from ハウス

  • 開発ストーリー

丸かじりできるタマネギ「スマイルボール」を生んだ
ハウス食品グループの研究をご紹介

タマネギ生活(なまかつ)はじめましょ。スマイルボール 水さらしナシで辛みナシ!

これからの新定番!?生でおいしい辛くないタマネギ

これからの新定番!?生でおいしい辛くないタマネギ

一般的なタマネギは生食する時は、水さらしして辛みを抜いたり、炒める・煮込むなどして甘みを引き出して食べることがほとんどです。これに対してハウス食品グループが約20年の研究によって作り出したスマイルボールは、生でそのまま丸かじりしても辛みがなくおいしく食べることができる新定番のタマネギで、北海道の契約農家により生産されています。今回は、このスマイルボールの開発の経緯や研究の歴史。さらに、収穫のいまをご紹介いたします。

 

生食したときの辛み

生食したときの甘み

水分

ケルセチン
(基準=1.0とした場合)

普通のタマネギ

一般的なタマネギ
ほぼ一年中流通

生食したときの辛み

強い

生食したときの甘み

辛みに隠れて感じない

水分

約90%

ケルセチン(基準=1.0とした場合)

約1.0

新タマネギ

2〜5月限定のみずみずしくて
辛みの弱いタマネギ

生食したときの辛み

弱い

生食したときの甘み

辛みに弱いので少し感じる

水分

約95%

ケルセチン(基準=1.0とした場合)

約0.25

スマイルボール
(栗山スイート)

ハウス食品グループが開発した
辛みがほとんどないタマネギ
遺伝子組み換えではない

生食したときの辛み

ほぼ感じない

生食したときの甘み

辛みがほぼないので感じる

水分

約90%

約90%

ケルセチン(基準=1.0とした場合)

約1.0

※ケルセチンはポリフェノールの一種。タマネギに多く含まれる健康成分として近年注目されています。
※「遺伝子組み換えでない」について:一般的な品種改良で作ったことを意味します。

※ケルセチンはポリフェノールの一種。タマネギに多く含まれる健康成分として近年注目されています。

※「遺伝子組み換えでない」について:一般的な品種改良で作ったことを意味します。

研究のきっかけはレトルトカレーの製造過程で発生するある現象

ハウス食品グループの主力商品の一つであるレトルトカレー。この製造時にタマネギとニンニクを炒めるとアメ色にならずに、まれに緑色になってしまう現象が発生。これをきっかけにタマネギについての深くて長い研究がスタート。その中で、アミノ酸が「アリイナーゼ」と新たに発見した「催涙因子合成酵素」と2つの酵素が働いて、涙の出る原因となる辛み成分が生成されることを明らかにしました。そこからこの仕組みを応用した辛みのないタマネギ作りがスタート!品種改良を重ねて「アリイナーゼ」の量が非常に少ないタマネギが誕生しました。

お客様への想いを込めて名付けられた「スマイルボール」

涙を流さなくなることに加えて、タマネギと食卓をむすび、全てのお客様が笑顔になる新しいタマネギでありたい。既存のタマネギにとらわれず、新しい食べ方や食シーンをお客様と共に(キャッチボールをしながら)創造できるタマネギでありたいことから、笑顔とボールを組み合わせてスマイルボールとしました。

生で食べる時に水にさらす必要がないスマイルボールは、調理の手間が省けるうえ、栄養成分の流失を抑えることができる優れもの。切ったとき目にしみることがなく匂いも手につきづらいので、調理のハードルも低くなります。生で食べても辛くない、栄養をまるごと摂れる、涙が出ない。魅力たっぷりのスマイルボールは、料理をする人も食べる人もハッピーにする新しいタマネギです。生のままざく切りでおいしく食べられます。

スマイルボールのフレッシュチップス

今が旬のスマイルボール。産地の様子をご紹介!

今が旬のスマイルボール。生産地では今年の生産分の収穫がすべて終わり、スマイルボールの出荷作業が進んでいます。ここで少し、産地での収穫までの様子をご紹介。

収穫までの様子

2月下旬、北海道はまだ畑に雪が積もっているため、室内で種を植え苗に

収穫までの様子

畑に植えられ、5月末になると葉は4~5枚に増え、太く長くなり、しっかりと畑に根付きます。

収穫までの様子
収穫までの様子

7月に入ると青々とした葉っぱが畑にたなびき、とても爽やかで美しい風景が広がります。
そして葉の根元はタマネギの形に膨らんできます。

8月中頃には葉がすっかり地面に倒れ、葉の養分がタマネギに。
この後、タマネギを収穫し風乾(風や外気にさらして自然乾燥させる)させ、各地に出荷されていきます。

現在、オンラインストアや一部の店頭、イベントで販売中です。詳しくはスマイルボールのホームページにてご確認いただけます。ホームページでは最新情報も発信しています。
https://housefoods-group.com/activity/smileball/index.html

その他の記事

 
  • 健康

行動療法士の菅原先生に聞いた!今日からできる「スポーツ」のパフォーマンスを上げるための睡眠のコツ

「ライフスタイルの質」を向上させるには、「睡眠の質」を向上させることが一つの鍵です。夜ぐっすり眠り、朝すっきり起きる。そんな理想の睡眠は、日々のちょっとした工夫で手に入るかもしれません。 今回は、行動療法士の菅原先生に「スポーツ」のパフォーマンスを上げるための「睡眠の質」を向上させるテクニックを教えてもらいました!

 
  • 健康

\第2弾「夏の冷え症」/急激な温度差に要注意!今日からできる夏の冷え対策

前回は「夏でも注意したい、専門家に聞いた「冷え症」を改善する知恵と食生活」として冷え症についての基本的なメカニズムなどをご紹介いたしました。今回は、「夏の冷え症」に絞って、今日からお役立ちいただける夏の冷え対策についてご案内いたします。「冷え症」といえば、寒い冬の季節になるものだと思われるかもしれませんが、実は暑い夏の季節に冷えの症状に悩む人も意外と多いのです。手足や身体が冷えるといった自覚症状があるものから、「それも冷え症のせい?」と意外に思われる不調までさまざま。夏に冷え症が起きるメカニズムや、自分でできる対処方法、食習慣のポイントについてご紹介します。

 
  • 健康

夏でも注意したい、専門家に聞いた「冷え性」を改善する知恵と食生活

冷房の効きすぎや、気温が下がることで、手足や腰などの冷えに悩む人も多いのではないでしょうか。昔から「冷えは万病のもと」と言われているように、頭痛や肩こり、便秘、不眠、生理痛など身体の不調や病気を引き起こすきっかけにもなります。これだけ多くの人が悩んでいるにもかかわらず、「冷え症」とはそもそもどういう状態なのか、なぜ起きるのかはあまり知られていません。冷え症について正しく理解するために、冷え症研究の第一人者である横浜市立大学の中村幸代先生にうかがいました。

 
  • 健康

健康をサポート!毎日摂りたい種類豊富で栄養価の高い「スーパーフード」とは?

アサイー、キヌア、チアシード、モリンガ……これらを聞いたことや食べたことはありませんか?これらはいずれも「スーパーフード」と呼ばれています。数年前から話題となり始め、今やスーパーマーケットの店頭にも並び、ものによっては気軽に手に入るようになりました。とはいえ、実はその歴史や効果についてよく知らないという人も。ブームが定着化しつつある今だからこそ、あらためてスーパーフードの種類や効果などの基礎知識をご紹介いたします。病気予防、美肌作りなどのために取り入れたいスーパーフード、そのパワーの秘密とは!?

 
  • 健康

30年後の体や脳を守るため!知っておきたい「血糖値スパイク」を抑える対策とは?

「血糖値スパイク」という言葉を聞いたことがありますか? 食後に血糖値が急上昇するという、朝食抜きで採血をする健康診断では見つからないやっかいな異常として注目されています。最新の研究では、血糖値スパイクを放置していると心臓病やがん、そして認知症を生じやすいこともわかってきています。血糖値スパイクとその予防について、大阪大学大学院医学系研究科 臨床遺伝子治療学の武田朱公(しゅこう)准教授にお話をうかがいました。