from ハウス

  • 開発ストーリー

第1弾「おうち時間を応援!」
【「ウコンの力」開発担当者が語る】4週連続コラム

第1弾「おうち時間を応援!【「ウコンの力」開発担当者が語る】4週連続コラム 開発担当カーリー

Introduce

開発担当者プロフィール 名前:カーリー 性別:♂ 身長:ウコンの力約16本分 特技:宴会部長 趣味:おいしいお店探し(ワイン・日本酒好き)

こんにちは!ウコンの力開発担当の「カーリー」です!
突然ですが!皆さん、ウコンの力ってご存じですか??今日と明日の元気をサポートする健康ドリンクで、コンビニなどに並んでいる、あの「金色に輝くミニボトル缶」のやつです!外食の時に飲まれているイメージが強いかもしれませんが、最近は、おうちでもたくさん飲んでいただいています!

発売から16年の歴史を刻んできたウコンの力ですが、これまでは、商品について直接ご説明できる機会になかなか恵まれませんでした。しかし今回、皆さんにもっとウコンの力を知っていただきたいという想いから、普段では公開されないウコンの力の「???」や、ささやかながらのプレゼントを4週連続でお届けしたいと思います!(応募期間:2020年10月14日(水)13時まで)

いつもご愛用いただいている方も(本当にありがとうございます)、これまでウコンの力と縁がなかった方も(この機会にぜひ)、もっとウコンの力を知ってもらえると嬉しいです!ウコンの力は、これからも皆さんの元気を「いい感じ」に応援していきます!!

ウコンの力は、おうち時間を応援します!

新しい生活様式が定着しつつありますが、皆さんどうお過ごしですか?私は在宅勤務が多くなりましたので、仕事用の机とイスを新たに購入して、「おうち内での仕事スペース」をつくりました!(部屋が狭いので無理やりですが・・・)
私と同じように、自宅で仕事ができる環境を整備された方は、結構いらっしゃるのではないでしょうか?

「食事をする場所」も大きく変化しています。私も大好きな外食が減り、おうちで食事を楽しむ機会が増えました。おうち時間が長くなったので、これまで作ったことのない料理に挑戦したり、食後のリラックスタイムを存分に楽しんでみたり。新しいカタチでの「充実した日常」を日々模索しています!

さて、そんな新しい生活様式と連動して、ウコンの力にも「変化」が起きています。これまで外食時に飲まれる機会が多かったウコンの力。歴代のウコンの力テレビCMでも、外で飲まれているカットが多かったので、皆さんもその印象が強いのではないでしょうか。実は、Come on Houseの会員様向けに行った最近のアンケートによると、外での頻度と同じぐらい、おうちでウコンの力を飲んでいただいていることが判明!
ウコンの力発売以来、ここまでおうちで飲まれる機会が増加したのは初めてで、今後もおうちでのウコンの力飲用は定着していくものと思われます。外・おうちに関わらず、お役に立てて本当に嬉しい限りです。

棒グラフ
ウコンの力を飲む頻度(注1

ウコンの力は、2004年の発売以来「楽しい場を盛り上げるパートナー」を目指し、多くのお客さまに寄り添ってきました。ご友人やご家族との楽しい思い出から、ちょっと思い出したくないような思い出まで(笑)、様々な思い出と共に、ウコンの力は歩みを続けてきました。
そんなウコンの力ですが、新しい生活様式でもお役に立てるよう、「おうち時間を素敵なモノにする」という新たなスローガンを掲げることにしました!
実際に、おうち時間を充実させるツールは急激に拡充し、特にオンラインでの交流機会は、皆さんも増えたのではないでしょうか。私もここ最近、友達とのオンライン食事会を頻繁に開催しています!
「遠く離れた人とも簡単に交流できて便利」
「終電を気にせずに気軽に楽しめる」
「自宅でリラックスしながら参加できる」
 このような声が周りから聞こえてくるほど、オンライン食事会は非常に便利なのですが、だからこそついつい長居しがちですよね・・・。(私は最長7時間開催したことがありますが、さすがに最後はヘロヘロでした)

オンライン交流ツールの提供会社様に話を伺ってみたところ、サービス立ち上げの4月以降、利用者は急増しており、1ヶ月で約200万人もの方がご利用になったとのことです。ウコンの力をおうちで飲んでいただく機会が増えたのも、このオンライン交流の普及が大きく関係しているかもしれません!

棒グラフ
某オンライン交流サービスのべ利用者(注2

そんなウコンの力から、おうち時間がよりステキなものになるプレゼント情報をお届け!専用サイトで好きな写真やデザインを入れるだけで、簡単に世界に1つだけのオリジナルウコンの力を作ることができる、「ウコンの力make10本セット」を、抽選で100名様にプレゼントします!(応募期間:2020年9月14日(月)13時まで)
これまで非常に多くのお客様にウコンの力makeをご利用いただいておりますが、お子さんの誕生日祝いや、愛するペットの写真、また結婚祝いの新郎新婦の写真など、非常に幅広い用途でお使いいただいています。

ぜひこの機会にウコンの力makeの楽しさに触れて、充実したおうち時間を過ごしていただきたいと思います!

ウコンの力で乾杯!

関連記事

 
  • 開発ストーリー

第4弾「今、ウコンの力にできること」 
【「ウコンの力」開発担当者が語る】4週連続コラム

いよいよ最終回!4週に渡ってお送りしてきたコラムの最後は「今、ウコンの力にできること」というタイトルでお送りしていきたいと思います。2004年の発売以来、トータル販売本数は13億7,000万本以上を数える(2020年6月時点)ウコンの力ブランドの今後にご注目ください。

 
  • 開発ストーリー

第3弾「いろいろあるぞ、ウコンの力」 
【「ウコンの力」開発担当者が語る】4週連続コラム

4週に渡ってお届けする「ウコンの力」コラムの3週目は、「いろいろあるぞ、ウコンの力」です!意外と(?)多い「ウコンの力」ラインアップは、様々なお客さまやシーンでも使いやすいように強化しています。今回はその中から「カシスオレンジ味」と「パイン&ピーチ味」の2品を、開発経緯も含めてご紹介します!

 
  • 開発ストーリー

第2弾「ウコンの力開発秘話」
【「ウコンの力」開発担当者が語る】4週連続コラム

4週に渡ってお届けする「ウコンの力」コラムの2週目は、「ウコンの力の開発秘話」をお送りします!発売までの苦労やカベを、初代ウコンの力の味作りを担当した「レジェンド」達にもインタビューしましたので、ぜひお楽しみください!


その他の記事

 
  • 健康

行動療法士の菅原先生に聞いた!今日からできる「スポーツ」のパフォーマンスを上げるための睡眠のコツ

「ライフスタイルの質」を向上させるには、「睡眠の質」を向上させることが一つの鍵です。夜ぐっすり眠り、朝すっきり起きる。そんな理想の睡眠は、日々のちょっとした工夫で手に入るかもしれません。 今回は、行動療法士の菅原先生に「スポーツ」のパフォーマンスを上げるための「睡眠の質」を向上させるテクニックを教えてもらいました!

 
  • 健康

\第2弾「夏の冷え症」/急激な温度差に要注意!今日からできる夏の冷え対策

前回は「夏でも注意したい、専門家に聞いた「冷え症」を改善する知恵と食生活」として冷え症についての基本的なメカニズムなどをご紹介いたしました。今回は、「夏の冷え症」に絞って、今日からお役立ちいただける夏の冷え対策についてご案内いたします。「冷え症」といえば、寒い冬の季節になるものだと思われるかもしれませんが、実は暑い夏の季節に冷えの症状に悩む人も意外と多いのです。手足や身体が冷えるといった自覚症状があるものから、「それも冷え症のせい?」と意外に思われる不調までさまざま。夏に冷え症が起きるメカニズムや、自分でできる対処方法、食習慣のポイントについてご紹介します。

 
  • 健康

夏でも注意したい、専門家に聞いた「冷え性」を改善する知恵と食生活

冷房の効きすぎや、気温が下がることで、手足や腰などの冷えに悩む人も多いのではないでしょうか。昔から「冷えは万病のもと」と言われているように、頭痛や肩こり、便秘、不眠、生理痛など身体の不調や病気を引き起こすきっかけにもなります。これだけ多くの人が悩んでいるにもかかわらず、「冷え症」とはそもそもどういう状態なのか、なぜ起きるのかはあまり知られていません。冷え症について正しく理解するために、冷え症研究の第一人者である横浜市立大学の中村幸代先生にうかがいました。

 
  • 健康

健康をサポート!毎日摂りたい種類豊富で栄養価の高い「スーパーフード」とは?

アサイー、キヌア、チアシード、モリンガ……これらを聞いたことや食べたことはありませんか?これらはいずれも「スーパーフード」と呼ばれています。数年前から話題となり始め、今やスーパーマーケットの店頭にも並び、ものによっては気軽に手に入るようになりました。とはいえ、実はその歴史や効果についてよく知らないという人も。ブームが定着化しつつある今だからこそ、あらためてスーパーフードの種類や効果などの基礎知識をご紹介いたします。病気予防、美肌作りなどのために取り入れたいスーパーフード、そのパワーの秘密とは!?

 
  • 健康

30年後の体や脳を守るため!知っておきたい「血糖値スパイク」を抑える対策とは?

「血糖値スパイク」という言葉を聞いたことがありますか? 食後に血糖値が急上昇するという、朝食抜きで採血をする健康診断では見つからないやっかいな異常として注目されています。最新の研究では、血糖値スパイクを放置していると心臓病やがん、そして認知症を生じやすいこともわかってきています。血糖値スパイクとその予防について、大阪大学大学院医学系研究科 臨床遺伝子治療学の武田朱公(しゅこう)准教授にお話をうかがいました。