もまったく野菜を食べてくれなくて…」「どうしたら野菜を食べてくれるんだろう…」。野菜が苦手で食べようとしない子どもに、悩んでいるパパやママは多いことでしょう。ビタミン・ミネラル・食物繊維などが豊富に含まれている野菜は、子どもの健やかな成長のためにも不可欠と言えます。また、野菜不足は代謝や免疫力の低下、便秘など、さまざまな症状の原因になりやすいため、何とか克服したいものです。そこで今回は、子どもが嫌がる野菜の特徴と、子どもが野菜を少しでも喜んで食べてくれる料理のコツについてお伝えします。

 
  • 食育

\親子で「食」について考えよう/
【おまけ編】 料理は「科学する」ともっと楽しくなる!

”親子で「食」について考えよう”というテーマでお届けしてきたこのシリーズも第4回目。今回で最終回です。おいしい!についてもっとお話ししてみよう!実験してみよう!ということで【おまけ編】をお届けします。 週末など時間がある時に、おうちの「おいしい味」についてお話ししてみませんか?普段の料理のかくし味をクイズにしてみたり、おうちにある調味料でドレッシングを作ってみたり、味の組み立てを楽しんでみましょう。前回に続き、社団法人全国料理教室協会 代表理事を務める麻生怜菜さんに、お話を伺いました。

 
  • 食育

\親子で「食」について考えよう/
【お買い物&調理編】 子どもといっしょに!の時に気をつけること

”親子で「食」について考えよう”というテーマでお届けする第3回目は【お買い物&調理編】です。どんな料理を作る?何の食材をお買い物する?など、準備が整ったら、買い出しをして調理をしましょう!最初は普段の2~3倍の時間がかかってしまいますが、なんども繰り返していくうちに、買い出しから調理までの流れを把握し、食材の旬を知ったり、調理の工程が身についたり、徐々に効率的な調理方法が身についていくものです。どんなお手伝いならできるのか、また、どんなお手伝いならやりたいと思うのか、親も子どもの様子を見ながら、成長に合わせた「食育」が提案できたら良いですね!

 
  • 食育

\親子で「食」について考えよう/
【食育編】食べることは生きること。ごはんの時間に「食」の会話はありますか?

最近、食卓で親子で交わした会話について覚えていますでしょうか。食べている物についての会話はありましたでしょうか。「おいしいね」「何が入っているの?」「どんな味付けをしたの?」。そんな些細な、食をきっかけとした会話が実は食育には大事なのです。今回は、”親子で「食」について考えよう”というテーマで社団法人全国料理教室協会 代表理事を務める麻生怜菜さんに、お話をうかがいました。


その他の記事

 
  • 食育

“りんご”は品種で味が違う!?選び方や食べ方を管理栄養士が徹底解説!

そのまま食べたり、さまざまな料理に使われたり、いろいろな味わい方ができる“りんご”。ひと口に“りんご”といっても、時期や品種によって味わいや食感が違うのをご存じですか? この記事では、品種による味の違いや、よりおいしい“りんご”を選ぶ方法、親子で楽しく食べる簡単レシピなどをご紹介します。栄養も豊富でからだにも良いといわれる“りんご”を、ぜひご家族で味わってみてください。

 
  • イベント

コンセプトは“知って、作って、食べて、つながって!” NPO法人とハウス食品グループが協働で行う、ハウス「食と農と環境の体験教室」<第2弾>

ハウス食品グループでは、食と農と環境が自分自身にも「つながっている」ことを学んでいただきたいという考えから、NPO法人と協働でハウス「食と農と環境の体験教室」を2009年より開催しています。2021年度は、コロナ禍によりオンラインにて6月5日(土)と9月11日(土)に実施しました。そのほか、夏休み中の7月31日(土)に自由参加の特別講座を開催し、参加者のバケツ稲の生育状況や栽培で困っていることの相談、アドバイスを個別に受け付けました。今回の記事では、体験教室の様子や参加者様の声をお届けいたします。

 
  • 食育

お祝いごとやスイーツにピッタリな“小豆”のマメ知識!管理栄養士に学ぶ嬉しい健康効果や楽しみ方♪

11月15日は、七五三。着物を着た小さな子どもが家族でお参りする姿を見て、季節を感じたり、懐かしく思われたりする方も多いのではないでしょうか。これから年末年始に向けてさまざまなお祝いごとやイベントが目白押しです。そこで今回は、10月~2月に旬を迎え、お祝いごとに欠かせないお赤飯の材料となる「小豆」についてご紹介します。食材の知識を深めることで、季節の行事をもっとおいしく、健康的に楽しむきっかけにしてみてください。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】ハロウィーンに“かぼちゃ”を飾る理由とは?成長期にもうれしい栄養素や調理のコツ!

ハロウィーンの時期になると街中で見られる“かぼちゃ”の飾り。今ではおなじみの光景ですが、なぜ“かぼちゃ”が使われているのかご存知ですか?今回は、ハロウィーンと“かぼちゃ”の関係からひもとく文化の違いから、“かぼちゃ”の品種と特徴や栄養素、特に子どもの成長期に重要な炭水化物やビタミンB6の効果的な摂り方をご紹介します。

 
  • スパイスお役立ち情報

ハウスの「スパイスマスター」がおすすめ!簡単だけど自慢できる「スパイス」の使い方!

ハウス食品の小川です。現在はお客様にハウスのスパイスの良さを知っていただくために、ハウス食品が運営するスパイスオブライフやレシピブログとハウスのコラボレーションで運営するスパイスブログを通じて、スパイスの魅力を発信する仕事を行っています。