from ハウス

  • 食育

【管理栄養士監修】偏食になりがちな夏休みの食生活の工夫を食育マスターの健康メニューで乗り越える!

【管理栄養士監修】偏食になりがちな夏休みの食生活の工夫を食育マスターの健康メニューで乗り越える!

お子さまが偏食により体調を崩したり、3食の準備など夏休みならではのお悩みをお持ちのご家庭も多いのではないでしょうか。
「カモンハウス会員」の皆さまにご協力いただいた、みんなのオープンデータ第8回「夏休みの過ごし方」のアンケート結果でも、「冷たいジュースやアイスなど間食が増える」「暑くて食欲が落ちてしまい、食べたいものが思いつかない」などの回答が多く寄せられました。
そこで今回は“夏に不足しがちな栄養素とその影響”の観点から、悩みごとに適したメニューを管理栄養士の荒井名南さんに紹介していだだきます。

夏休みのお悩み1位は“冷たいものの摂りすぎ”

夏休みは冷たいジュースやアイスなど間食が増えることで、内臓が冷え、胃腸が弱り夏バテを起こしがちです。親御さま自身も暑さで食欲が落ちてしまい、献立を考えるのが億劫になりがち。食材も傷みやすく、管理が難しい時期でもあります。

特に夏休み中は朝食、夕食以外に昼食の用意も増えるので、そうめんや冷やし中華など、「同じようなメニューになりがち」というお悩みを持つご家庭がアンケート結果でも多く見られました。

冷たい麺類に偏ると、炭水化物が多く、野菜やたんぱく質不足なメニューになってしまいます。また、汗をたくさんかき、ミネラルが不足するこの時期には熱中症のリスクは上昇傾向に。

夏に不足しがちな栄養素とその影響とは?

生活リズムの乱れから不足しがちな栄養素には、どんなものがあるのでしょうか。そして、それらが不足することで体調にどんな影響があるのかをご紹介します。

  • ●ビタミンB群とたんぱく質不足がだるさの原因に
    暑さの影響による疲れやだるさの対策として、食事できちんと栄養を摂ることが大切です。エネルギー代謝に必要なビタミンB群とたんぱく質が不足しないようにバランスよく食べましょう。
  • ●夏バテ防止に効果的な栄養素
    夏バテは、エネルギー、筋肉、体の調子を整える成分が不足して、五大栄養素のバランスが崩れると起こりやすいです。防止には、特にたんぱく質やビタミンが効果的です。
  • ●ビタミンB群、C群の不足が疲労を招く
    食欲が減退して水分ばかりとっているとさらに食欲低下を招きます。また、エネルギーを補おうとして糖分を摂りすぎると、代謝に必要なビタミンB群が不足して十分なエネルギーが生み出せず、疲労がたまる原因にも。ビタミンCは暑さのストレスにより消費が高まり、不足しがちになります。
  • ●体内の水分不足が起こす弊害
    大量に汗をかくことで体内の水分が不足し、血液がドロドロの状態になることで、細胞への水分供給がスムーズに行えなくなります。水分不足は、脱水状態や熱中症の原因になりますが、清涼飲料水ばかり摂取すると糖分過多になるため、スポーツドリンクなどを適宜飲むようにしましょう。もちろんスポーツドリンクも過剰に摂らないように注意を。

夏バテ知らずの体を作る、ビタミンやミネラルが豊富な食材を知ろう

食生活においては5大栄養素の中でもたんぱく質とビタミンが豊富な食材を摂取し、3食バランス良く食べることを心がけましょう。

  • ●野菜
    夏野菜には、紫外線から身を守るための抗酸化作用のあるβ-カロテンの他にも、ポリフェノール類やビタミンC、ビタミンEが豊富に含まれています。また、水分やカリウムも多く含み、水分を補いつつカリウムの利尿作用により、熱を持った体を冷やしてくれる役割もあります。

    トマト、きゅうり、なす、ズッキーニ、トウモロコシなど
  • ●果物
    体内の水分を調節する役割を持つカリウムを豊富に含むのが、夏の果物。特に、水に溶けやすいカリウムを生のまま食べることができる果物は、夏バテ防止が期待できる食材です。

    スイカ、バナナ、メロン、桃、パイナップルなど
  • ●魚介
    漁獲量の多い旬の魚には、たんぱく質や、代謝に必要な酵素の働きを助けるビタミンB群が豊富に含まれています。

    アジ、タコ、アナゴなど

夏休みのお悩みごと解決メニューをご紹介

●体を冷やす食べ物を食べがちな夏に、栄養価も摂れるような肉料理

  • ・甘辛豚丼
    しょうゆとみりんで甘辛く味つけ。
  • ・塩ネギ豚丼
    顆粒中華だしで味つけ。
  • ・スタミナ豚ニラ丼
    ニラと豚肉をオイスターソースで味つけ。
★ポイント
炒めるだけで簡単な豚丼はお昼ご飯にぴったりな上に、ビタミンB1が豊富!
どれもお好みでニンニクを加えてもおいしいです(アリシンの補給にも)。

●主菜に合う、ビタミン、ミネラル豊富な副菜(きゅうり、トマト、ズッキーニ、なす などの夏野菜)

  • ・きゅうりとトマトの塩昆布和え
    ・夏野菜の焼きびたし

    なすやズッキーニ、パプリカなどを焼き、だし+しょうゆ+みりんの調味液に浸す。
  • ・きゅうりとタコのマリネ
    ・レンジで簡単!なすの田楽風

    なすの皮に切り込みを入れてラップに包み、電子レンジ600Wで2分ほど加熱。
    冷まして乱切りや輪切りにし、みそ+砂糖+みりんで和える。
  • ・ズッキーニのナムル
    ズッキーニをスライサーで輪切りにし、電子レンジ600Wで2〜3分加熱、ごま油+顆粒中華だしで和える。

●栄養が不足しがちな夏に、いろいろな栄養がとれる料理

  • ・イワシの蒲焼き丼
    イワシに小麦粉をまぶして焼き、タレを絡める。
★ポイント
イワシからDHAやEPAが摂れます。大葉をのせるとさっぱり食べられます。
  • ・鮭の包み焼き
    キャベツやキノコ、にんじんなどの野菜の上に鮭の切り身を乗せてアルミホイルで包んで蒸し焼きに。味つけはみそならちゃんちゃん焼き風に、バター醤油なら子供も好きな味つけに。キャベツをちぎったり、アルミホイルで包む作業は親子で楽しめるのでおすすめ。鮭でなくても、タラやカレイでもおいしいです。
  • ・白身魚のパン粉チーズ焼き
    粉チーズとパン粉を混ぜ、白身魚の上に振りかけて軽く押しつけ、オーブンでこんがりするまで焼く。

●魚料理に合う副菜

  • ・タコとわかめの酢の物(きゅうりなどを加えても◎)
    ・「だし」がけ冷奴(山形の郷土料理「だし」をかけた冷奴)

    きゅうりやなす、大葉、みょうがなどを刻み、しょうゆやめんつゆで味つけする。とろろ昆布やかつお節、オクラなどを入れても良いですね。
  • ・ひじき入り白和え
    ほうれん草や小松菜などの葉物の白和え。水切りした豆腐とみそで和え衣を作る。このとき、ゆでてつぶしたさつまいもを混ぜると、砂糖を使わなくても甘みが出て豆腐の水分を吸収して水っぽくなるのを防いでくれます。水で戻してサッとゆでたひじきを混ぜる。

●冷たいおやつに代わるデザート

  • ・冷やし焼き芋
    焼き芋を冷やして食べる。食物繊維も摂取できます。
  • ・フローズンヨーグルト
    水切りしたヨーグルトを凍らせる。お好みの果物を混ぜても。
  • ・手作りジュース
    果汁搾り器やジューサーで、親子一緒にジュースを作る。ゼリーや寒天にしても。

●親御さんが仕事で昼間不在の場合の作り置きメニュー

  • ・彩り野菜のピクルス
    きゅうり、ミニトマト、大根、パプリカなどの野菜を甘酢で漬ける。この際、きれいに洗い乾燥させた容器に密閉して冷蔵保存すれば、3〜4日は食べられる。食べる量だけ、きれいな箸やスプーンでとりわけること。
  • ・アジの南蛮漬け
    アジに片栗粉をまぶして揚げ焼きにし、玉ねぎ、にんじん、ピーマンなどの野菜を千切りにして甘酢で漬ける。鶏むね肉でも。

●さっと作りたい時の時短メニュー

  • ・肉や魚の下味冷凍
    生の肉や魚に生姜焼きやみそ焼きなどの味つけをしてフリーザーバッグに入れて冷凍しておく。朝、その日の晩に使うものを冷蔵庫に入れ替え、帰宅後に焼くだけ。
  • ・カオマンガイ風
    洗ったお米にしょうゆ、オイスターソース、顆粒中華だしを入れて鶏むね肉をのせ、炊飯する。みじん切りにしたネギ、しょうゆ、酢で作ったタレをかける。
  • ・バター醤油キノコ
    お好みのキノコを裂いて耐熱ボウルに入れ、しょうゆ、バターを入れて電子レンジ600Wで3分ほど加熱。

夏バテの原因は単に食欲の減退からくるものではなく、ビタミンやたんぱく質不足から起こるもの。手間のかかる料理でなくても必要な栄養を摂れるレシピで酷暑を乗り越え、元気に新学期を迎えたいですね。

関連記事

 
  • 食育

<野菜ソムリエが伝授> 思春期の体調管理や集中力アップにおすすめの ”野菜のチカラ”で新学期に備えよう!

毎日何気なく食べている野菜にはさまざまなチカラがあることを知っていますか。野菜が苦手な子どもも多いですが、勉強やスポーツへの集中力をアップしてくれるなど、中高生にとって大切な栄養を多く含んでいますので、毎日たっぷり摂りたいですね。野菜ソムリエPro.として日本野菜ソムリエ協会認定料理教室を主宰し、高校生と春から中学生の子どもを持つお母さんでもある安部加代子さんに、“野菜のチカラ”や、“子どもにおいしく野菜を食べさせるコツ”などについて伺いました。

 
  • 食材

カルシウムだけじゃない!日本乳業協会に聞いた「牛乳」の歴史や魅力とは

私たちが日頃飲んでいる「牛乳」。日本ではいつから飲み始められたか知っていますか?牛乳の歴史は諸説ありますが、約1万年前に始まり、日本でも飛鳥時代には飲まれていたとされています。カルシウムやたんぱく質、ビタミンなどをバランスよく含み、高い栄養価を持つ牛乳は、当時は薬とされ、大変貴重なものでした。日本で牛乳が広まった歴史や、生産量の移り変わり、そして目的に合わせたおすすめの飲み方について、牛乳をよく知る専門家、一般社団法人日本乳業協会にお話を伺いました。

 
  • 食育

子どもが嫌いな野菜の5つの特徴と野菜が美味しく食べられる料理のコツ!

「うちの子、今日もまったく野菜を食べてくれなくて…」「どうしたら野菜を食べてくれるんだろう…」。野菜が苦手で食べようとしない子どもに、悩んでいるパパやママは多いことでしょう。ビタミン・ミネラル・食物繊維などが豊富に含まれている野菜は、子どもの健やかな成長のためにも不可欠と言えます。また、野菜不足は代謝や免疫力の低下、便秘など、さまざまな症状の原因になりやすいため、何とか克服したいものです。そこで今回は、子どもが嫌がる野菜の特徴と、子どもが野菜を少しでも喜んで食べてくれる料理のコツについてお伝えします。


その他の記事

 
  • 食育

【管理栄養士監修】料理の味を安定させるだけじゃない!?調味料を計量する大切さとは!

調味料の正しい計量方法は意外と細かくは知らない人も多いのではないでしょうか?カモンハウス会員の皆様よりコメント投稿いただいている「トークのお部屋」のテーマ“悩んだことのある「レシピ語」と対応した方法をお教えください!”には、「味付けに失敗した経験がある」、「そもそもなぜ計量することが大事なのかわからない」「適量とは?」など、様々なご意見が寄せられました。そこで、調味料の計量は、料理を美味しくすることはもちろん、塩分や糖質など健康への影響にも重要ということや、計量の正しい方法について、管理栄養士の亀崎智子さんに教えていただきます。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】偏食になりがちな夏休みの食生活の工夫を食育マスターの健康メニューで乗り越える!

お子さまが偏食により体調を崩したり、3食の準備など夏休みならではのお悩みをお持ちのご家庭も多いのではないでしょうか。「カモンハウス会員」の皆さまにご協力いただいた、みんなのオープンデータ第8回「夏休みの過ごし方」のアンケート結果でも、「冷たいジュースやアイスなど間食が増える」「暑くて食欲が落ちてしまい、食べたいものが思いつかない」などの回答が多く寄せられました。そこで今回は“夏に不足しがちな栄養素とその影響”の観点から、悩みごとに適したメニューを管理栄養士の荒井名南さんに紹介していだだきます。

 
  • 食育

【和食文化継承リーダーが伝授】海のミネラルたっぷりな“昆布”や“わかめ”をいただく夏のおすすめメニュー

2022年7月18日は「海の日」。海に囲まれ、海の恩恵を受けながら発展してきた日本ならではの祝日です。海の栄養をたっぷり含んだ食材といえば海藻類。“昆布”は7〜9月が収穫期で、この時期は生でいただけるほか、乾燥させて出汁昆布として用いる和食の基本でもあります。“わかめ”はサラダなど生食やお味噌汁の具材として、海藻類の中でも最も食卓に上る食材です。今回は“昆布”や“わかめ”に含まれる“栄養素と体への働きかけ”、“美味しさと栄養素がアップする夏のおすすめメニュー”などを和食文化継承リーダーとしても活躍されている野口知恵さんに伺いました。

 
  • 食育

毎日の食卓でできるエコにチャレンジ 第6弾は「家庭でできる温暖化対策をしてみよう!」

6月5日は「世界環境デー」。この日は世界の人々が一致団結して地球の未来について考え、行動を再認識する日です。日本は2021年4月に2030年度において温室効果ガスを2013年度から46%削減することを目指すと表明。これから電力消費が高まる夏を迎えるタイミングに、電気代の節約や、ご家族の健康という側面から、ご家庭でできる温暖化対策に取り組んでみませんか?

 
  • 食育

管理栄養士もびっくり!“カモンハウス会員”の皆さまにご投稿いただいた、多彩な「カレー・シチューのアレンジメニュー」をご紹介!

カモンハウスの「トークのお部屋」では、さまざまな「トークテーマ」に対し、会員の皆さまからコメントを投稿いただいています。今回は、2021年6月から開催している『カレー・シチューの「アレンジメニュー」大募集!』 のテーマから、思わず真似したくなるようなアイディアと、管理栄養士のアレンジレシピをご紹介します!