from ハウス

  • 開発ストーリー

第2弾「ウコンの力開発秘話」
【「ウコンの力」開発担当者が語る】4週連続コラム

第2弾「ウコンの力開発秘話」 「ウコンの力」開発担当者が語る4週連続コラム 開発担当カーリー

Introduce

さて、4週に渡ってお届けするウコンの力コラムの2週目は、「ウコンの力の開発秘話」をお送りします!
第一弾「おうち時間を応援」はこちら

ウコンの力開発秘話

今でこそ多くの方に知られるようになったウコンの力は、果たしてどのように誕生したのか。発売までの苦労やカベを、初代ウコンの力の味作りを担当した「レジェンド」達にもインタビューしましたので、ぜひお楽しみください!

ウコンの力が産声をあげたのは、今から16年前の2004年。カレースパイスメーカーとして、当時からスパイス研究に力を入れていたハウス食品は、「お客さまに健康とおいしさを発信できる企業を目指したい」という想いから、カレーの原料でもあるウコンに着目。日本一のウコン使用料を誇るメーカーとして、その健康価値に向き合ったことから、ウコンの力の物語はスタートします。

ウコンの力開発秘話

「ウコン」について

少し話が逸れますが、ここで少しだけ「ウコン」についてご紹介。
ウコンは世界各国で栽培されているポピュラーな植物で、実はショウガの仲間。別名ターメリックとも呼ばれ、カレーの黄色は主にターメリックの色なんです。ウコンは数種類ありますが、一般的にウコンと呼ばれているモノは「秋ウコン」で、この秋ウコンは、ウコンの力シリーズの中核素材となっています。
秋にキレイな花を咲かせることから、「あなたの姿に酔いしれる」という、ステキな花言葉なんかも持っているのです。

日本では沖縄県で古くから親しまれている健康食材で、現地では「うっちん」などとも呼ばれています。前日が長かった日や深かった日は、生のウコンをすりおろしてお茶にするなど、健康食材として取り入れられてきたウコンは、とても身近な存在として人々の生活に根付いています。

「ウコンの力」誕生のキッカケ

実は、ウコンの力誕生のキッカケは、まさにこの沖縄県の食文化なのです。
開発検討当時、沖縄県は全国でも有数の長寿県でした。他県では見られない食文化のひとつに「ウコン」があったことから、「健康の秘訣はウコンなのでは」という仮説を導き出した当時の開発担当者は、ウコンの力の開発を加速させていきます。

多くのスパイスを取り扱い、研究を積み上げてきたハウスでしたが、発売までの道のりは非常に険しいものでした。その中でも最大のカベは、「おいしさ」へのこだわり。お客さまへのおいしさ提供は食品メーカーの使命であり、絶対に譲れない最重要項目。ですが、ウコンは土臭くて苦味が強いので、原料そのままでは全くおいしくない……。こうして開発担当者と「ウコン」との熱く長い闘いの幕は、切って落とされたのです!

まず彼らが着手したのは、ドリンク化にピッタリなウコン原料の探索。ハウス研究所が保有する多数の原料を片っ端から引っ張り出し、ドリンク化への可能性を一つひとつ探っていきます。非常に大変な作業ですが、スパイスメーカーとして多くの原料を保有していたからこそ、幅広い原料での確認を行うことができました。

「最大のカベ」おいしさとウコンのバランス

原料選定の後は、配合と風味作りです。この工程こそが、最も苦労した「最大のカベ」であったと、先輩たちは口を揃えて熱く語ります。ウコンの力のターゲットは、働き盛りの30~50代サラリーマン。ターゲットに好まれる馴染みのある風味、おいしさ、そして適度なウコン感が三位一体となった、絶妙なバランス感を作り上げる必要がありました。しかし、「おいしさを立たせればウコン感が弱く、健康感が物足りない」「ウコン感を立たせれば、特有の土臭さや苦味が強く出て飲みにくい」というジレンマが。

今でこそ多くのドリンク製品を販売しているハウスですが、カレー等の食品を中心に展開していた当時は、ドリンク作りの経験が浅く、開発は困難を極めました。そんなジレンマを突破すべく、ターゲットへの徹底的な嗜好調査と、何百もの試作検討を繰り返し、やっとの思いでおいしさと適度なウコン感が調和された栄養ドリンク風味(初代ウコンの力)に辿り着いたのです。特に社内のターゲット層からは絶大な評価で、「この製品は自分向けだ!」と強く感じてもらえたと言います。研究所職員は、試飲試食を繰り返しているプロフェッショナル集団なので、自社製品を配ってもあまり喜ばれません(慣れすぎているため)。ですが、ウコンの力においてはこの限りでなく、社内の「無料サンプリングコーナー」から一瞬で無くなる光景を目の当たりにした先輩たちは、「これはいける!」と確信したそうです。

このようにして誕生したウコンの力は、「お客さまにおいしさと健康を」という開発当時の想いを大切にしながら、時代ごとに進化を続けています。もっと多くのお客さまにお役立ちできるよう、ウコンの力は今後も全力で走り続けます!

ウコンの力で乾杯!

関連記事

 
  • 開発ストーリー

第4弾「今、ウコンの力にできること」 
【「ウコンの力」開発担当者が語る】4週連続コラム

いよいよ最終回!4週に渡ってお送りしてきたコラムの最後は「今、ウコンの力にできること」というタイトルでお送りしていきたいと思います。2004年の発売以来、トータル販売本数は13億7,000万本以上を数える(2020年6月時点)ウコンの力ブランドの今後にご注目ください。

 
  • 開発ストーリー

第3弾「いろいろあるぞ、ウコンの力」 
【「ウコンの力」開発担当者が語る】4週連続コラム

4週に渡ってお届けする「ウコンの力」コラムの3週目は、「いろいろあるぞ、ウコンの力」です!意外と(?)多い「ウコンの力」ラインアップは、様々なお客さまやシーンでも使いやすいように強化しています。今回はその中から「カシスオレンジ味」と「パイン&ピーチ味」の2品を、開発経緯も含めてご紹介します!

 
  • 開発ストーリー

第1弾「おうち時間を応援!」
【「ウコンの力」開発担当者が語る】4週連続コラム

「ウコンの力」コラムはご覧いただけましたか?ご覧いただいた方にささやかな御礼として、おウチ時間がよりステキなものになる「ウコンの力make10本セット」をプレゼント!今回から4回連続でコラムとキャンペーンを実施いたしますので、お楽しみにしてくださいね。


その他の記事

 
  • 食育

【10月は食品ロス削減月間】親子で取り組めば楽しくできる!身近なSDGs「食品ロス削減」チャレンジのアイデア

持続可能で、よりよい世界を目指す国際目標「SDGs」。2030年までに達成すべき17のゴールが設定されていますが、その中でも限られた地球の資源を守るために「つくる責任 つかう責任」という目標が掲げられています。「食品ロス削減」は、私たちの暮らしの中で身近に取り組める課題です。年間を通して大切な取り組みですが、特に日本国内では、農林水産省・消費者庁・環境省が連携し、10月は「食品ロス削減月間」として啓発しています。そこで今回は、「食品ロス削減」月間にちなみ、親子で楽しく「食品ロス削減」に取り組むことができる3つのアイデアと、ハウス食品グループが推進する「食品ロス削減」3つの取り組みについてご紹介します。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】代替肉“大豆ミート”が世界を救う?特長や食べ方を知っておいしく持続可能な未来づくりを!

まるで、お肉のような食感を楽しめる大豆加工食品の“大豆ミート”。近年、その市場は拡大傾向にあり、10年以内には肉全体の約10%を“大豆ミート”が占めるという試算が発表されるなど、世界的に“大豆ミート”の注目度が高まっています。日本でもここ数年の間に多くの大手食品メーカーから“大豆ミート”の製品が販売されるようになり、スーパーなどで気軽に入手できるようになりました(注1)。“大豆ミート”の市場が拡大した背景には、健康によい食品としての側面だけでなく、地球にやさしい食材を選択する価値観や考え方への社会的な関心の広がりがあるようです。そこで今回は、“大豆ミート”の魅力をはじめ、そのメリットや使い方などをご紹介します。

 
  • イベント

【イベント実施報告】2022年夏休み企画!オンラインで「ハウス食品 静岡工場」を見学!製品の製造工程や様々な工夫を発見!

2022年7月に募集し、2022年8月9日に開催しました「オンライン工場見学」についてレポートいたします。多数ご応募いただいた方の中から当選されたご家族の皆さまには、レトルトカレーととんがりコーンの製造工程の見学やクイズコーナーなど、ご家族でお楽しみいただきました。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】料理の味を安定させるだけじゃない!?調味料を計量する大切さとは!

調味料の正しい計量方法は意外と細かくは知らない人も多いのではないでしょうか?カモンハウス会員の皆さまよりコメント投稿いただいている「トークのお部屋」のテーマ“悩んだことのある「レシピ語」と対応した方法をお教えください!”には、「味付けに失敗した経験がある」、「そもそもなぜ計量することが大事なのかわからない」「適量とは?」など、様々なご意見が寄せられました。そこで、調味料の計量は、料理を美味しくすることはもちろん、塩分や糖質など健康への影響にも重要ということや、計量の正しい方法について、管理栄養士の亀崎智子さんに教えていただきます。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】偏食になりがちな夏休みの食生活の工夫を食育マスターの健康メニューで乗り越える!

お子さまが偏食により体調を崩したり、3食の準備など夏休みならではのお悩みをお持ちのご家庭も多いのではないでしょうか。「カモンハウス会員」の皆さまにご協力いただいた、みんなのオープンデータ第8回「夏休みの過ごし方」のアンケート結果でも、「冷たいジュースやアイスなど間食が増える」「暑くて食欲が落ちてしまい、食べたいものが思いつかない」などの回答が多く寄せられました。そこで今回は“夏に不足しがちな栄養素とその影響”の観点から、悩みごとに適したメニューを管理栄養士の荒井名南さんに紹介していだだきます。