from ハウス

  • 開発ストーリー

第1弾「おうち時間を応援!」
【「ウコンの力」開発担当者が語る】4週連続コラム

第1弾「おうち時間を応援!【「ウコンの力」開発担当者が語る】4週連続コラム 開発担当カーリー

Introduce

開発担当者プロフィール 名前:カーリー 性別:♂ 身長:ウコンの力約16本分 特技:宴会部長 趣味:おいしいお店探し(ワイン・日本酒好き)

こんにちは!ウコンの力開発担当の「カーリー」です!
突然ですが!皆さん、ウコンの力ってご存じですか??今日と明日の元気をサポートする健康ドリンクで、コンビニなどに並んでいる、あの「金色に輝くミニボトル缶」のやつです!外食の時に飲まれているイメージが強いかもしれませんが、最近は、おうちでもたくさん飲んでいただいています!

発売から16年の歴史を刻んできたウコンの力ですが、これまでは、商品について直接ご説明できる機会になかなか恵まれませんでした。しかし今回、皆さんにもっとウコンの力を知っていただきたいという想いから、普段では公開されないウコンの力の「???」や、ささやかながらのプレゼントを4週連続でお届けしたいと思います!(応募期間:2020年10月14日(水)13時まで)

いつもご愛用いただいている方も(本当にありがとうございます)、これまでウコンの力と縁がなかった方も(この機会にぜひ)、もっとウコンの力を知ってもらえると嬉しいです!ウコンの力は、これからも皆さんの元気を「いい感じ」に応援していきます!!

ウコンの力は、おうち時間を応援します!

新しい生活様式が定着しつつありますが、皆さんどうお過ごしですか?私は在宅勤務が多くなりましたので、仕事用の机とイスを新たに購入して、「おうち内での仕事スペース」をつくりました!(部屋が狭いので無理やりですが・・・)
私と同じように、自宅で仕事ができる環境を整備された方は、結構いらっしゃるのではないでしょうか?

「食事をする場所」も大きく変化しています。私も大好きな外食が減り、おうちで食事を楽しむ機会が増えました。おうち時間が長くなったので、これまで作ったことのない料理に挑戦したり、食後のリラックスタイムを存分に楽しんでみたり。新しいカタチでの「充実した日常」を日々模索しています!

さて、そんな新しい生活様式と連動して、ウコンの力にも「変化」が起きています。これまで外食時に飲まれる機会が多かったウコンの力。歴代のウコンの力テレビCMでも、外で飲まれているカットが多かったので、皆さんもその印象が強いのではないでしょうか。実は、Come on Houseの会員様向けに行った最近のアンケートによると、外での頻度と同じぐらい、おうちでウコンの力を飲んでいただいていることが判明!
ウコンの力発売以来、ここまでおうちで飲まれる機会が増加したのは初めてで、今後もおうちでのウコンの力飲用は定着していくものと思われます。外・おうちに関わらず、お役に立てて本当に嬉しい限りです。

棒グラフ
ウコンの力を飲む頻度(注1

ウコンの力は、2004年の発売以来「楽しい場を盛り上げるパートナー」を目指し、多くのお客さまに寄り添ってきました。ご友人やご家族との楽しい思い出から、ちょっと思い出したくないような思い出まで(笑)、様々な思い出と共に、ウコンの力は歩みを続けてきました。
そんなウコンの力ですが、新しい生活様式でもお役に立てるよう、「おうち時間を素敵なモノにする」という新たなスローガンを掲げることにしました!
実際に、おうち時間を充実させるツールは急激に拡充し、特にオンラインでの交流機会は、皆さんも増えたのではないでしょうか。私もここ最近、友達とのオンライン食事会を頻繁に開催しています!
「遠く離れた人とも簡単に交流できて便利」
「終電を気にせずに気軽に楽しめる」
「自宅でリラックスしながら参加できる」
 このような声が周りから聞こえてくるほど、オンライン食事会は非常に便利なのですが、だからこそついつい長居しがちですよね・・・。(私は最長7時間開催したことがありますが、さすがに最後はヘロヘロでした)

オンライン交流ツールの提供会社様に話を伺ってみたところ、サービス立ち上げの4月以降、利用者は急増しており、1ヶ月で約200万人もの方がご利用になったとのことです。ウコンの力をおうちで飲んでいただく機会が増えたのも、このオンライン交流の普及が大きく関係しているかもしれません!

棒グラフ
某オンライン交流サービスのべ利用者(注2

そんなウコンの力から、おうち時間がよりステキなものになるプレゼント情報をお届け!専用サイトで好きな写真やデザインを入れるだけで、簡単に世界に1つだけのオリジナルウコンの力を作ることができる、「ウコンの力make10本セット」を、抽選で100名様にプレゼントします!(応募期間:2020年9月14日(月)13時まで)
これまで非常に多くのお客様にウコンの力makeをご利用いただいておりますが、お子さんの誕生日祝いや、愛するペットの写真、また結婚祝いの新郎新婦の写真など、非常に幅広い用途でお使いいただいています。

ぜひこの機会にウコンの力makeの楽しさに触れて、充実したおうち時間を過ごしていただきたいと思います!

ウコンの力で乾杯!

関連記事

 
  • 開発ストーリー

第4弾「今、ウコンの力にできること」 
【「ウコンの力」開発担当者が語る】4週連続コラム

いよいよ最終回!4週に渡ってお送りしてきたコラムの最後は「今、ウコンの力にできること」というタイトルでお送りしていきたいと思います。2004年の発売以来、トータル販売本数は13億7,000万本以上を数える(2020年6月時点)ウコンの力ブランドの今後にご注目ください。

 
  • 開発ストーリー

第3弾「いろいろあるぞ、ウコンの力」 
【「ウコンの力」開発担当者が語る】4週連続コラム

4週に渡ってお届けする「ウコンの力」コラムの3週目は、「いろいろあるぞ、ウコンの力」です!意外と(?)多い「ウコンの力」ラインアップは、様々なお客さまやシーンでも使いやすいように強化しています。今回はその中から「カシスオレンジ味」と「パイン&ピーチ味」の2品を、開発経緯も含めてご紹介します!

 
  • 開発ストーリー

第2弾「ウコンの力開発秘話」
【「ウコンの力」開発担当者が語る】4週連続コラム

4週に渡ってお届けする「ウコンの力」コラムの2週目は、「ウコンの力の開発秘話」をお送りします!発売までの苦労やカベを、初代ウコンの力の味作りを担当した「レジェンド」達にもインタビューしましたので、ぜひお楽しみください!


その他の記事

 
  • 食育

【10月は食品ロス削減月間】親子で取り組めば楽しくできる!身近なSDGs「食品ロス削減」チャレンジのアイデア

持続可能で、よりよい世界を目指す国際目標「SDGs」。2030年までに達成すべき17のゴールが設定されていますが、その中でも限られた地球の資源を守るために「つくる責任 つかう責任」という目標が掲げられています。「食品ロス削減」は、私たちの暮らしの中で身近に取り組める課題です。年間を通して大切な取り組みですが、特に日本国内では、農林水産省・消費者庁・環境省が連携し、10月は「食品ロス削減月間」として啓発しています。そこで今回は、「食品ロス削減」月間にちなみ、親子で楽しく「食品ロス削減」に取り組むことができる3つのアイデアと、ハウス食品グループが推進する「食品ロス削減」3つの取り組みについてご紹介します。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】代替肉“大豆ミート”が世界を救う?特長や食べ方を知っておいしく持続可能な未来づくりを!

まるで、お肉のような食感を楽しめる大豆加工食品の“大豆ミート”。近年、その市場は拡大傾向にあり、10年以内には肉全体の約10%を“大豆ミート”が占めるという試算が発表されるなど、世界的に“大豆ミート”の注目度が高まっています。日本でもここ数年の間に多くの大手食品メーカーから“大豆ミート”の製品が販売されるようになり、スーパーなどで気軽に入手できるようになりました(注1)。“大豆ミート”の市場が拡大した背景には、健康によい食品としての側面だけでなく、地球にやさしい食材を選択する価値観や考え方への社会的な関心の広がりがあるようです。そこで今回は、“大豆ミート”の魅力をはじめ、そのメリットや使い方などをご紹介します。

 
  • イベント

【イベント実施報告】2022年夏休み企画!オンラインで「ハウス食品 静岡工場」を見学!製品の製造工程や様々な工夫を発見!

2022年7月に募集し、2022年8月9日に開催しました「オンライン工場見学」についてレポートいたします。多数ご応募いただいた方の中から当選されたご家族の皆さまには、レトルトカレーととんがりコーンの製造工程の見学やクイズコーナーなど、ご家族でお楽しみいただきました。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】料理の味を安定させるだけじゃない!?調味料を計量する大切さとは!

調味料の正しい計量方法は意外と細かくは知らない人も多いのではないでしょうか?カモンハウス会員の皆さまよりコメント投稿いただいている「トークのお部屋」のテーマ“悩んだことのある「レシピ語」と対応した方法をお教えください!”には、「味付けに失敗した経験がある」、「そもそもなぜ計量することが大事なのかわからない」「適量とは?」など、様々なご意見が寄せられました。そこで、調味料の計量は、料理を美味しくすることはもちろん、塩分や糖質など健康への影響にも重要ということや、計量の正しい方法について、管理栄養士の亀崎智子さんに教えていただきます。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】偏食になりがちな夏休みの食生活の工夫を食育マスターの健康メニューで乗り越える!

お子さまが偏食により体調を崩したり、3食の準備など夏休みならではのお悩みをお持ちのご家庭も多いのではないでしょうか。「カモンハウス会員」の皆さまにご協力いただいた、みんなのオープンデータ第8回「夏休みの過ごし方」のアンケート結果でも、「冷たいジュースやアイスなど間食が増える」「暑くて食欲が落ちてしまい、食べたいものが思いつかない」などの回答が多く寄せられました。そこで今回は“夏に不足しがちな栄養素とその影響”の観点から、悩みごとに適したメニューを管理栄養士の荒井名南さんに紹介していだだきます。