from ハウス

  • 食育

【管理栄養士監修】お盆に飾る“きゅうり”と“なす”の由来とは? 夏野菜の栄養をしっかり摂れる昔ながらの伝統的な食べ方!

【管理栄養士監修】お盆に飾る“きゅうり”と“なす”の由来とは? 夏野菜の栄養をしっかり摂れる昔ながらの伝統的な食べ方!

もうすぐお盆の季節です。“お盆”は古くから続いてきた日本の伝統的な風習ですが、その由来や過ごし方の意味については知らない方も意外と多いのではないでしょうか。 お盆の過ごし方は地域や家庭によってさまざまですが、基本的な由来や意味を理解することで、日本古来の文化がより身近に感じられるでしょう。今回は、お盆に飾る“きゅうり”と“なす”の意味や、昔の人が暮らしの中で活用してきた“きゅうり”と“なす”の効果的な食べ方などをご紹介します。日本古来の文化と暮らしの知恵を知り、ひと味違う伝統的なお盆を過ごしてみませんか?

「お盆」は何をする日?日本の伝統的なお盆を知ろう!

お盆とは、仏教行事の「盂蘭盆会(うらぼんえ)」のこと。毎年7~8月の一定期間、この世に戻ってくるとされるご先祖様の魂をお迎えし、供養することで感謝を捧げます。現在では、旧暦の7月15日前後にあたる8月13日~16日をお盆とする地域が多いですが、一部では新暦の7月15日前後としている地域もあります。

「お盆」の発祥には2つの説があります。1つはインド由来のもので、お釈迦様の弟子の目連尊者が、餓鬼道で逆さ吊りにされている亡き母親を救うために、僧たちに捧げものをして供養したという逸話から、「逆さ吊り」を意味するインド語、「ullambana(ウランバナ)」を漢字に直し、「盂蘭盆」となったとする説。

もう1つは、かつて正月とお盆にご先祖様にお供え物をした器を「ボニ」と呼んだことから、これがなまって「盆(ボン)」になったという日本由来の説です。

お盆に「きゅうりの馬」「なすの牛」を飾る理由

きゅうりの馬は「精霊馬(しょうりょううま)」、なすの牛は「精霊牛(しょうりょううし)」と呼ばれます。精霊馬と精霊牛は、ご先祖様の魂があの世とこの世の自宅を行き来するための「乗り物」を意味しています。一般的に速く走る馬は「できるだけ早く家に帰ってきてほしい」。ゆっくりと移動する牛は「少しでも長くこの世にいてほしい」という願いが込められているそうです。

●精霊馬・精霊牛を作ってみよう!

きゅうり・なすのヘタの部分を頭に見立て、お腹部分に4頭分にした割り箸、もしくはつまようじ4本を突き刺して足に見立てる。

●精霊馬・精霊牛の飾り方を知ろう!

<飾り方>
地域によって飾り方は異なりますが、精霊棚や家の門、玄関先に飾るのが一般的です。精霊棚に飾る場合は、8月13日のお迎えの際は頭を家の内側に向け、16日の送りの際は頭を家の外側に向けます。門や玄関先に飾る場合は、家の外側に頭を向けて飾る方法が主流です。

<処分方法>
お盆が過ぎたら、精霊馬・精霊牛は決められた方法で処分します。地域や家によってさまざまなしきたりがありますが、ここでは一般的な方法を紹介します。

  • (1)8月16日の送り火で焼却
  • (2)8月16日の精霊流しで川や海に流す  ※自治体によっては禁止されています。お住いの自治体に確認の上行ってください
  • (3)塩を入れた半紙に包んで塩で清めて捨てる
  • (4)土に埋める
  • (5)お寺でお炊き上げをしてもらう

きゅうりとなすの栄養成分をおさらい!

昔の人がお盆のお供え物にきゅうりとなすを使用したのは、“その時期に旬を迎え、手軽に手に入る野菜だったため”といわれています。夏野菜の代表ともいえる「きゅうり」や「なす」の栄養成分やお店での選び方、保存方法を知り、暮らしに役立ててみましょう。

<きゅうりの栄養成分>

きゅうりの約95%は水分とされ、体を冷やす作用があります。栄養素自体は少ないものの、以下のような、現代人に不足しているビタミン・ミネラル類がバランスよく含まれています。

  • カリウム
    摂り過ぎたナトリウム(塩分)を体外へ排出し、筋肉や神経の働きを調整してくれます。
  • ビタミンK
    脂溶性のビタミンであるため、油と一緒に摂ることで吸収が良くなります。
  • ビタミンC
    皮膚やコラーゲンを作る働きがあるため、その材料であるタンパク質と一緒に摂るのがおすすめです。また、水溶性なので水にさらし過ぎないように注意が必要です。
  • 葉酸
    ビタミンB12とともに赤血球を作るため、貧血気味のときに摂ると良いでしょう。
  • パントテン酸
    エネルギーの代謝をサポートします。水溶性で熱に弱いため、生のまま摂ると良いでしょう。
  • シトルリン
    スイカの果汁から発見されたアミノ酸です。血管の機能維持に関係しているといわれています。
  • 食物繊維
    便通の改善や食後の血糖値上昇の予防、血中のコレステロール値を低くするといった働きがあります。

<なすの栄養成分>

全体の約93%が水分とされ、きゅうりと同様カリウムも豊富に含んでいます。また、黒紫色の皮には、「第7の栄養素」といわれるフィトケミカル(ファイトケミカル)の1つ、ナスニンが含まれています。

  • カリウム
    摂り過ぎたナトリウム(塩分)を体外へ排出し、筋肉や神経の働きを調整してくれます。
  • ナスニン(アントシアニン)
    高い抗酸化作用を持ち、体内で増え過ぎた活性酸素を中和する働きがあります。

旬のパワーをムダなくいただく、昔ながらの食べ方とは?

日本では昔から、その時期ならではの野菜を食卓に取り入れることで、旬のパワーを健康維持に役立ててきました。また、古くから親しまれてきた食材の食べ方や食べ合わせには、昔の人が経験から得てきた知恵が詰まっています。

日本人が暮らしの中で受け継いできた昔ながらの食べ方から、旬のきゅうりやなすのパワーを取り入れ、夏を元気に過ごすヒントにしましょう。

<きゅうりのおすすめの食べ方>

水分とカリウムを同時に摂取できるきゅうりは、昔から夏の涼として重宝されてきました。きゅうりに味噌をつけて食べる「もろきゅう」は、熱中症予防に摂りたい塩分も同時に摂ることができます。
また、きゅうりには、ビタミンCを破壊するアスコルビナーゼという成分が含まれています。アスコルビナーゼは酸に弱いため、お酢と一緒に「酢の物」で摂ることで、他の食材のビタミンCを破壊する作用を抑えられます。

<なすのおすすめの食べ方>

日本の伝統的な、「ぬか漬け」は、なすを皮ごと食べることで、ポリフェノールをムダなく摂取できます。また、ぬかに漬けることで疲労回復に良いビタミンB1が増えるため、夏バテ予防におすすめです。なすに含まれるポリフェノールは水溶性のため、あく抜きは水にさらさず、塩もみして行いましょう。
なすはきゅうりと同様、水分が豊富な野菜で、体を冷やす作用があります。皮に含まれるポリフェノールには抗酸化作用があり、紫外線によって発生する不調の原因、活性酸素を抑制してくれます。

旬の夏野菜とともに、伝統的な夏を過ごそう!

お盆について正しく理解し、正式な方法でご先祖様をお迎えすることは、日本古来の文化を守り、次の世代へつないでいくことにつながります。また、古くから日本の家庭が取り入れてきた“食材の旬のパワー”を知ることで、暮らしの知恵を取り入れることができます。今年の夏は、きゅうりとなすを通して日本の伝統文化と暮らしの知恵に触れてみましょう。

関連記事

 
  • 健康

夏でも注意したい、専門家に聞いた「冷え症」を改善する知恵と食生活

冷房の効きすぎや、気温が下がることで、手足や腰などの冷えに悩む人も多いのではないでしょうか。昔から「冷えは万病のもと」と言われているように、頭痛や肩こり、便秘、不眠、生理痛など身体の不調や病気を引き起こすきっかけにもなります。これだけ多くの人が悩んでいるにもかかわらず、「冷え症」とはそもそもどういう状態なのか、なぜ起きるのかはあまり知られていません。冷え症について正しく理解するために、冷え症研究の第一人者である横浜市立大学の中村幸代先生にうかがいました。

 
  • 健康

30年後の体や脳を守るため!知っておきたい「血糖値スパイク」を抑える対策とは?

「血糖値スパイク」という言葉を聞いたことがありますか? 食後に血糖値が急上昇するという、朝食抜きで採血をする健康診断では見つからないやっかいな異常として注目されています。最新の研究では、血糖値スパイクを放置していると心臓病やがん、そして認知症を生じやすいこともわかってきています。血糖値スパイクとその予防について、大阪大学大学院医学系研究科 臨床遺伝子治療学の武田朱公(しゅこう)准教授にお話をうかがいました。

 
  • 健康

健康をサポート!毎日摂りたい種類豊富で栄養価の高い「スーパーフード」とは?

アサイー、キヌア、チアシード、モリンガ……これらを聞いたことや食べたことはありませんか?これらはいずれも「スーパーフード」と呼ばれています。数年前から話題となり始め、今やスーパーマーケットの店頭にも並び、ものによっては気軽に手に入るようになりました。とはいえ、実はその歴史や効果についてよく知らないという人も。ブームが定着化しつつある今だからこそ、あらためてスーパーフードの種類や効果などの基礎知識をご紹介いたします。病気予防、美肌作りなどのために取り入れたいスーパーフード、そのパワーの秘密とは!?


その他の記事

 
  • 食育

夏バテ予防には果物が良い?! 管理栄養士に学ぶ「暑さに負けないからだづくり!」

いよいよ夏本番。じっとしていても汗がにじむ、この時期は体調を崩しやすいものです。お子さまの睡眠不足や疲労、食欲不振といった、いわゆる「夏バテ」の症状が気になる親御さまも多いのではないでしょうか。そこで、今回は汗をかくと失われやすい「カリウム」というミネラルを豊富に含む果物や、暑さに負けないからだづくりについて、管理栄養士の横川仁美さんにお話を伺いました。お子さまと一緒に元気なからだづくりに役立ててみてください。

 
  • イベント

コンセプトは“知って、作って、食べて、つながって” NPO法人とハウス食品グループが協働で行う、ハウス「食と農と環境の体験教室」<第1弾>

私たちの生きる糧である「食べ物」。お米や野菜がどのように成長し、実るのかを知ることは豊かな食生活を送る上でとても大切なこと。ハウス食品グループでは、食と農と環境が自分自身にも「つながっている」ことを学んでもらいたいという考えから、社会貢献活動として、ハウス「食と農と環境の体験教室」を2009年より開催しています。今回はハウス食品グループがこの取り組みにかける思いを、また次回の「第2弾」では2021年度の体験教室(オンライン開催)の模様をお届けします。

 
  • 製品ストーリー

「とんがりコーン」は”国連WFPレッドカップキャンペーン”で、世界の子どもたちの健全な成長と未来を応援します!

ハウス食品グループは、途上国の子どもたちの健全な成長を支援する活動の一環として、国連WFP協会の「レッドカップキャンペーン」に参加しています。また、持続可能な地球のための環境活動・子どもたちの豊かな未来に貢献し続けます。ここでは、私たちがとんがりコーンを通じて取り組んでいる社会貢献活動の一部をご紹介します。

 
  • 健康

【管理栄養士監修】夏の時期は特に知っておきたい!身近な食材を使った食中毒予防の方法

気温や湿度が高くなるこの時期、心配になるのは食品が傷まないかどうか。コロナ禍で外食を控えることで、自炊派の方も増えたのではないでしょうか? 夏にかけて、特に食中毒予防のためにも食材が傷まないように工夫して料理を作ることが大切になります。そこで今回は、食中毒予防のための”殺菌・防腐作用”のある食材や活用方法などをご紹介します。

 
  • 食育

【環境について考えよう】未来の食卓はどうなる?「農業と環境」を守る意識と行動

前回の記事で、おうち時間が増えた今こそ取り組みたい「食品ロス削減術」をテーマに環境問題を取り上げました。一方、わたしたちの食には、“消費”だけでなく“生産”も欠かせない問題の一つです。コロナ禍により農業などの生産者は打撃を受け、また同時に支援活動も活発化しました。これにより、生産者の今について認識された方も増えてきています。しかし知っているようで実はあまり知られていない深刻な問題も少なくありません。そこで今回は、生産者の今を知ることで、わたしたちの食を守るために家庭でなにができるかを考えてみましょう。