from ハウス

  • 食育

【管理栄養士監修】ハロウィーンに“かぼちゃ”を飾る理由とは?成長期にもうれしい栄養素や調理のコツ!

【管理栄養士監修】ハロウィーンに“かぼちゃ”を飾る理由とは?成長期にもうれしい栄養素や調理のコツ!

ハロウィーンの時期になると街中で見られる“かぼちゃ”の飾り。今ではおなじみの光景ですが、なぜ“かぼちゃ”が使われているのかご存知ですか?今回は、ハロウィーンと“かぼちゃ”の関係からひもとく文化の違いから、“かぼちゃ”の品種と特徴や栄養素、特に子どもの成長期に重要な炭水化物やビタミンB6の効果的な摂り方をご紹介します。

ハロウィーンと“かぼちゃ”の関係とは?

ハロウィーンは「死者が帰ってくる」「かがり火をたく」など、日本のお盆との共通点が多く、「西洋のお盆」とも言われています。その一方で、「悪霊を追い払う」というお盆にはない風習があることをご存知でしょうか?実は、ハロウィーンでよく見る“かぼちゃ”の飾りもそのひとつ。「ジャック・オー・ランタン」と呼ばれる“かぼちゃ”のランタンにかがり火を灯すことで、悪霊を怖がらせ追い払う意味があるそうです。

「ジャック・オー・ランタン」は一説によると、アイルランドの古い伝説が発祥とされています。その内容は、生前悪事ばかり働いたジャックという男が、死後天国にも地獄にも行けず、かぶをくりぬいたランタンを持ってこの世をさまよったというもの。この話から、もともとはかぶのランタンが飾られていましたが、その後この風習がアメリカに伝わると、収穫量が多い“かぼちゃ”で代用されるようになったと言われています。

日本で手に入る“かぼちゃ”の種類や特徴を比べてみよう!

日本で手に入る“かぼちゃ”は主に、「日本かぼちゃ」「西洋かぼちゃ」「ペポかぼちゃ」の3種類が存在します。ここでは、それぞれの代表的な品種や特徴を比較してみましょう。

<代表的な種類>

  • ●日本かぼちゃ
    “かぼちゃ”の語源となった品種。中央アメリカから南アメリカを原産とし、1500年代にポルトガル人がカンボジアの産物として日本に持ち込んだことから、“カンボジア”がなまって“かぼちゃ”と呼ばれるようになりました。代表的な品種には「日本かぼちゃ(黒皮かぼちゃ)」「バターナッツ」などがあります。
  • ●西洋かぼちゃ
    中央アメリカや南アメリカを原産とする品種。日本に伝わったのは19世紀ごろで、本格的に栽培されるようになったのは明治時代以降とされています。代表的な品種は「黒皮栗かぼちゃ」や、手のひらサイズの小さい「坊ちゃんかぼちゃ」など。
  • ●ペポかぼちゃ
    北アメリカ南部が原産で「西洋かぼちゃ」よりも少し遅れて日本に入ってきた品種。生のまま食べられる「ズッキーニ」や「そうめんかぼちゃ(金糸うり)」、ハロウィーンのランタンに使われる観賞用の「おばけかぼちゃ」などが有名です。

<見た目の特徴>

「日本かぼちゃ」は濃緑や黒色の果皮を持ち、溝は深くてゴツゴツしています。
「西洋かぼちゃ」は緑や深緑色の果皮のものが多く、溝が浅いのが特徴です。
「ペポかぼちゃ」は種類が多様で、流通しているものは黄緑や緑の果皮が一般的ですが、中には黄色やしま模様、細長いもの、UFO型など、ユニークな色や形の品種が存在します。

<味の特徴>

「日本かぼちゃ」は水分が多く、ねっとりした食感とあっさりとした甘さが特徴で、煮物などによく使われます。
「西洋かぼちゃ」は、加熱するとホクホクした食感が人気。中をくり抜いてプリンやグラタンにするなど、見た目も華やかでハロウィーンのパーティ用メニューにもぴったりです。
「ペポかぼちゃ」の食用かぼちゃは、生でも加熱しても食べることができます。例えば「ズッキーニ」は生で食べることができ、「そうめんかぼちゃ」は輪切りにして茹でると、あっさりとした味わいに。めんつゆや三杯酢と和えたり、炒め物やサラダにしたりして食べるのがおすすめです。

成長期にも欠かせない“かぼちゃ”の栄養素と期待できる効果

近年、子どもの便秘が問題視されており、厚生労働省が策定する「日本人の食事摂取基準」では、2015年版から子どもの食物繊維の目標量が新たに設定されました。(注1)また、成長期には必要なエネルギー量が多く、パンや米だけでなく、副菜からも炭水化物を摂ること、たんぱく質の代謝を助けるビタミンB6を摂取することが大切だと言われています。

食物繊維や炭水化物が豊富で、ビタミンB6も含まれている“かぼちゃ”は成長期の強い味方。“かぼちゃ”の代表的な栄養素と成長期に必要な栄養素を紹介します。

●“かぼちゃ”の代表的な栄養素とその働き

  • ・ビタミンA
    目や皮膚の粘膜を健康に保ったり、抵抗力を強めたりする働きがあるビタミンです。
  • ・ビタミンC
    皮膚やコラーゲンの合成に関わっているビタミンです。
  • ・ビタミンE
    脂質の酸化を抑え、血管を健康に保つほか、LDLコレステロールの酸化を抑制したり、赤血球の破壊を防いだりする作用も。細胞の酸化を防ぐため、老化防止にも効果があります。
  • ・葉酸
    ビタミンB12と一緒に赤血球を作るミネラル。また、DNAを作るサポートを行います。
  • ・カリウム
    ミネラルの一種で、塩分を排出する働きがあります。
  • ・モリブデン
    「血のミネラル」とも呼ばれ、造血に関わるほか、体内の有害物質を分解します。

●“かぼちゃ”に含まれる成長期に特に大切な栄養素

  • ・炭水化物
    生命維持のほか、成長期の体が発育するためのエネルギー源です。主食のほか、副菜でも摂ることが大切です。
  • ・食物繊維
    便通を促す働きをすることから、食事量の増える成長期に重要な栄養素です。
  • ・ビタミンB6
    “かぼちゃ”に含まれるビタミンB6は、量は多く含まれていないものの、成長期に体を作るたんぱく質の代謝を助ける働きがあり、たんぱく質と一緒に食べると効率的です。

おいしい“かぼちゃ”の選び方・食べ方・調理のコツ!

●おいしい“かぼちゃ”の選び方

果皮の表面がしっかり乾燥し、ヘタの切り口がコルク状になっているのは、糖度が高い“かぼちゃ”の印です。また、熟した“かぼちゃ”の種はふっくらしているものが多いことから、もしもカットされたものを買う場合は、タネを見て選ぶとよいでしょう。スーパーや八百屋で参考にしてみてください。

●栄養士おすすめの食べ方

“かぼちゃ”に含まれるビタミンB6は水溶性ビタミンのため、スープにすることで無駄なく栄養を摂取することができます。ビタミンB6にはたんぱく質の代謝を助ける働きもあり、お肉の入ったポトフや、豆腐の味噌汁と一緒に食べるとよいでしょう。

また、炭水化物は成長期において重要なエネルギー源となるため、主食のほか、副菜でも摂ることが好ましいとされています。主食にごはんや麺・パンが並んでいる場合でも、炭水化物が豊富な“かぼちゃ”のおかずを一品プラスするのがおすすめです。

例えばお肉や魚料理のときに、電子レンジで加熱した“かぼちゃ”や薄切りにして焼いた“かぼちゃ”を添えたり、ツナやミックスビーンズ、チーズなどと合わせた“かぼちゃ”サラダ(ポテトサラダの“かぼちゃ”バージョン)を副菜として食べることで、栄養を効率よく摂取することができます。

●調理のコツ!

“かぼちゃ”の皮は栄養豊富なため、剥かずに調理するのがおすすめです。ただし、煮物は皮をところどころ剥くことで味が染み込みやすくなります。煮崩れを防ぐには、しっかり面取りをしてから炊きましょう。

“かぼちゃ”は1年中手に入る身近な野菜であり、子どもの成長も助けてくれる栄養が豊富な野菜です。ハロウィーンの時期が終わっても、積極的に摂りたいですね!

関連記事

 
  • 食育

<野菜ソムリエが伝授> 思春期の体調管理や集中力アップにおすすめの ”野菜のチカラ”で新学期に備えよう!

毎日何気なく食べている野菜にはさまざまなチカラがあることを知っていますか。野菜が苦手な子どもも多いですが、勉強やスポーツへの集中力をアップしてくれるなど、中高生にとって大切な栄養を多く含んでいますので、毎日たっぷり摂りたいですね。野菜ソムリエPro.として日本野菜ソムリエ協会認定料理教室を主宰し、高校生と春から中学生の子どもを持つお母さんでもある安部加代子さんに、“野菜のチカラ”や、“子どもにおいしく野菜を食べさせるコツ”などについて伺いました。

 
  • 食材

カルシウムだけじゃない!日本乳業協会に聞いた「牛乳」の歴史や魅力とは

私たちが日頃飲んでいる「牛乳」。日本ではいつから飲み始められたか知っていますか?牛乳の歴史は諸説ありますが、約1万年前に始まり、日本でも飛鳥時代には飲まれていたとされています。カルシウムやたんぱく質、ビタミンなどをバランスよく含み、高い栄養価を持つ牛乳は、当時は薬とされ、大変貴重なものでした。日本で牛乳が広まった歴史や、生産量の移り変わり、そして目的に合わせたおすすめの飲み方について、牛乳をよく知る専門家、一般社団法人日本乳業協会にお話を伺いました。

 
  • 食育

子どもが嫌いな野菜の5つの特徴と野菜が美味しく食べられる料理のコツ!

「うちの子、今日もまったく野菜を食べてくれなくて…」「どうしたら野菜を食べてくれるんだろう…」。野菜が苦手で食べようとしない子どもに、悩んでいるパパやママは多いことでしょう。ビタミン・ミネラル・食物繊維などが豊富に含まれている野菜は、子どもの健やかな成長のためにも不可欠と言えます。また、野菜不足は代謝や免疫力の低下、便秘など、さまざまな症状の原因になりやすいため、何とか克服したいものです。そこで今回は、子どもが嫌がる野菜の特徴と、子どもが野菜を少しでも喜んで食べてくれる料理のコツについてお伝えします。


その他の記事

 
  • 食育

【10月は食品ロス削減月間】親子で取り組めば楽しくできる!身近なSDGs「食品ロス削減」チャレンジのアイデア

持続可能で、よりよい世界を目指す国際目標「SDGs」。2030年までに達成すべき17のゴールが設定されていますが、その中でも限られた地球の資源を守るために「つくる責任 つかう責任」という目標が掲げられています。「食品ロス削減」は、私たちの暮らしの中で身近に取り組める課題です。年間を通して大切な取り組みですが、特に日本国内では、農林水産省・消費者庁・環境省が連携し、10月は「食品ロス削減月間」として啓発しています。そこで今回は、「食品ロス削減」月間にちなみ、親子で楽しく「食品ロス削減」に取り組むことができる3つのアイデアと、ハウス食品グループが推進する「食品ロス削減」3つの取り組みについてご紹介します。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】代替肉“大豆ミート”が世界を救う?特長や食べ方を知っておいしく持続可能な未来づくりを!

まるで、お肉のような食感を楽しめる大豆加工食品の“大豆ミート”。近年、その市場は拡大傾向にあり、10年以内には肉全体の約10%を“大豆ミート”が占めるという試算が発表されるなど、世界的に“大豆ミート”の注目度が高まっています。日本でもここ数年の間に多くの大手食品メーカーから“大豆ミート”の製品が販売されるようになり、スーパーなどで気軽に入手できるようになりました(注1)。“大豆ミート”の市場が拡大した背景には、健康によい食品としての側面だけでなく、地球にやさしい食材を選択する価値観や考え方への社会的な関心の広がりがあるようです。そこで今回は、“大豆ミート”の魅力をはじめ、そのメリットや使い方などをご紹介します。

 
  • イベント

【イベント実施報告】2022年夏休み企画!オンラインで「ハウス食品 静岡工場」を見学!製品の製造工程や様々な工夫を発見!

2022年7月に募集し、2022年8月9日に開催しました「オンライン工場見学」についてレポートいたします。多数ご応募いただいた方の中から当選されたご家族の皆さまには、レトルトカレーととんがりコーンの製造工程の見学やクイズコーナーなど、ご家族でお楽しみいただきました。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】料理の味を安定させるだけじゃない!?調味料を計量する大切さとは!

調味料の正しい計量方法は意外と細かくは知らない人も多いのではないでしょうか?カモンハウス会員の皆さまよりコメント投稿いただいている「トークのお部屋」のテーマ“悩んだことのある「レシピ語」と対応した方法をお教えください!”には、「味付けに失敗した経験がある」、「そもそもなぜ計量することが大事なのかわからない」「適量とは?」など、様々なご意見が寄せられました。そこで、調味料の計量は、料理を美味しくすることはもちろん、塩分や糖質など健康への影響にも重要ということや、計量の正しい方法について、管理栄養士の亀崎智子さんに教えていただきます。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】偏食になりがちな夏休みの食生活の工夫を食育マスターの健康メニューで乗り越える!

お子さまが偏食により体調を崩したり、3食の準備など夏休みならではのお悩みをお持ちのご家庭も多いのではないでしょうか。「カモンハウス会員」の皆さまにご協力いただいた、みんなのオープンデータ第8回「夏休みの過ごし方」のアンケート結果でも、「冷たいジュースやアイスなど間食が増える」「暑くて食欲が落ちてしまい、食べたいものが思いつかない」などの回答が多く寄せられました。そこで今回は“夏に不足しがちな栄養素とその影響”の観点から、悩みごとに適したメニューを管理栄養士の荒井名南さんに紹介していだだきます。