from ハウス

  • 開発ストーリー

カレーがペンになっちゃった!?ごはんができるまで、楽しくカレーでおえかき
ハウス「おえかきカレーペン」

カレーがペンになっちゃった!?ごはんができるまで、楽しくカレーでおえかき ハウス「おえかきカレーペン」

「カレーでおえかき」といわれるとびっくりされる方、あるいは「食べ物で遊ぶなんて!」と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし私たちは、非常にまじめに、真剣に取り組んで、この「おえかきカレーペン」というアイデアにたどりつき、製品をつくりあげました。
そんな私たちの開発にかけた想い、そして「おえかきカレーペン」とはどんなものかを知っていただき、興味をもっていただければと思います。

「おえかきカレーペン」ってなに?
~悩みの深い、“夕食前の時間”~

「おえかきカレーペン」は、チューブ入りのカレーソースで、お皿や、ごはんに絵が描けるペン先がセットになっています。使い方はいたって簡単。お皿を準備し、そこにお子さまがカレー味のソースで絵を描くだけです!もしごはんだけ炊きあがっていたり、冷凍ごはんがあれば、ごはんをお皿にのせて描いてもいいかもしれません。また、できているおかずなどがあれば、トッピングとして使用するのも楽しいです。「おえかきカレーペン」は小さなお子さまも食べやすい、マイルドな甘口のカレー味です。ごはんにも、おかずにもよく合います。ただ甘口なだけではなく、カレーの風味、おいしさがしっかりと感じられる味わいですので、大人の方にも満足いただけるおいしさです。

●プロジェクト始動!

この製品の開発プロジェクトは「今までにない、まったく新しいものを作ろう!」「生活者の方々のお声にしっかりと向き合おう」という想いでスタートしました。普段は製品開発に関わらない部署からもメンバーをつのり、様々な視点から、まずは生活者のお声をじっくりと聞くことからスタートしました。二日間にわたって8名の方から、お1人ずつ深く話を伺い、気になったワードを抽出。その抽出されたワードに秘められた生活者の方々の想い、悩みなどについてプロジェクトメンバーでのディスカッションを重ねました。その中でたどりついたのが、「幼いお子さまがいるご家庭での、夕食前の時間の過ごし方」というテーマでした。

●悩みの深い、“夕食前の時間”

夕食準備の時間というのはどのご家庭でも慌ただしい時間ですし、幼いお子さまがいらっしゃればなおさらだと思います。お腹が空いて早く食べたい、かまってほしい、遊んでほしい・・・など理由は様々だと思いますが、親御さまは夕食の準備が進まずイライラ、お子さまもご機嫌斜めに・・・なんてことがよく起きるのではないでしょうか。プロジェクメンバーにも幼い子どもがいる人がいて、とても共感していました。このように親子ともに悩みの深い、夕食準備の時間をどうすれば「楽しくすごせるのか?」、「スムーズに夕食へ向かえるのか?」ということをプロジェクトメンバーで徹底的に考え、様々なプロトタイプを作り、試すということを繰り返す中で「おえかきカレーペン」が誕生しました。プロジェクトメンバーも含め、のべ53名の社員と一般の方99名、そしてそのお子さまにご協力いただき、色々な意見をいただきながら作り上げた製品です。

子どもたちからもらったヒントとパワー

社内での検証の際には、プロトタイプを使ってお子さまが描いている様子を動画で撮影してもらい、その映像をプロジェクトメンバーでじっくり見ることを徹底しました。アンケートなどの文字情報ももちろん収集していましたが、まだ感想などを自分の言葉で表現するのが難しい年齢のお子さまもいますので、子どものたちの表情やしぐさ、行動などから様々なヒントを得ました。お子さまのペンの持ち方や力加減、スムーズに描けているのか、描きにくそうにしているのかなど、その様子から改良点や付加した方がよい機能などを見つけだすことができました。そしてなによりお子さまが熱中して描いてくれている様子、楽しそうな笑顔をみることで、このアイデアに自信を持つことができましたし、このプロジェクトを進めていく原動力になっていったと思います。

おえかきカレーペンで描く「笑顔ある暮らし」

一般の方々に実際に使っていただくテストでは非常に嬉しいお声をいっぱいいただくことができました。またお子さまが描いた素晴らしい作品も見せていただくことができました。その時のお声、作品の一部を紹介させていただきます。

頂いたお声のように、夕食準備の時間がスムーズに、そしてお子さまにとって楽しくすごせる時間になればと思います。
このプロジェクトに携わったメンバー一同、「おえかきカレーペン」が「笑顔ある暮らしを共につくるグッドパートナー」になることを願っております。おえかきカレーペンは9月1日より日用品ショッピングサイトの「LOHACO(ロハコ)」にて販売いたします。
※現在販売は終了しております。

実際にご使用いただいた方のお声

  • 子供が嬉しそうに絵を描いていたのをみて、目で楽しむ食事が出来る所が良いと思いまた使いたいと思いました(20代女性、お子さま3歳)
  • 味が思っていたよりも、スパイスの効いた深い味つけのカレーで辛みの少ない、家では作り出せない味がしたのでまた使いたい(20代女性、お子さま3歳)
  • 甘くて子供も食べやすい味だったのでよかった。おいしいといっていたのでよかった。(40代女性、お子さま3歳)
  • 新しいカレースタイル!!子どもが楽しみながら食事の準備が出来る(20代女性、お子さま4歳)
  • 楽しく食事が出来る。準備からお手伝いしている気分で本人も楽しそう。待ってる間に何か食べたりしないで、お絵かきに集中出来る。(40代女性、お子さま5歳)
  • 味が子供向けかと思っていたのですが、大人でも美味しく感じ、ごはんだけでなく、ブロッコリーなどのお野菜にも合う味だったので色々な使い方が出来そう(40代女性、お子さま6歳)
  • 娘も楽しそうに絵を描いていて、集中していたのでごはんの準備もはかどる(40代女性、お子さま6歳)
  • 子どもが楽しそうに使っていて、味もおいしいので残さず食べたのを見て、ぜひ使いたいと思った。(30代女性、お子さま7歳)
  • 子供が自分で考え、デザインしたりしているのがとても楽しそうに見えた。他の料理の用意をしている間に自分(子供1人で)でおえかきペンを使って待っていてくれるので助かった。(40代女性、お子さま7歳)

ハウス食品株式会社調べ(2020年7月 首都圏 3-7歳の子供を持つ主婦 n=99)

お子さまたちの作品

お皿に直接!
  • 5歳のお子さま
  • 5歳のお子さま
  • 7歳のお子さま
ごはんをのせて!
  • 4歳のお子さま
  • 5歳のお子さま
  • 7歳のお子さま
トッピングにも!
  • 3歳のお子さま
  • 3歳のお子さま
  • 6歳のお子さま

※本ページの記載内容は記事公開時点の情報に基づいて構成されています。

関連記事

 
  • 製品ストーリー

「とんがりコーン」は”国連WFPレッドカップキャンペーン”で、世界の子どもたちの健全な成長と未来を応援します!

ハウス食品グループは、途上国の子どもたちの健全な成長を支援する活動の一環として、国連WFP協会の「レッドカップキャンペーン」に参加しています。また、持続可能な地球のための環境活動・子どもたちの豊かな未来に貢献し続けます。ここでは、私たちがとんがりコーンを通じて取り組んでいる社会貢献活動の一部をご紹介します。

 
  • スパイス

「もったいない」のない世界の実現「彩るスパイス時間 CRAYONS」

ハウス食品グループは、限りある資源を有効活用し「もったいない」のない世界の実現を目指しています。また、製品にできずに捨てられてしまっていた部分でも、お客様にとって価値のあるものに生まれ変わらせることができると考えています。今回、スパイス製品を作る時に出てしまう、製品にはできない原料に注目し、「彩るスパイス時間クレヨン」を作りました。

 
  • 開発ストーリー

丸かじりできるタマネギ「スマイルボール」を生んだハウス食品グループの研究をご紹介

これからの新定番!?生でおいしい辛くないタマネギ!丸かじりできるタマネギ「スマイルボール」を生んだハウス食品グループの研究をご紹介


その他の記事

 
  • 食育

【10月は食品ロス削減月間】親子で取り組めば楽しくできる!身近なSDGs「食品ロス削減」チャレンジのアイデア

持続可能で、よりよい世界を目指す国際目標「SDGs」。2030年までに達成すべき17のゴールが設定されていますが、その中でも限られた地球の資源を守るために「つくる責任 つかう責任」という目標が掲げられています。「食品ロス削減」は、私たちの暮らしの中で身近に取り組める課題です。年間を通して大切な取り組みですが、特に日本国内では、農林水産省・消費者庁・環境省が連携し、10月は「食品ロス削減月間」として啓発しています。そこで今回は、「食品ロス削減」月間にちなみ、親子で楽しく「食品ロス削減」に取り組むことができる3つのアイデアと、ハウス食品グループが推進する「食品ロス削減」3つの取り組みについてご紹介します。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】代替肉“大豆ミート”が世界を救う?特長や食べ方を知っておいしく持続可能な未来づくりを!

まるで、お肉のような食感を楽しめる大豆加工食品の“大豆ミート”。近年、その市場は拡大傾向にあり、10年以内には肉全体の約10%を“大豆ミート”が占めるという試算が発表されるなど、世界的に“大豆ミート”の注目度が高まっています。日本でもここ数年の間に多くの大手食品メーカーから“大豆ミート”の製品が販売されるようになり、スーパーなどで気軽に入手できるようになりました(注1)。“大豆ミート”の市場が拡大した背景には、健康によい食品としての側面だけでなく、地球にやさしい食材を選択する価値観や考え方への社会的な関心の広がりがあるようです。そこで今回は、“大豆ミート”の魅力をはじめ、そのメリットや使い方などをご紹介します。

 
  • イベント

【イベント実施報告】2022年夏休み企画!オンラインで「ハウス食品 静岡工場」を見学!製品の製造工程や様々な工夫を発見!

2022年7月に募集し、2022年8月9日に開催しました「オンライン工場見学」についてレポートいたします。多数ご応募いただいた方の中から当選されたご家族の皆さまには、レトルトカレーととんがりコーンの製造工程の見学やクイズコーナーなど、ご家族でお楽しみいただきました。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】料理の味を安定させるだけじゃない!?調味料を計量する大切さとは!

調味料の正しい計量方法は意外と細かくは知らない人も多いのではないでしょうか?カモンハウス会員の皆さまよりコメント投稿いただいている「トークのお部屋」のテーマ“悩んだことのある「レシピ語」と対応した方法をお教えください!”には、「味付けに失敗した経験がある」、「そもそもなぜ計量することが大事なのかわからない」「適量とは?」など、様々なご意見が寄せられました。そこで、調味料の計量は、料理を美味しくすることはもちろん、塩分や糖質など健康への影響にも重要ということや、計量の正しい方法について、管理栄養士の亀崎智子さんに教えていただきます。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】偏食になりがちな夏休みの食生活の工夫を食育マスターの健康メニューで乗り越える!

お子さまが偏食により体調を崩したり、3食の準備など夏休みならではのお悩みをお持ちのご家庭も多いのではないでしょうか。「カモンハウス会員」の皆さまにご協力いただいた、みんなのオープンデータ第8回「夏休みの過ごし方」のアンケート結果でも、「冷たいジュースやアイスなど間食が増える」「暑くて食欲が落ちてしまい、食べたいものが思いつかない」などの回答が多く寄せられました。そこで今回は“夏に不足しがちな栄養素とその影響”の観点から、悩みごとに適したメニューを管理栄養士の荒井名南さんに紹介していだだきます。