from ハウス

  • スパイス

「もったいない」のない世界の実現「彩るスパイス時間 CRAYONS」

ハウス食品グループは、限りある資源を有効活用し「もったいない」のない世界の実現を目指しています。また、製品にできずに捨てられてしまっていた部分でも、お客様にとって価値のあるものに生まれ変わらせることができると考えています。今回、スパイス製品を作る時に出てしまう、製品にはできない原料に注目し、「彩るスパイス時間 CRAYONS」を作りました。

製品にできなかったスパイス原料には、傷などがあるホールスパイス、エキスを抽出した後の搾りかすなどがあります。そんな原料でもスパイスの色や香りが残っているものがあり、そのまま捨ててしまうことがとてももったいないと感じていました。この色と香りという特徴を生かし、お客様にとって魅力ある新しいものに変えていけないかと考え、クレヨンのアイデアを考えました。

クレヨンには、色と香りが特徴的でお客様になじみのある10種類のスパイスを使っています。ターメリックやパプリカなど色が鮮やかなもの、シナモンやクローブなど香りに特徴があるものを使い、スパイスが持つ繊細な色・香りの違いをクレヨンとしても感じて頂けるよう工夫しています。

規格外野菜を使った「おやさいクレヨン」を作っているmizuiro.inc様(https://mizuiroinc.com/)をパートナーに選定。mizuiro.inc様の規格外のものでも無駄にすることなく価値のあるものに変えていく姿に共感し、ぜひスパイスのクレヨンを一緒に作ってほしいとお願いし、今回の「彩るスパイス時間 CRAYONS」が実現しました。

さらに、このクレヨンをより楽しんでいただくために、これらのスパイスにまつわるぬりえをセットにしました。スパイスは様々な国で生まれ、料理などに使われています。10種類のスパイスそれぞれにゆかりのある国を選び、そのモチーフをぬりえ本に仕上げました。塗りながらスパイスの色と香りを感じて頂き、いろんな形でスパイスを楽しんでいただきたいと思います。

製品にできなかったスパイス原料をもとに仕上げた、色と香りを楽しめるクレヨン。このクレヨンのサステナブルな背景に共感頂けるような方にぜひ楽しんで頂きたいと思います。

「彩るスパイス時間 CRAYONS」の開発背景や購入はこちらから
https://housefoods-group.com/socialvalue/crayons.html  

その他の記事

 
  • イベント

【管理栄養士監修】もっちり、サクサク♪グルテンフリーで身体にやさしい!おいしい!!“米粉”の魅力とは?

“米粉(こめこ)”は、お菓子やパン作り、うどんなど、さまざまな料理に活用できる万能食材です。小麦粉の代替品として、小麦アレルギーの方やグルテンフリーを意識している方にも人気があります。農林水産省が、2022年4月から輸入小麦の政府売渡価格について、主要銘柄平均で17.3%の引き上げを行ったことなどを受け、“米粉”の家庭での消費量も増えています。(注1)そこで今回は、 “米粉”の代表的な種類や特長、小麦粉との違いなどをお伝えしていきます。また‟米粉”初心者の方や親子でも楽しく簡単に作れるお手軽レシピもご紹介するので、チャレンジしてみてください。

 
  • イベント

かぼちゃを使った料理やスイーツなど、「カモンハウス」会員の皆さまのアイデア満載!ハロウィーンを楽しもう♪

10月31日はハロウィーン。特別なお料理を作ったり、飾り付けをしたり、すっかり秋の風物詩になりましたが、皆さまのご予定はお決まりですか?カモンハウスの「トークのお部屋」では、さまざまな「トークテーマ」に対し、会員の皆さまからのコメントをご投稿いただいています。今回は2021年10月に開催した「トークのお部屋」のテーマ「ハロウィーンの楽しみ方、料理やグッズをシェアしよう♪」から、真似したくなるアイデアをご紹介します。さらに、専門家によるアイデアレシピもプラス、これまでとはちょっと違ったユニークなハロウィーンディナーのヒントにお役立てください。また、会員の皆さまにご回答いただいた第9回「オープンデータ」アンケート結果も一部ご紹介。

 
  • 食育

【10月は食品ロス削減月間】親子で取り組めば楽しくできる!身近なSDGs「食品ロス削減」チャレンジのアイデア

持続可能で、よりよい世界を目指す国際目標「SDGs」。2030年までに達成すべき17のゴールが設定されていますが、その中でも限られた地球の資源を守るために「つくる責任 つかう責任」という目標が掲げられています。「食品ロス削減」は、私たちの暮らしの中で身近に取り組める課題です。年間を通して大切な取り組みですが、特に日本国内では、農林水産省・消費者庁・環境省が連携し、10月は「食品ロス削減月間」として啓発しています。そこで今回は、「食品ロス削減」月間にちなみ、親子で楽しく「食品ロス削減」に取り組むことができる3つのアイデアと、ハウス食品グループが推進する「食品ロス削減」3つの取り組みについてご紹介します。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】代替肉“大豆ミート”が世界を救う?特長や食べ方を知っておいしく持続可能な未来づくりを!

まるで、お肉のような食感を楽しめる大豆加工食品の“大豆ミート”。近年、その市場は拡大傾向にあり、10年以内には肉全体の約10%を“大豆ミート”が占めるという試算が発表されるなど、世界的に“大豆ミート”の注目度が高まっています。日本でもここ数年の間に多くの大手食品メーカーから“大豆ミート”の製品が販売されるようになり、スーパーなどで気軽に入手できるようになりました(注1)。“大豆ミート”の市場が拡大した背景には、健康によい食品としての側面だけでなく、地球にやさしい食材を選択する価値観や考え方への社会的な関心の広がりがあるようです。そこで今回は、“大豆ミート”の魅力をはじめ、そのメリットや使い方などをご紹介します。

 
  • イベント

【イベント実施報告】2022年夏休み企画!オンラインで「ハウス食品 静岡工場」を見学!製品の製造工程や様々な工夫を発見!

2022年7月に募集し、2022年8月9日に開催しました「オンライン工場見学」についてレポートいたします。多数ご応募いただいた方の中から当選されたご家族の皆さまには、レトルトカレーととんがりコーンの製造工程の見学やクイズコーナーなど、ご家族でお楽しみいただきました。