from ハウス

  • 開発ストーリー

第4弾「今、ウコンの力にできること」 
【「ウコンの力」開発担当者が語る】4週連続コラム

第4弾「今、ウコンの力にできること」 「ウコンの力」開発担当者が語る4週連続コラム 開発担当カーリー

さて、4週に渡ってお送りしてきたコラムの最終回は、
「今、ウコンの力にできること」というタイトルでお送りしていきたいと思います!
第一弾「ウコンの力は、おうち時間を応援します!」
第二弾「ウコンの力開発秘話」
第三弾「いろいろあるぞ、ウコンの力」

販売本数を積み上げると地球〇周分!

2004年の発売以来、ウコンの力ブランドのトータル販売本数は、なんと13億7,000万本以上を数え(2020年6月時点)、大変多くの方に支えられながら、ウコンの力はここまで成長することができました。この販売本数分のウコンの力を積み上げると、なんと月まで・・・は届きませんでしたが、実に地球3周半以上もの距離になります!あの小さなミニボトル缶からは想像ができないぐらい、すごいことです。いつもウコンの力を応援してくださる皆さま、本当にありがとうございます!

ブランド累計販売本数

より多くのお客さまに「ウコンの力」を

ウコンの力ブランドでは、様々なお客様のニーズにお応えできるよう、製品ラインアップを強化していることを、第3回のコラムでお話ししましたが、実は、より多くのお客さまに安心してウコンの力を使っていただけるように、製品以外でも地道な活動を行っています。その1つが、国際的なアンチ・ドーピング認証プログラム「インフォームドチョイス」の取得です。

スポーツの世界では、使用を禁止されている「禁止物質」が定められていますが、この認証を取得した製品は、それらの物質が含まれていないことを証明するものです。トップアスリートをはじめスポーツに取り組む多くの方にも、安心してウコンの力を召し上がっていただきたい想いで、今回取得に踏み切りました。

インフォームドチョイス

※対象商品:ウコンの力ウコンエキスドリンク、カシスオレンジ味、パイン&ピーチ味

<インフォームドチョイスとは>
国際的なアンチ・ドーピング認証機関である英国LGC社が開発した、
アスリートにとって重要な判断基準となる“禁止物質”が商品に含まれていないか確認するプログラムです。LGC社は世界アンチ・ドーピング機構(WADA)が定めるドーピング禁止規程に基づいて、様々なスポーツサプリメントの検査分析を行っており、世界中のアンチ・ドーピングの精神に賛同する多くのメーカーが、このインフォームドチョイスのプログラムを取り入れています。
インフォームドチョイス公式サイト

また、これまでのコラムでも一部お伝えしてきましたが、ウコンの力は発売以来、「楽しい場を盛り上げるパートナー」を目指してきました。「いつも楽しい場にはウコンの力がある」を理想として掲げ、お客様とのコミュニケーションを大切にしてきました。
そんなウコンの力の成長を後押ししてくださり、共に歩んできたのは飲食店様です。ウコンの力にとって切っても切り離せない大切な存在である飲食店様は、現在大変ご苦労されていることと思います。
なので、少しでもウコンの力がお役に立てればという恩返しの想いで、弊社の中では近年類を見ない規模の「ウコンの力大規模サンプリング@全国飲食店」を実施させていただきました!
飲食店様オリジナルデザインの「ウコンの力make(詳細は第1回コラムにて)」を含む、約18万本ものサンプリングで、対象の飲食店様でお食事した方に、ウコンの力が無料でプレゼントされる企画です(数量限定)。このプロモーションを通して、少しでも全国の飲食店様に元気をお届けできたら、大変嬉しく思います!

「ウコンの力」の今後を楽しみにしてください!

ウコンの力ブランドは、今後も感謝の気持ちを忘れず、関わる全ての人に「元気と楽しさ」をお届けできる存在を目指します。
皆さまにより愛されるブランドになれるよう、今後も様々な商品やプロモーション活動を展開していきますので、ぜひ今後を楽しみにしていてください!

さて、大変寂しいですが、4週に渡ってお届けしてきた「ウコンの力コラム企画」は、一旦これにて終了となります。ウコンの力に限らず、今後もCome on Houseでは皆さまに楽しんでいただける企画を続々とお届けしていきますので、ぜひご期待ください!
ここまで4コラム全てご覧いただいた方、1コラムでもご覧いただいた方、また、最後だけちょっと覗いていただいた方、本当にありがとうございました。つたない文章ではありましたが、このコラムを通して少しでも製品に愛着を持っていただけたのなら、ウコンの力を誰よりも愛する担当者として、この上ない喜びです!

それでは、最後はお決まりのキャッチフレーズで締めくくりたいと思います。

皆さん準備はよろしいですか?
それでは行きます!

せーの、ウコンの力で乾杯ー!!

カーリーより感謝を込めて

関連記事

 
  • 開発ストーリー

第3弾「いろいろあるぞ、ウコンの力」
【「ウコンの力」開発担当者が語る】4週連続コラム

4週に渡ってお届けする「ウコンの力」コラムの3週目は、「いろいろあるぞ、ウコンの力」です!意外と(?)多い「ウコンの力」ラインアップは、様々なお客さまやシーンでも使いやすいように強化しています。今回はその中から「カシスオレンジ味」と「パイン&ピーチ味」の2品を、開発経緯も含めてご紹介します!

 
  • 開発ストーリー

第2弾「ウコンの力開発秘話」
【「ウコンの力」開発担当者が語る】4週連続コラム

4週に渡ってお届けする「ウコンの力」コラムの2週目は、「ウコンの力の開発秘話」をお送りします!発売までの苦労やカベを、初代ウコンの力の味作りを担当した「レジェンド」達にもインタビューしましたので、ぜひお楽しみください!

 
  • 開発ストーリー

第1弾「おうち時間を応援!」
【「ウコンの力」開発担当者が語る】4週連続コラム

「ウコンの力」コラムはご覧いただけましたか?ご覧いただいた方にささやかな御礼として、おウチ時間がよりステキなものになる「ウコンの力make10本セット」をプレゼント!今回から4回連続でコラムとキャンペーンを実施いたしますので、お楽しみにしてくださいね。


その他の記事

 
  • 食育

【10月は食品ロス削減月間】親子で取り組めば楽しくできる!身近なSDGs「食品ロス削減」チャレンジのアイデア

持続可能で、よりよい世界を目指す国際目標「SDGs」。2030年までに達成すべき17のゴールが設定されていますが、その中でも限られた地球の資源を守るために「つくる責任 つかう責任」という目標が掲げられています。「食品ロス削減」は、私たちの暮らしの中で身近に取り組める課題です。年間を通して大切な取り組みですが、特に日本国内では、農林水産省・消費者庁・環境省が連携し、10月は「食品ロス削減月間」として啓発しています。そこで今回は、「食品ロス削減」月間にちなみ、親子で楽しく「食品ロス削減」に取り組むことができる3つのアイデアと、ハウス食品グループが推進する「食品ロス削減」3つの取り組みについてご紹介します。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】代替肉“大豆ミート”が世界を救う?特長や食べ方を知っておいしく持続可能な未来づくりを!

まるで、お肉のような食感を楽しめる大豆加工食品の“大豆ミート”。近年、その市場は拡大傾向にあり、10年以内には肉全体の約10%を“大豆ミート”が占めるという試算が発表されるなど、世界的に“大豆ミート”の注目度が高まっています。日本でもここ数年の間に多くの大手食品メーカーから“大豆ミート”の製品が販売されるようになり、スーパーなどで気軽に入手できるようになりました(注1)。“大豆ミート”の市場が拡大した背景には、健康によい食品としての側面だけでなく、地球にやさしい食材を選択する価値観や考え方への社会的な関心の広がりがあるようです。そこで今回は、“大豆ミート”の魅力をはじめ、そのメリットや使い方などをご紹介します。

 
  • イベント

【イベント実施報告】2022年夏休み企画!オンラインで「ハウス食品 静岡工場」を見学!製品の製造工程や様々な工夫を発見!

2022年7月に募集し、2022年8月9日に開催しました「オンライン工場見学」についてレポートいたします。多数ご応募いただいた方の中から当選されたご家族の皆さまには、レトルトカレーととんがりコーンの製造工程の見学やクイズコーナーなど、ご家族でお楽しみいただきました。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】料理の味を安定させるだけじゃない!?調味料を計量する大切さとは!

調味料の正しい計量方法は意外と細かくは知らない人も多いのではないでしょうか?カモンハウス会員の皆さまよりコメント投稿いただいている「トークのお部屋」のテーマ“悩んだことのある「レシピ語」と対応した方法をお教えください!”には、「味付けに失敗した経験がある」、「そもそもなぜ計量することが大事なのかわからない」「適量とは?」など、様々なご意見が寄せられました。そこで、調味料の計量は、料理を美味しくすることはもちろん、塩分や糖質など健康への影響にも重要ということや、計量の正しい方法について、管理栄養士の亀崎智子さんに教えていただきます。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】偏食になりがちな夏休みの食生活の工夫を食育マスターの健康メニューで乗り越える!

お子さまが偏食により体調を崩したり、3食の準備など夏休みならではのお悩みをお持ちのご家庭も多いのではないでしょうか。「カモンハウス会員」の皆さまにご協力いただいた、みんなのオープンデータ第8回「夏休みの過ごし方」のアンケート結果でも、「冷たいジュースやアイスなど間食が増える」「暑くて食欲が落ちてしまい、食べたいものが思いつかない」などの回答が多く寄せられました。そこで今回は“夏に不足しがちな栄養素とその影響”の観点から、悩みごとに適したメニューを管理栄養士の荒井名南さんに紹介していだだきます。