from ハウス

  • 食育

お祝いごとやスイーツにピッタリな“小豆”のマメ知識!管理栄養士に学ぶ嬉しい健康効果や楽しみ方♪

お祝いごとやスイーツにピッタリな“小豆”のマメ知識!管理栄養士に学ぶ嬉しい健康効果や楽しみ方♪

11月15日は、七五三。着物を着た小さな子どもが家族でお参りする姿を見て、季節を感じたり、懐かしく思われたりする方も多いのではないでしょうか。これから年末年始に向けてさまざまなお祝いごとやイベントが目白押しです。

そこで今回は、10月~2月に旬を迎え、お祝いごとに欠かせないお赤飯の材料となる「小豆」についてご紹介します。食材の知識を深めることで、季節の行事をもっとおいしく、健康的に楽しむきっかけにしてみてください。

お赤飯がおめでたい日に食べられるワケとは?

小豆の定番料理のひとつに行事やお祝いごとに欠かせないお赤飯があります。七五三でもお赤飯を用意するご家庭も多いのではないでしょうか。でも、どうしてお赤飯がお祝いごとに選ばれるようになったのかご存知ですか。

その理由は、小豆の「赤色」にあるといわれています。
諸説ありますが、古来中国では、冬至の日に亡くなった子どもが疫病をもたらす疫鬼(えきき)となり、「赤豆」を恐れたという逸話が残されているそうです。

それにより、冬至の日に赤豆粥を作って疫を祓うようになったといわれ、古くから赤豆の「赤色」が邪気や災いを抑える力があると信じられてきたものが日本にも伝わってきたと考えられています。

また、お赤飯の上に「南天の葉」を添えることもあります。これは「難(なん)が転(てん)じる」という語呂合わせから、おめでたい植物とされているためです。

このことから単にお赤飯がお祝いのためだけに食べられていたわけではないことがわかります。子どもの成長を喜んだり、災いを避けたいという人々の願いが込められたりしているのです。

小豆は赤色だけじゃなかった!?代表的な小豆の種類

小豆というと、赤色のイメージがあると思いますが、実際は白、黒、まだらなど、さまざまな色合いがあります。ここでは、小豆の代表的な色と品種をピックアップし、それぞれの特徴をご紹介します。

●赤色

一般的に流通している小豆です。実は小豆は、黒い野生の小豆から突然変異によって生まれたものを農家が選んで赤色の小豆を残していったものとされています。昔は、天候次第で相場の変動が激しかったことから「赤いダイヤ」ともいわれていたのだとか。
主な品種:エリモショウズ、しゅまり、きたろまん、きたのおとめ、サホロショウズ

●白色

気候に左右されやすく、栽培が難しい小豆です。上品な甘みと独特の風味があり、高級和菓子の材料や煮豆に用いられます。やや黄色みをおびた餡になります。
主な品種:ホッカイシロショウズ、きたほたる、備中白小豆、丹波白小豆

●黒色

ポリフェノールの一種、アントシアニンが豊富で、赤い小豆に比べて色の濃い餡ができるのが特徴です。味はほとんど赤い小豆と変わりないといわれています。また、黒小豆と呼ばれていますが、実は黒色のささげです。
主な品種:黒小豆

●まだら色

赤色部分が少ないため、煮ると淡い餡色となり、お赤飯よりもおはぎなどの餡に向いています。小ぶりで種子が薄いことから早く煮えるのが特徴で、里帰りしてきた娘に母親がすぐに煮て食べさせることができるといわれてきました。
主な品種:むすめきたか

小豆は色の違いだけでなく、丹波大納言、とよみ大納言、ほまれ大納言など、粒が大きい種類もあります。これら大納言小豆は、大粒のため煮崩れしにくく、皮が薄く柔らかいという特徴があり、どら焼きや最中の餡などに使われています。

小豆のチカラで健康・キレイに♪1粒に詰まったからだに役立つ栄養素をご紹介!

お赤飯や和菓子の餡などで用いられる小豆はおいしく、栄養豊富。1粒に成長期のお子さまにも嬉しい、炭水化物、たんぱく質、鉄分、食物繊維、ポリフェノールなどがぎゅっと含まれています。

●炭水化物

脳やからだのエネルギー源となる炭水化物は、小豆の主要栄養素。スポーツや勉強など、お子さまが元気に活動するために役立ちます。また、小豆には炭水化物の代謝を助けるビタミンB1が含まれていることも嬉しいポイント。

●たんぱく質

小豆のたんぱく質は、体内ではほとんど合成できない必須アミノ酸を多く含んでいます。たとえば、リジンというアミノ酸です。しかし、日本人の主食であるお米にはリジンが少なく、お米に小豆を入れたお赤飯は、たんぱく質を効率良く摂取できる食べ物でもあるのです。

●鉄分

成長過程にあるお子さまのなかには、偏った食事や無理なダイエットによって鉄分が不足してしまうケースがみられます。小豆(乾燥)には100g中5.5gの鉄分が含まれており、鉄分不足対策も期待できます。

●食物繊維

小豆(乾燥)の食物繊維の量は100g中24.8g。100g中5.7gのごぼう(生)と比べて、約4.4倍!食物繊維もしっかり摂りたいなら皮まで食べられる「つぶあん」がおすすめです。特に不溶性食物繊維が豊富です。

●ポリフェノール

主に小豆の皮に多く含まれ、酸化を抑えたり、活性酸素を取り除いたりする働きが知られています。なかでも北海道十勝産の小豆(エリモショウズ)は、中国産の2倍以上のポリフェノールが入っていると注目されています。

さらに「脂質」の少なさも見逃せません。
100g中の小豆(乾燥)と大豆(乾燥)を比べると、脂質は大豆の約1/10以下と少ないのが特徴です。小豆は、脂質を抑えながら主要栄養素である炭水化物をはじめ、たんぱく質や食物繊維など、からだに必要な栄養素の摂取源として役立つことがわかるでしょう。

<100g中の小豆と大豆の栄養価>

エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 食物繊維総量
小豆
(全粒・乾)
304kcal 20.8g 2.0g 59.6g 24.8g
大豆
(全粒・国産・黄大豆・乾)
372kcal 33.8g 19.7g 29.5g 21.5g

【出典】文部科学省「日本食品標準成分表2020年版(八訂)」より抜粋(注1)

知って得する!?余ったお赤飯の楽しみ方

ここで、小豆の定番料理となる「お赤飯のアレンジメニュー」をご紹介します。作りすぎて余ってしまったときや、もっと違う楽しみ方を知りたい!というときの参考にしてみてくださいね。

●巻きずし

お子さまと一緒に楽しめる「巻きずし」。巻き簾の上に焼き海苔をのせ、お赤飯を平らになるように広げ、その中心にきゅうりやたまごなどのお好きな具材をのせていきましょう。最後に巻き簾で形を整えればできあがりです。お好みで7~8等分に切り分け、お皿に盛り付けてみてください。
具材選びや巻き簾での整形は、ぜひお子さまと一緒にチャレンジを。料理を通して親子の会話が広がりますよ!

●リゾット

お赤飯を「リゾット」にするのもおすすめです。オリーブオイルをひいたフライパンでにんにくや玉ねぎ、しめじ、ベーコンなどの具材を炒め、具材がしんなりしてきたら水と一緒にお赤飯を煮込むだけ。お好みで牛乳やトマトジュースで煮込んでもよいでしょう。和風のイメージのあるお赤飯が、洋風の味わいに一変。お子さまから大人まで喜ばれるメニューになります。

●チャーハン

「チャーハン」にアレンジするのもおすすめです。作り方は簡単。フライパンにごま油をひいて、みじん切りにした長ネギを入れたら、溶きたまごを回し入れます。
たまごに火が通ったら、お赤飯、しょうゆ、鶏ガラスープの素を入れて炒めていきましょう。全体に味がなじんだら塩、こしょうで味を調えて完成です!

行事に深く関わり、からだに役立つ小豆で日々の生活を楽しもう!

小豆のさまざまな淡い色味は食卓を彩り、炭水化物をはじめとする栄養が健康なからだ作りをサポートしてくれます。ぜひ、季節の行事やお祝いごとに、そして日々の生活に小豆を取り入れてみましょう。

関連記事

 
  • 食育

<野菜ソムリエが伝授> 思春期の体調管理や集中力アップにおすすめの ”野菜のチカラ”で新学期に備えよう!

毎日何気なく食べている野菜にはさまざまなチカラがあることを知っていますか。野菜が苦手な子どもも多いですが、勉強やスポーツへの集中力をアップしてくれるなど、中高生にとって大切な栄養を多く含んでいますので、毎日たっぷり摂りたいですね。野菜ソムリエPro.として日本野菜ソムリエ協会認定料理教室を主宰し、高校生と春から中学生の子どもを持つお母さんでもある安部加代子さんに、“野菜のチカラ”や、“子どもにおいしく野菜を食べさせるコツ”などについて伺いました。

 
  • 食材

カルシウムだけじゃない!日本乳業協会に聞いた「牛乳」の歴史や魅力とは

私たちが日頃飲んでいる「牛乳」。日本ではいつから飲み始められたか知っていますか?牛乳の歴史は諸説ありますが、約1万年前に始まり、日本でも飛鳥時代には飲まれていたとされています。カルシウムやたんぱく質、ビタミンなどをバランスよく含み、高い栄養価を持つ牛乳は、当時は薬とされ、大変貴重なものでした。日本で牛乳が広まった歴史や、生産量の移り変わり、そして目的に合わせたおすすめの飲み方について、牛乳をよく知る専門家、一般社団法人日本乳業協会にお話を伺いました。

 
  • 食育

子どもが嫌いな野菜の5つの特徴と野菜が美味しく食べられる料理のコツ!

「うちの子、今日もまったく野菜を食べてくれなくて…」「どうしたら野菜を食べてくれるんだろう…」。野菜が苦手で食べようとしない子どもに、悩んでいるパパやママは多いことでしょう。ビタミン・ミネラル・食物繊維などが豊富に含まれている野菜は、子どもの健やかな成長のためにも不可欠と言えます。また、野菜不足は代謝や免疫力の低下、便秘など、さまざまな症状の原因になりやすいため、何とか克服したいものです。そこで今回は、子どもが嫌がる野菜の特徴と、子どもが野菜を少しでも喜んで食べてくれる料理のコツについてお伝えします。


その他の記事

 
  • 食育

【10月は食品ロス削減月間】親子で取り組めば楽しくできる!身近なSDGs「食品ロス削減」チャレンジのアイデア

持続可能で、よりよい世界を目指す国際目標「SDGs」。2030年までに達成すべき17のゴールが設定されていますが、その中でも限られた地球の資源を守るために「つくる責任 つかう責任」という目標が掲げられています。「食品ロス削減」は、私たちの暮らしの中で身近に取り組める課題です。年間を通して大切な取り組みですが、特に日本国内では、農林水産省・消費者庁・環境省が連携し、10月は「食品ロス削減月間」として啓発しています。そこで今回は、「食品ロス削減」月間にちなみ、親子で楽しく「食品ロス削減」に取り組むことができる3つのアイデアと、ハウス食品グループが推進する「食品ロス削減」3つの取り組みについてご紹介します。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】代替肉“大豆ミート”が世界を救う?特長や食べ方を知っておいしく持続可能な未来づくりを!

まるで、お肉のような食感を楽しめる大豆加工食品の“大豆ミート”。近年、その市場は拡大傾向にあり、10年以内には肉全体の約10%を“大豆ミート”が占めるという試算が発表されるなど、世界的に“大豆ミート”の注目度が高まっています。日本でもここ数年の間に多くの大手食品メーカーから“大豆ミート”の製品が販売されるようになり、スーパーなどで気軽に入手できるようになりました(注1)。“大豆ミート”の市場が拡大した背景には、健康によい食品としての側面だけでなく、地球にやさしい食材を選択する価値観や考え方への社会的な関心の広がりがあるようです。そこで今回は、“大豆ミート”の魅力をはじめ、そのメリットや使い方などをご紹介します。

 
  • イベント

【イベント実施報告】2022年夏休み企画!オンラインで「ハウス食品 静岡工場」を見学!製品の製造工程や様々な工夫を発見!

2022年7月に募集し、2022年8月9日に開催しました「オンライン工場見学」についてレポートいたします。多数ご応募いただいた方の中から当選されたご家族の皆さまには、レトルトカレーととんがりコーンの製造工程の見学やクイズコーナーなど、ご家族でお楽しみいただきました。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】料理の味を安定させるだけじゃない!?調味料を計量する大切さとは!

調味料の正しい計量方法は意外と細かくは知らない人も多いのではないでしょうか?カモンハウス会員の皆さまよりコメント投稿いただいている「トークのお部屋」のテーマ“悩んだことのある「レシピ語」と対応した方法をお教えください!”には、「味付けに失敗した経験がある」、「そもそもなぜ計量することが大事なのかわからない」「適量とは?」など、様々なご意見が寄せられました。そこで、調味料の計量は、料理を美味しくすることはもちろん、塩分や糖質など健康への影響にも重要ということや、計量の正しい方法について、管理栄養士の亀崎智子さんに教えていただきます。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】偏食になりがちな夏休みの食生活の工夫を食育マスターの健康メニューで乗り越える!

お子さまが偏食により体調を崩したり、3食の準備など夏休みならではのお悩みをお持ちのご家庭も多いのではないでしょうか。「カモンハウス会員」の皆さまにご協力いただいた、みんなのオープンデータ第8回「夏休みの過ごし方」のアンケート結果でも、「冷たいジュースやアイスなど間食が増える」「暑くて食欲が落ちてしまい、食べたいものが思いつかない」などの回答が多く寄せられました。そこで今回は“夏に不足しがちな栄養素とその影響”の観点から、悩みごとに適したメニューを管理栄養士の荒井名南さんに紹介していだだきます。