from ハウス

  • 健康

【管理栄養士監修】夏の時期は特に知っておきたい!身近な食材を使った食中毒予防の方法

【管理栄養士監修】夏の時期は特に知っておきたい!身近な食材を使った食中毒予防の方法

気温や湿度が高くなるこの時期、心配になるのは食品が傷まないかどうか。コロナ禍で外食を控えることで、自炊派の方も増えたのではないでしょうか? 夏にかけて、特に食中毒予防のためにも食材が傷まないように工夫して料理を作ることが大切になります。
そこで今回は、食中毒予防のための”殺菌・防腐作用”のある食材や活用方法などをご紹介します。

食中毒はどうして起こる?

“食中毒”と聞くとどのようなものをイメージしますか?恐らくO157やサルモネラ菌による下痢や腹痛、発熱などでしょうか。食中毒は原因を1つに絞ることができません。そこで、まずは代表的な食中毒の原因についてお伝えします。

●食中毒が起こってしまう原因

食中毒の原因は、主にウイルス性と細菌性の2種類に分類できます。元々、その食べ物にウイルスや細菌が付着していたり、途中から付着したウイルスなどがさまざまな要因により増殖したりすることで、体の中に入って悪さをします。

ちなみに、厚生労働省の発表によると、令和2年に起きた食中毒の原因の約65%が細菌、約25%がウイルス由来といわれています。(注1)
細菌性は6~8月の夏場に多く発生し、ウイルス性は12月~3月の冬場に多く発生します。

食中毒の代表的な症状としては、吐き気や頭痛、下痢、腹痛、発熱などです。しかし、このような症状や食べてから発症するまでの時間は、食中毒の原因によって異なります。食中毒と一口に言っても、症状が軽い場合もあれば、命に関わるほど危険な場合もあるため、まずは食中毒にならないための予防が大切です。

食中毒の代表的な種類

<細菌>
  1. サルモネラ菌
    原因:加熱が不十分な卵や肉、魚など
    特徴:乾燥に強く、熱に弱い
    発症するまでの時間:食後6~48時間
  2. 黄色ブドウ球菌
    原因:調理をする人の手によって汚染されたおにぎりやお弁当、サンドウィッチなど
    特徴:熱に強い
    発症するまでの時間:食後30分~6時間
  3. 腸管出血性大腸菌(O157など)
    原因:加熱不十分な肉や洗浄不十分な野菜、井戸水など
    特徴:菌の種類は複数あるが、十分な加熱で防げる
    発症するまでの時間:食後12~60時間
<ウイルス>
  1. ノロウイルス
    原因:加熱不十分な牡蠣やあさり、しじみなどの2枚貝など
    特徴:熱に弱く、1分以上の加熱(85℃以上)で防げる
    発症するまでの時間:食後1~2日
  2. ロタウイルス
    原因:特に、二枚貝が多いが、原因は特定されないことが多い
    特徴:約1週間は便の中に排泄される
    発症するまでの時間:食後2~4日
  3. アデノウイルス
    原因:便にいるウイルスが付着した手を介して経口感染
    特徴:3歳以下の乳幼児が感染することが多い
    発症するまでの時間:食後3~10日

食中毒予防のために知っておきたいこと

食中毒は私たちがポイントを押さえて、注意をすることで高い確率で防ぐことができる病気です。とても簡単ですぐに取り入れることができるものも多いので、ぜひ試してみてくださいね。

●食中毒予防の3原則「付けない・増やさない・殺す」

食中毒は細菌やウイルスが付着した食べ物が体の中に入ってきて、悪さをすることで発症します。そのため、食中毒を予防するためには、以下のことを行うことが重要であるといわれています。

  1. 細菌などを食べ物に『付けない』
  2. 食べ物に付着した細菌などを『増やさない』
  3. 食べ物や調理器具などに付着した細菌などを『殺す』

ただし、ウイルスに関しては、食べ物に付着して増えるということがありません。そのため、ウイルスによる予防には調理場などへ「持ち込まない」「広げない」ことも重要です。

こうして聞くと難しく感じられるかもしれませんが、すぐにできることなので、意識して行動に移しましょう。

では、具体的にどのようなことをすればよいのかというと、食べ物を触る前にしっかりと手を洗ったり、食べ物(洗えるもの)や調理器具を清潔に保ったり、肉や魚を他の食材とは別に保管したりするとよいでしょう。そして、調理する時には、食材の中心までしっかりと火が通るように加熱することが大切です。
加えて、生ものや調理したものはできるだけ早く食べましょう。すぐに食べられない場合には、冷蔵庫などの細菌やウイルスが増えにくい低温での保存が効果的です。

● 傷みやすい食材について

食中毒予防に気をつけていても、食材選びを間違えてしまうと、特に気温の高い夏には、食中毒を引き起こすリスクが高まります。特に、夏のお弁当などにも避けた方がよい傷みやすい食材をご紹介します。

生野菜や非加熱の練り物(ハム、チーズ)などは傷みやすいため、使用する場合には、しっかりと加熱をしましょう。そして、加熱が不十分な半熟の卵料理も避けることをおすすめします。
また、煮物のように水分量が多いメニューは傷みやすいため、あまりおすすめしませんが、もし入れる場合は汁気を切って、水分を飛ばしましょう。煮物によく使用されるじゃがいもや里芋などの芋類はでんぷん質が多く菌が増殖しやすいため、避ける方が望ましいです。

食中毒予防に欠かせない栄養成分がある!?

傷みやすい食材は避けつつ、食中毒予防になる栄養素を豊富に含む食材を活用しましょう。

●食中毒予防に玉ねぎが使える?アリシンを豊富に含む食材について

硫化アリルの一種である“アリシン”には、強い殺菌効果があるといわれます。そのため、昔から食中毒予防の薬味として使用されていました。
アリシンは、にんにくや玉ねぎの独特の香りや辛みのもととなる成分であるため、簡単に取り入れることができます。他にも、ねぎやニラ、あさつきなどにも豊富に含まれています。

●クエン酸や酢酸などの有機酸を豊富に含む食材について

日の丸弁当の象徴である梅干しに豊富に含まれているクエン酸や、酢に含まれている酢酸は有機酸を豊富に含むため、食材が傷むのを防ぐ働きがあります。

●その他の食中毒予防に期待できる成分について

他にも、お茶の苦み成分で有名なカテキンや生姜の辛み成分であるジンゲロール・ショウガオールなども食中毒予防が期待できます。
加えて、使用する習慣は少ないかもしれませんが、クレソンやセージ、ペパーミントなどのハーブやスパイスなども上手に活用できるとよいでしょう。

食中毒予防が期待できる食材活用方法

玉ねぎなどに多く含まれるアリシンは、水に長時間さらすと成分が流れ出てしまい、熱にも弱いことから、生のまま食べるのがおすすめです。殺菌効果を効率よく摂取する際には、細かく刻むか、すりおろすなどして薬味として食べるのが効果的です。また、油でコーティングすると成分が損なわれにくくなるため、辛味が苦手な方はオリーブオイルやドレッシングと合わせて食べるのがよいでしょう。

夏は暑くて食欲が減退してしまうこともあり、食欲増進のために酸味が欲しくなる季節でもあります。そのため、梅干しや酢を使用した酢の物やマリネなどの和え物、肉や魚の甘酢漬けなどが傷みにくくてよいでしょう。
お弁当の場合には、ごはんの上に梅干しをのせることは食中毒予防の面からみてもおすすめです。また、お弁当箱に詰める前に、酢でお弁当箱を拭き上げることもよい予防法です。

食中毒予防のためにすぐに取り入れてできること、これからの時期は特に食中毒予防の3原則を意識しながら、にんにくや玉ねぎ、梅干し、酢などを上手に活用してみてはいかかがでしょうか?

関連記事

 
  • 健康

夏でも注意したい、専門家に聞いた「冷え症」を改善する知恵と食生活

冷房の効きすぎや、気温が下がることで、手足や腰などの冷えに悩む人も多いのではないでしょうか。昔から「冷えは万病のもと」と言われているように、頭痛や肩こり、便秘、不眠、生理痛など身体の不調や病気を引き起こすきっかけにもなります。これだけ多くの人が悩んでいるにもかかわらず、「冷え症」とはそもそもどういう状態なのか、なぜ起きるのかはあまり知られていません。冷え症について正しく理解するために、冷え症研究の第一人者である横浜市立大学の中村幸代先生にうかがいました。

 
  • 健康

30年後の体や脳を守るため!知っておきたい「血糖値スパイク」を抑える対策とは?

「血糖値スパイク」という言葉を聞いたことがありますか? 食後に血糖値が急上昇するという、朝食抜きで採血をする健康診断では見つからないやっかいな異常として注目されています。最新の研究では、血糖値スパイクを放置していると心臓病やがん、そして認知症を生じやすいこともわかってきています。血糖値スパイクとその予防について、大阪大学大学院医学系研究科 臨床遺伝子治療学の武田朱公(しゅこう)准教授にお話をうかがいました。

 
  • 健康

健康をサポート!毎日摂りたい種類豊富で栄養価の高い「スーパーフード」とは?

アサイー、キヌア、チアシード、モリンガ……これらを聞いたことや食べたことはありませんか?これらはいずれも「スーパーフード」と呼ばれています。数年前から話題となり始め、今やスーパーマーケットの店頭にも並び、ものによっては気軽に手に入るようになりました。とはいえ、実はその歴史や効果についてよく知らないという人も。ブームが定着化しつつある今だからこそ、あらためてスーパーフードの種類や効果などの基礎知識をご紹介いたします。病気予防、美肌作りなどのために取り入れたいスーパーフード、そのパワーの秘密とは!?


その他の記事

 
  • 食育

【管理栄養士監修】料理の味を安定させるだけじゃない!?調味料を計量する大切さとは!

調味料の正しい計量方法は意外と細かくは知らない人も多いのではないでしょうか?カモンハウス会員の皆様よりコメント投稿いただいている「トークのお部屋」のテーマ“悩んだことのある「レシピ語」と対応した方法をお教えください!”には、「味付けに失敗した経験がある」、「そもそもなぜ計量することが大事なのかわからない」「適量とは?」など、様々なご意見が寄せられました。そこで、調味料の計量は、料理を美味しくすることはもちろん、塩分や糖質など健康への影響にも重要ということや、計量の正しい方法について、管理栄養士の亀崎智子さんに教えていただきます。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】偏食になりがちな夏休みの食生活の工夫を食育マスターの健康メニューで乗り越える!

お子さまが偏食により体調を崩したり、3食の準備など夏休みならではのお悩みをお持ちのご家庭も多いのではないでしょうか。「カモンハウス会員」の皆さまにご協力いただいた、みんなのオープンデータ第8回「夏休みの過ごし方」のアンケート結果でも、「冷たいジュースやアイスなど間食が増える」「暑くて食欲が落ちてしまい、食べたいものが思いつかない」などの回答が多く寄せられました。そこで今回は“夏に不足しがちな栄養素とその影響”の観点から、悩みごとに適したメニューを管理栄養士の荒井名南さんに紹介していだだきます。

 
  • 食育

【和食文化継承リーダーが伝授】海のミネラルたっぷりな“昆布”や“わかめ”をいただく夏のおすすめメニュー

2022年7月18日は「海の日」。海に囲まれ、海の恩恵を受けながら発展してきた日本ならではの祝日です。海の栄養をたっぷり含んだ食材といえば海藻類。“昆布”は7〜9月が収穫期で、この時期は生でいただけるほか、乾燥させて出汁昆布として用いる和食の基本でもあります。“わかめ”はサラダなど生食やお味噌汁の具材として、海藻類の中でも最も食卓に上る食材です。今回は“昆布”や“わかめ”に含まれる“栄養素と体への働きかけ”、“美味しさと栄養素がアップする夏のおすすめメニュー”などを和食文化継承リーダーとしても活躍されている野口知恵さんに伺いました。

 
  • 食育

毎日の食卓でできるエコにチャレンジ 第6弾は「家庭でできる温暖化対策をしてみよう!」

6月5日は「世界環境デー」。この日は世界の人々が一致団結して地球の未来について考え、行動を再認識する日です。日本は2021年4月に2030年度において温室効果ガスを2013年度から46%削減することを目指すと表明。これから電力消費が高まる夏を迎えるタイミングに、電気代の節約や、ご家族の健康という側面から、ご家庭でできる温暖化対策に取り組んでみませんか?

 
  • 食育

管理栄養士もびっくり!“カモンハウス会員”の皆さまにご投稿いただいた、多彩な「カレー・シチューのアレンジメニュー」をご紹介!

カモンハウスの「トークのお部屋」では、さまざまな「トークテーマ」に対し、会員の皆さまからコメントを投稿いただいています。今回は、2021年6月から開催している『カレー・シチューの「アレンジメニュー」大募集!』 のテーマから、思わず真似したくなるようなアイディアと、管理栄養士のアレンジレシピをご紹介します!