from ハウス

  • 食育

管理栄養士に聞いた!“鶏肉”と“卵”のたんぱく質を上手に取り入れて、からだづくりに役立てるコツ

管理栄養士に聞いた!“鶏肉”と“卵”のたんぱく質を上手に取り入れて、からだづくりに役立てるコツ

もうすぐクリスマス。定番料理の一つでもある「ローストチキン」を楽しまれる方も多いのではないでしょうか。そこで、今回は“鶏肉”がクリスマスに食べられるようになった理由から、子にあたる“卵”についても各部位の栄養素や、おいしく賢く食べられるおすすめメニューをご紹介します。

“鶏肉”や“卵”は、たんぱく質が豊富なことでも知られている代表食材ですが、ほかにもからだづくりに大切な栄養がたくさん含まれています。

“鶏肉”と“卵”の特徴や違いを知って、日頃のからだづくりに役立ててみてくださいね♪

クリスマスにローストチキン(鶏肉)を食べるのはなぜ?

12月25日のクリスマスはイエスキリストの誕生日。キリスト教信仰者の多い欧米では、この12月25日や前日の12月24日(聖夜)を豪華な食事で祝い、中世ヨーロッパでは豚や羊を食べて感謝の意を表していたそうです。その後、ヨーロッパからアメリカに渡った開拓民が食料の調達に苦労していたところに、先住民から七面鳥の施しを受けたことから、ローストターキーをシェアして食べる習慣がはじまったといわれています。

1匹まるごとローストすると大勢で分け合え、お腹を満たせることがイエスキリストの教えとも重なり、聖夜を祝う料理としてふさわしかったのでしょう。今ではローストターキーのほかにもローストビーフやハムなど、同じようにみんなで切り分けて食べるご馳走がクリスマス料理として定着しています。

日本では、明治以降にクリスマスを祝う文化が普及。しかしアメリカとは違い、七面鳥は入手が困難だったことや、日本の台所事情では大きすぎてローストしにくいなどの理由から、手ごろで調理しやすい“鶏肉”をローストして食べる習慣が広まりました。

“鶏肉”と“卵”は親子だけど栄養素は違う?!

“鶏肉”と“卵”には、からだづくりに欠かせない栄養素がたくさん含まれています。それぞれに含まれる栄養素や特に多く含まれる部位などをご紹介します。

<“鶏肉”と“卵”の両方に含まれる栄養素>

  • ●たんぱく質
    肌や筋肉、髪、爪など、からだをつくる大切な栄養素です。ささみや、むね肉は特に多く含まれます。
  • ●ビタミンB2
    皮膚や粘膜の健康を保つので、冬の乾燥する季節には積極的に摂ると良い栄養素です。

<“鶏肉”に含まれる栄養素>

  • ●ビタミンK
    ビタミンのなかでも油に溶けやすい脂溶性ビタミンで、止血(血液凝固)や骨の健康を維持する効果を持ちます。特に皮つきの“鶏肉”に多く含まれます。
  • ●ビタミンB6
    からだをつくるたんぱく質の代謝を助ける働きがあります。ささみ、むね肉に豊富に含まれます。
  • ●亜鉛
    味覚を正常に保ち、たんぱく質の代謝にも関わります。日本人に不足しがちなミネラルを効率よく摂るには、もも肉と手羽先がおすすめです。
  • ●パントテン酸
    善玉コレステロールを増やすほか、ホルモンや抗体の合成や生成にも関わっています。
  • ●イミダペプチド
    むね肉に含まれるイミダペプチドは疲労を回復させ、脳の老化改善にも効果があるとされています。

<“卵”に含まれる栄養素>

  • ●ビタミンA
    目や皮膚の粘膜を健康に保ったり、抵抗力を強めたりする働きがあるビタミンです。
  • ●ビタミンD
    カルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助けるので、成長期だけでなく、すべての世代で積極的に摂りたいビタミンです。
  • ●ビタミンE
    抗酸化作用により、体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける栄養素です。
  • ●コリン
    脳の働きを活性化し、認知機能維持に効果があるといわれています。

“鶏肉”と“卵”のおいしい食べ方

“鶏肉”の部位や“卵”の黄身と白身は、それぞれの特質を生かした用途や料理方法があります。ここでは、おいしく食べられる「おすすめメニュー」を紹介しましょう。

<“鶏肉”の部位別おすすめメニュー>

  • ●もも肉
    脂質が適度にありジューシーなもも肉は、から揚げ・焼鳥・ソテー・煮込み料理・スープなど幅広い料理で活躍してくれます。
  • ●むね肉
    脂質が少なくあっさりしているむね肉は、加熱しすぎるとパサつきやすいので気をつけましょう。塩麹や味噌などと合わせるとお肉が柔らかくなり、おいしく仕上げることができます。おすすめメニューには、野菜と一緒に食べる蒸し鶏やサラダチキンのほか、子どもにも大人にも人気のから揚げなどが挙げられます。
  • ●ささみ
    脂質が少なくてパサつく印象のあるささみですが、お酒をふって加熱することでジューシーに仕上げることができます。カツや蒸し鶏、ほぐしてサラダのトッピングにするのもおすすめです。
  • ●手羽先(手羽元)
    脂質があり、うま味もたっぷりでジューシーな手羽先。出汁がよく出るので、煮込んでスープをつくるのもよいでしょう。から揚げ・スープ・焼き物・煮物など、幅広くご利用いただけます。

<“卵”の使い分けおすすめメニュー>

  • ●全卵
    バランスのよい味わいで、ゆで卵や卵焼き・ケーキのスポンジなど、幅広いメニューに使うことができます。
  • ●卵黄
    コクがあるので、カスタードクリームやカルボナーラがおすすめ。お肉や魚の照り焼き丼などにのせて食べると味がマイルドになります。
  • ●卵白
    起泡性が高いので、しっかり泡立てて使うと、ふわふわのオムレツやパンケーキをつくることができます。エビにしっかりもみ込んで調理するとプリプリの食感になったり、スープに入れたりしてもおいしく味わえます。

卵黄はビタミンAやビタミンB群・ビタミンDが多く含まれ、卵白は低脂質で高たんぱく。“卵”の大きさが変わっても卵黄の大きさはほぼ同じで、卵白の重さが異なることも、豆知識として覚えておきましょう。

組み合わせ次第で栄養アップ!効率よく食べる方法は?

“鶏肉”と“卵”の栄養素を上手に組み合わせて食べることで、バランスよく、効率よく栄養を摂ることができます。

たとえば、手羽先や手羽元にはコラーゲンがいっぱい含まれているので、コラーゲンの吸収を助けてくれるビタミンCが豊富なイモ類と一緒に料理すると、効率よくコラーゲンを摂取することができます。
“鶏肉”に含まれるビタミンKは、カルシウムと一緒に摂ると効率がよいので、“鶏肉”のクリーム煮は優秀な組み合わせです。

“卵”は、ビタミンCと食物繊維が多いサツマイモを使ったポテトサラダにしたり、きのこ(食物繊維)とピーマン(ビタミンC)のオムレツ
などにすると、効率よく栄養素を補うことができます。

また、運動後はたんぱく質の摂取に効果的です。からだが積極的にエネルギーを回復しようとするため、運動後およそ30分から1時間を目安にたんぱく質を摂取するとよいでしょう。スポーツをする方は、ゆで卵などを持ち運びやすいものを用意するのもおすすめです。

いかがでしたか?普段の食卓でも馴染み深い“鶏肉”と“卵”ですが、部位を使い分けたり、組み合わせを工夫したり、ご紹介した内容を参考に、上手にメニューに取り入れてみてくださいね。

関連記事

 
  • 食育

<野菜ソムリエが伝授> 思春期の体調管理や集中力アップにおすすめの ”野菜のチカラ”で新学期に備えよう!

毎日何気なく食べている野菜にはさまざまなチカラがあることを知っていますか。野菜が苦手な子どもも多いですが、勉強やスポーツへの集中力をアップしてくれるなど、中高生にとって大切な栄養を多く含んでいますので、毎日たっぷり摂りたいですね。野菜ソムリエPro.として日本野菜ソムリエ協会認定料理教室を主宰し、高校生と春から中学生の子どもを持つお母さんでもある安部加代子さんに、“野菜のチカラ”や、“子どもにおいしく野菜を食べさせるコツ”などについて伺いました。

 
  • 食材

カルシウムだけじゃない!日本乳業協会に聞いた「牛乳」の歴史や魅力とは

私たちが日頃飲んでいる「牛乳」。日本ではいつから飲み始められたか知っていますか?牛乳の歴史は諸説ありますが、約1万年前に始まり、日本でも飛鳥時代には飲まれていたとされています。カルシウムやたんぱく質、ビタミンなどをバランスよく含み、高い栄養価を持つ牛乳は、当時は薬とされ、大変貴重なものでした。日本で牛乳が広まった歴史や、生産量の移り変わり、そして目的に合わせたおすすめの飲み方について、牛乳をよく知る専門家、一般社団法人日本乳業協会にお話を伺いました。

 
  • 食育

子どもが嫌いな野菜の5つの特徴と野菜が美味しく食べられる料理のコツ!

「うちの子、今日もまったく野菜を食べてくれなくて…」「どうしたら野菜を食べてくれるんだろう…」。野菜が苦手で食べようとしない子どもに、悩んでいるパパやママは多いことでしょう。ビタミン・ミネラル・食物繊維などが豊富に含まれている野菜は、子どもの健やかな成長のためにも不可欠と言えます。また、野菜不足は代謝や免疫力の低下、便秘など、さまざまな症状の原因になりやすいため、何とか克服したいものです。そこで今回は、子どもが嫌がる野菜の特徴と、子どもが野菜を少しでも喜んで食べてくれる料理のコツについてお伝えします。


その他の記事

 
  • 食育

【10月は食品ロス削減月間】親子で取り組めば楽しくできる!身近なSDGs「食品ロス削減」チャレンジのアイデア

持続可能で、よりよい世界を目指す国際目標「SDGs」。2030年までに達成すべき17のゴールが設定されていますが、その中でも限られた地球の資源を守るために「つくる責任 つかう責任」という目標が掲げられています。「食品ロス削減」は、私たちの暮らしの中で身近に取り組める課題です。年間を通して大切な取り組みですが、特に日本国内では、農林水産省・消費者庁・環境省が連携し、10月は「食品ロス削減月間」として啓発しています。そこで今回は、「食品ロス削減」月間にちなみ、親子で楽しく「食品ロス削減」に取り組むことができる3つのアイデアと、ハウス食品グループが推進する「食品ロス削減」3つの取り組みについてご紹介します。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】代替肉“大豆ミート”が世界を救う?特長や食べ方を知っておいしく持続可能な未来づくりを!

まるで、お肉のような食感を楽しめる大豆加工食品の“大豆ミート”。近年、その市場は拡大傾向にあり、10年以内には肉全体の約10%を“大豆ミート”が占めるという試算が発表されるなど、世界的に“大豆ミート”の注目度が高まっています。日本でもここ数年の間に多くの大手食品メーカーから“大豆ミート”の製品が販売されるようになり、スーパーなどで気軽に入手できるようになりました(注1)。“大豆ミート”の市場が拡大した背景には、健康によい食品としての側面だけでなく、地球にやさしい食材を選択する価値観や考え方への社会的な関心の広がりがあるようです。そこで今回は、“大豆ミート”の魅力をはじめ、そのメリットや使い方などをご紹介します。

 
  • イベント

【イベント実施報告】2022年夏休み企画!オンラインで「ハウス食品 静岡工場」を見学!製品の製造工程や様々な工夫を発見!

2022年7月に募集し、2022年8月9日に開催しました「オンライン工場見学」についてレポートいたします。多数ご応募いただいた方の中から当選されたご家族の皆さまには、レトルトカレーととんがりコーンの製造工程の見学やクイズコーナーなど、ご家族でお楽しみいただきました。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】料理の味を安定させるだけじゃない!?調味料を計量する大切さとは!

調味料の正しい計量方法は意外と細かくは知らない人も多いのではないでしょうか?カモンハウス会員の皆さまよりコメント投稿いただいている「トークのお部屋」のテーマ“悩んだことのある「レシピ語」と対応した方法をお教えください!”には、「味付けに失敗した経験がある」、「そもそもなぜ計量することが大事なのかわからない」「適量とは?」など、様々なご意見が寄せられました。そこで、調味料の計量は、料理を美味しくすることはもちろん、塩分や糖質など健康への影響にも重要ということや、計量の正しい方法について、管理栄養士の亀崎智子さんに教えていただきます。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】偏食になりがちな夏休みの食生活の工夫を食育マスターの健康メニューで乗り越える!

お子さまが偏食により体調を崩したり、3食の準備など夏休みならではのお悩みをお持ちのご家庭も多いのではないでしょうか。「カモンハウス会員」の皆さまにご協力いただいた、みんなのオープンデータ第8回「夏休みの過ごし方」のアンケート結果でも、「冷たいジュースやアイスなど間食が増える」「暑くて食欲が落ちてしまい、食べたいものが思いつかない」などの回答が多く寄せられました。そこで今回は“夏に不足しがちな栄養素とその影響”の観点から、悩みごとに適したメニューを管理栄養士の荒井名南さんに紹介していだだきます。