from ハウス

  • イベント

かぼちゃを使った料理やスイーツなど、「カモンハウス」会員の皆さまのアイデア満載!ハロウィーンを楽しもう♪

かぼちゃを使った料理やスイーツなど、「カモンハウス」会員の皆さまのアイデア満載!ハロウィーンを楽しもう♪

10月31日はハロウィーン。特別なお料理を作ったり、飾り付けをしたり、すっかり秋の風物詩になりましたが、皆さまのご予定はお決まりですか?

カモンハウスの「トークのお部屋」では、さまざまな「トークテーマ」に対し、会員の皆さまからのコメントをご投稿いただいています。今回は2021年10月に開催した「トークのお部屋」のテーマ「ハロウィーンの楽しみ方、料理やグッズをシェアしよう♪」から、真似したくなるアイデアをご紹介します。さらに、専門家によるアイデアレシピもプラス、これまでとはちょっと違ったユニークなハロウィーンディナーのヒントにお役立てください。また、会員の皆さまにご回答いただいた第9回「オープンデータ」アンケート結果も一部ご紹介。

今年も楽しみ!ところでハロウィーンの由来って?

ところで皆さまは、ハロウィーンの由来はご存じでしょうか? 第9回「オープンデータ」にて、「秋のイベントとして定着した「ハロウィーン」の由来はご存知ですか?」に寄せられたアンケートの結果は下記の通りでした。

なんと85%を超える方々が「知っている」と回答され、その浸透度がうかがえます。

由来は諸説ありますが、ヨーロッパ古代の暦では、11月1日が新年とされ、大晦日にあたる10月31日の夜に先祖の霊が戻ってくると信じられていました。しかし悪霊も一緒にやって来て悪さをすると考えられていたので、人々は悪霊を追い払うため“仮装”をしたことが今のハロウィーンの背景にあると言われています。

「ジャック・オー・ランタン」をなぜ飾るのか?など、より詳しいお話はこちらをご覧ください。由来を初めて知った方も、この機会に家族やお友達に「知ってる?ハロウィーンの由来にはこんなことがあるんだよ」と、話題にしてみてはいかがでしょうか。

「カモンハウス」会員の皆さまの「おうちハロウィーン」の楽しみ方とは?

まだまだ外出がしづらい日々ですが、去年とはちょっと違ったハロウィーンにしたい方も多いのでは? 第9回「オープンデータ」の結果から、今年はどんなハロウィーンの過ごし方、楽しみ方を予定されているか、皆さまの声をピックアップしてみました。

「今年のハロウィーンは誰と楽しみたいですか?」という問いかけには「子ども」「配偶者」「友人」と答えた方の割合が多数を占めました。また、「今年のハロウィーンは何を楽しみたいですか?」との問いには「料理」「限定スイーツを食べる」「飾り付け」といった回答が上位に。ご家族でハロウィーンらしい料理を楽しみたいという方が多いようです。

中には「飲み物を楽しみたい」という回答も。ホラーな(⁉)カクテルなのか、はたまたこの日のためにとっておきの1本を開けるのか? ぜひ詳細をお訊きしたいところですね。他にも「ハロウィーンにまつわる映画を見る」という方が5.8%。ホラー映画のイメージが強いですが、怖くないアニメ作品もあり、ハロウィーン気分を盛り上げるにはぴったりかもしれません。

かぼちゃ料理やアイデア料理、スイーツなど「おうちハロウィーン」アレンジレシピをご紹介

2021年10月に実施した「トークのお部屋」にいただいた投稿には、さまざまな"かぼちゃ料理"や"アイデア料理"、"スイーツの楽しみ方"が満載でした。

  • かぼちゃの冷製スープに血(トマトジュース)をたらします。(osamuさん)

    <監修者さまコメント>
    トマトジュースの鮮やかな赤色が映えますね!トマトにはリコピン、かぼちゃにはβ‐カロテンといった「抗酸化作用」を持つ栄養素が含まれており、細胞や皮膚、粘膜などを健康的に保つ効果が期待できます。

  • ちょうど寒くなる季節だし南瓜のポタージュとか良い季節ですよね。ソーセージの先に切り込みを入れて指っぽく作ってみたらすごく引かれました。(kawaさん)

    <監修者さまコメント>
    ソーセージを指に見立てるとは、ハロウィーンがさらに盛り上がりそうですね!ソーセージは手軽にたんぱく質が摂取でき、料理に旨味もプラスできます。お子さまも食べやすいですし、ポタージュにもよく合いそうです。

  • ほうれん草のポタージュをつくって、コーヒーフレッシュと爪楊枝で蜘蛛の巣状にポタージュに落書きしたら、ハロウィーンの魔女のスープの出来上がり。(なつきんぐさん)

    <監修者さまコメント>
    ほうれん草が苦手なお子さまも、ポタージュなら食べやすいですよね!ほうれん草には、成長期のお子さまに重要な栄養素「葉酸」が含まれています。また、摂取不足になりやすい「鉄」も含まれているので、上手に食事に取り入れてみてください。

  • 今年は3色おばけのナンとカレーに決定!かぼちゃおばけのパイグラタンとジャックオフルーチェも作りたい!チョコペンでグラスにお絵描きって斬新!(ばにら34さん)

    <監修者さまコメント>
    カレーにパイグラタン、豪華な食卓になりますね!カレーはお肉や野菜が一皿で食べられるので、炭水化物・たんぱく質・ビタミンやミネラルを効率よく摂取できます。秋が旬のきのこを使って、お子さまにきのこを裂くお手伝いをしてもらうのもよさそうです。

今年はご家族で新たな"アイデアレシピ"にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。お子さまと一緒に作ることができるレシピもありますので、ぜひご参考に♪

かぼちゃのスープ

冷たくても温かくてもおいしいポタージュスープです。はんぺんでお化けの形を作り、スープに浮かべます。さつまいもやとうもろこしを混ぜて作ってもとてもおいしいです。牛乳はもちろん、豆乳を使っても風味が変わり、牛乳アレルギーの子どもでも飲めるアレンジレシピになります。

【作り方】
  1. かぼちゃ(さつまいもを追加してもOK)を電子レンジで柔らかくして、牛乳、コンソメ、塩こしょうとともにミキサーにかける。ミキサーがない場合はフォークの背でつぶすか、裏ごしでもOK。
  2. はんぺんをおばけの形に切り、海苔で作った顔を貼り付けてスープに浮かべる。おばけの型抜きがあれば使用し、なければクッキングシートにおばけの形を書いてはんぺんに乗せて形通りに切る。
  3. ①に②を浮かべて完成。

かぼちゃ入りハッシュドポークとかぼちゃ入りライス

かぼちゃを加えたハッシュドポークとかぼちゃを混ぜてオレンジ色に仕上げたごはんを合わせたメニューです。ごはんはかぼちゃの形にするとかわいらしくなります。チーズをかぼちゃの形にしてルウにトッピングするのもよいと思います。

【作り方】
  1. 米を洗って浸水し、かぼちゃを加えて炊く。
  2. スライスした玉ねぎをしんなりするまで炒め、豚こま肉を加えてさらに炒める。
  3. ②にケチャップ・ウスターソース・コンソメ・水を加えて沸騰させ、一口大に切ったかぼちゃを加えて柔らかくなるまで煮込む。
  4. ①をかぼちゃの形に成形し、③を盛り付けて完成。

かぼちゃの揚げびたし

和風の一品なら、揚げびたしがおすすめです。野菜を素揚げにして甘みを引き出し、かぼちゃが、とろっとした食感になるので食べやすいです。いんげん・アスパラガス・レンコン・なすなどの野菜と一緒に作る一品です。

【作り方】
  1. かぼちゃ・いんげん・アスパラガス・レンコン・なすを食べやすい大きさに切り素揚げにする。
  2. だし汁・しょうゆ・みりんを煮立たせて火を止め、①を浸して冷めたら完成。

「おうちハロウィーン」飾り付けアイデア

お料理はもちろん、飾り付けもすれば、より楽しいハロウィーンが過ごせそうですね。
昨年の「トークのお部屋」に寄せられた会員の皆さまのアイデアは"なるほど、これならできるかも!"と思えるものから、ピニャータと呼ばれるくす玉をハンドメイドするというツワモノ(⁉)まで。どのアイデアも楽しそうです。

  • 我が家恒例のジャック・オー・ランタンとオバケのトーチライトで飾り照らします。

    (crossroadさん)

  • 今年は手編みで小物、カボチャの服を作りました!もうオバケたちが家中を飛んでます。

    (ryo2ma26ka25さん)

  • 花屋さんなどで売っているおもちゃカボチャをちょっと飾るだけでも、ハロウィーンの雰囲気が味わえます。

    (桂子さん)

  • ピニャータを作り子供たちと楽しみたいと計画中。

    (みつばままさん)

初めてハロウィーンメニューにチャレンジする方も、会員の皆さまや専門家のアイデアを参考に、楽しい時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

  • こちらもおすすめ!

トークのお部屋

「食と健康」などに関する話題でおしゃべりできるお部屋です。
気になる「テーマ」をみつけたら、ぜひコメントしてみてくださいね♪

詳しくはこちら

※本ページの記載内容は記事公開時点の情報に基づいて構成されています。

その他の記事

 
  • イベント

【管理栄養士監修】もっちり、サクサク♪グルテンフリーで身体にやさしい!おいしい!!“米粉”の魅力とは?

“米粉(こめこ)”は、お菓子やパン作り、うどんなど、さまざまな料理に活用できる万能食材です。小麦粉の代替品として、小麦アレルギーの方やグルテンフリーを意識している方にも人気があります。農林水産省が、2022年4月から輸入小麦の政府売渡価格について、主要銘柄平均で17.3%の引き上げを行ったことなどを受け、“米粉”の家庭での消費量も増えています。(注1)そこで今回は、 “米粉”の代表的な種類や特長、小麦粉との違いなどをお伝えしていきます。また‟米粉”初心者の方や親子でも楽しく簡単に作れるお手軽レシピもご紹介するので、チャレンジしてみてください。

 
  • イベント

かぼちゃを使った料理やスイーツなど、「カモンハウス」会員の皆さまのアイデア満載!ハロウィーンを楽しもう♪

10月31日はハロウィーン。特別なお料理を作ったり、飾り付けをしたり、すっかり秋の風物詩になりましたが、皆さまのご予定はお決まりですか?カモンハウスの「トークのお部屋」では、さまざまな「トークテーマ」に対し、会員の皆さまからのコメントをご投稿いただいています。今回は2021年10月に開催した「トークのお部屋」のテーマ「ハロウィーンの楽しみ方、料理やグッズをシェアしよう♪」から、真似したくなるアイデアをご紹介します。さらに、専門家によるアイデアレシピもプラス、これまでとはちょっと違ったユニークなハロウィーンディナーのヒントにお役立てください。また、会員の皆さまにご回答いただいた第9回「オープンデータ」アンケート結果も一部ご紹介。

 
  • 食育

【10月は食品ロス削減月間】親子で取り組めば楽しくできる!身近なSDGs「食品ロス削減」チャレンジのアイデア

持続可能で、よりよい世界を目指す国際目標「SDGs」。2030年までに達成すべき17のゴールが設定されていますが、その中でも限られた地球の資源を守るために「つくる責任 つかう責任」という目標が掲げられています。「食品ロス削減」は、私たちの暮らしの中で身近に取り組める課題です。年間を通して大切な取り組みですが、特に日本国内では、農林水産省・消費者庁・環境省が連携し、10月は「食品ロス削減月間」として啓発しています。そこで今回は、「食品ロス削減」月間にちなみ、親子で楽しく「食品ロス削減」に取り組むことができる3つのアイデアと、ハウス食品グループが推進する「食品ロス削減」3つの取り組みについてご紹介します。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】代替肉“大豆ミート”が世界を救う?特長や食べ方を知っておいしく持続可能な未来づくりを!

まるで、お肉のような食感を楽しめる大豆加工食品の“大豆ミート”。近年、その市場は拡大傾向にあり、10年以内には肉全体の約10%を“大豆ミート”が占めるという試算が発表されるなど、世界的に“大豆ミート”の注目度が高まっています。日本でもここ数年の間に多くの大手食品メーカーから“大豆ミート”の製品が販売されるようになり、スーパーなどで気軽に入手できるようになりました(注1)。“大豆ミート”の市場が拡大した背景には、健康によい食品としての側面だけでなく、地球にやさしい食材を選択する価値観や考え方への社会的な関心の広がりがあるようです。そこで今回は、“大豆ミート”の魅力をはじめ、そのメリットや使い方などをご紹介します。

 
  • イベント

【イベント実施報告】2022年夏休み企画!オンラインで「ハウス食品 静岡工場」を見学!製品の製造工程や様々な工夫を発見!

2022年7月に募集し、2022年8月9日に開催しました「オンライン工場見学」についてレポートいたします。多数ご応募いただいた方の中から当選されたご家族の皆さまには、レトルトカレーととんがりコーンの製造工程の見学やクイズコーナーなど、ご家族でお楽しみいただきました。