from ハウス

  • 食育

【管理栄養士監修】知って得する!“いちご”の栄養やおいしい選び方&食べ方のコツ

【管理栄養士監修】知って得する!“いちご”の栄養やおいしい選び方&食べ方のコツ

ビニールハウスでの栽培や品種改良などが進み、最近では12月後半から店頭にも並び始める“いちご”ですが、本来“いちご”の旬は3〜4月の春。価格も露地物が出回るこの時期に下がる傾向があります。
“いちご”は世界各国で食べられていますが、生でそのまま食べる量は日本が世界一多いといわれています。(注1)また、日本産の“いちご”は海外でも人気が高く、輸出量も増加傾向にあるのをご存知でしょうか。

そんな“いちご”がおいしい季節をもっと楽しめる、品種による特徴や甘くておいしい“いちご”の選び方、“いちご”に含まれる栄養素、そしておいしい食べ方などをご紹介します。

人気の“いちご”の品種には、どのようなものがあるの?

日本産の“いちご”の品種は約300種と大変多く、世界全体の品種の半分以上が日本産のものといわれるほど。そのなかでも店頭で見かけることが多い人気の品種の味や粒の大きさなどの特徴をみていきましょう。

とちおとめ

栃木県生まれの“いちご”で、現在、東日本のシェアNo.1の品種です。1996年に誕生したとちおとめの人気は高く、さまざまな品種が出てきても長年にわたって親しまれています。一粒が平均15g前後の中粒で日持ちがよく、酸味が少なくて甘味が強いのが特徴です。

あまおう

福岡県生まれの“いちご”で、正式な品種名は「福岡S6号」。あまおうの名前は、「あか(赤)い、まる(丸)い、おお(大)きい、うまい」の頭文字から名付けられました。一粒が20gを超える中〜大粒のものが多い特徴があり、見た目も丸みがあってかわいらしい形をしています。果肉はかためで果汁が多く、甘味と酸味が調和して風味のよい味わいです。

ひのしずく

熊本県生まれの“いちご”で、正式な品種名は「熊研い548」といいます。一粒が平均18g前後の中粒で、紅色の果皮はツヤがあり美しい見た目をしています。果皮は少しやわらかめでみずみずしく、甘味が強く酸味がやや少ない特徴があり、味と香りに優れています。

紅ほっぺ

静岡県生まれの“いちご”で、紅ほっぺという名前は、果皮が美しい紅色で果肉も中心まで赤くなること、そしてほっぺが落ちるほどのコクがある味のよさを表現しているそうです。
見た目は、やや縦長の円錐形をしていて、果肉はややかため、甘味が強いだけでなく適度な酸味があり、調和がとれた味わい。一粒のサイズにばらつきが出やすく、春の観光シーズンに多く収穫できるため、“いちご”狩り用に使われています。

これらの人気品種のほかに、個性的な新品種も続々と誕生し注目を集めています。粒の色や形、大きさが特徴的な品種には、ピンク色の「初恋の香り(山梨県・福島県生まれ)」、桃のような香りがあるのが特徴で芳醇な香りが名前の由来にもなっている「桃薫(とうくん)(三重県生まれ)」、粒が白く一粒の重さが平均60gと大玉の「天使の実(佐賀県生まれ)」、一粒100gを超えることもある超特大サイズの「美人姫(岐阜県生まれ)」といったものがあります。どれもかわいらしい素敵なネーミングですよね。見つけたときには、ぜひ手にとってみてはいかがでしょう。

甘くておいしい、“いちご”の選び方&食べ方

“いちご”は収穫後に熟す(時間をおいておいしくなる)ことはないため、収穫したばかりの新鮮なものが一番おいしいといわれています。そこで、より新鮮で熟しているものを選ぶために、下記のチェックポイントを確認してみましょう。

<“いちご”を選ぶときのチェックポイント>

果実全体が赤く染まって熟しているか。

※品種によっては色が薄めでも完熟状態のものもあります。

果皮 ハリ・ツヤがあるか。傷がないか。
ヘタ 緑色が鮮やかで、しなびておらず、ピンとしているか。

また、よりおいしく食べるコツを2つご紹介します。

<“いちご”をおいしく食べるコツ>

●カットする際には縦に切る

“いちご”は先端から熟していくため、ヘタの部分よりも先端のほうが甘くなっていきます。甘い部分を均一に分けるには、ヘタをとった後に縦に切るとよいでしょう。

●少し常温においてから食べる

人の味覚は温度によって感じ方が変わり、冷たいと甘味を感じにくい特徴があります。そのため、食べる少し前に常温においたほうが甘さを感じやすくなります。

“いちご”に含まれる栄養素とは?

“いちご”には、ビタミンCが豊富に含まれています。みかんやグレープフルーツの約2倍でフルーツのなかでも特に多い特徴があります。ビタミンCは、皮膚や細胞のコラーゲンの合成に必須な栄養素であり、活性酸素を消去して細胞を保護する抗酸化作用も持っています。

100g(小粒10個前後・中粒6個前後・大粒2個前後)当たりに含まれるビタミンCは62mgで、成人男女が一日にとりたい推奨量は100mgなので、大粒の“いちご”なら3〜4個で1日分をクリアできる計算になります。(注2・3)

また、ビタミンB群の一種である葉酸も豊富で、100g当たり90μg含まれています。葉酸は細胞増殖と深い関わりがあり、不足すると巨赤芽球性貧血になってしまう恐れがあります。妊娠を望んでいる方や妊娠初期の方は、胎児の神経管閉鎖障害の発症予防のために、特に不足に気をつけたい栄養素のひとつです。

成人男女が一日に摂りたい推奨量は240μg(※)なので、大粒の“いちご”なら2個前後で約1/3日分を摂れることになります。(注2・3)
※成人女性でも妊娠中の方は480μgと異なります。
※μg=1mgの1000分の1


そのほかにも、“いちご”の赤い色素成分であるポリフェノールの一種で抗酸化作用をもつアントシアニンや、食物繊維、カリウムも多く含んでいます。

<効率よく栄養を摂るコツは?>

“いちご”に含まれる栄養素のなかで特に多いビタミンCを効率よく摂るには、その特徴を生かして食べるとよいでしょう。ビタミンCは水溶性ビタミンで、熱に弱く壊れやすい特徴があります。効率よく摂るためには、生のまま食べるほか、調理をする場合は、スムージーやシャーベットなど、加熱をせずに食べるのがおすすめです。

少しでも長持ちさせる保存方法のポイント

最後に、食べきれなかったときの保存方法をご紹介します。

●生で食べるとき

パックから出し、重ならないようにポリエチレン袋などに入れて、冷蔵庫で保存しましょう。水洗いをすると、カビが生える可能性があるので食べる直前に洗うのがおすすめです。先に洗う必要がある場合は、水分をよくとってから保存しましょう。

●量が多くて食べきれないとき、ジャムやスムージーにするとき

一度冷凍保存をするのがおすすめです。冷凍するときは、“いちご”を水洗いしてヘタをとり、水分も取り除いてフリーザーバッグに入れて保存します。冷凍“いちご”でジャムやスムージーを作ると、生の“いちご”を使用するよりも、なめらかな食感に仕上がります。

旬の季節は“いちご”を思いっきり楽しみましょう!

“いちご”には特徴が異なるさまざまな品種があるため、食べ比べてみるとより一層楽しめます。おいしいだけでなく、ビタミンCなど私たちが不足しがちな栄養素を含むため、手軽に入手できる時期はより健康的な間食として、甘いお菓子やスナック菓子の代わりに“いちご”を食べるなど、日々の食習慣のなかに上手に活用できると良いですね。

ただし、どんなに体に良い栄養素が含まれているからといっても、毎日たくさんの量を食べ過ぎてしまうと、糖質の摂り過ぎから肥満の原因になってしまうなど、健康に悪影響を与えてしまう恐れもありますので、適量を楽しむように気をつけましょう。

関連記事

 
  • 食育

<野菜ソムリエが伝授> 思春期の体調管理や集中力アップにおすすめの ”野菜のチカラ”で新学期に備えよう!

毎日何気なく食べている野菜にはさまざまなチカラがあることを知っていますか。野菜が苦手な子どもも多いですが、勉強やスポーツへの集中力をアップしてくれるなど、中高生にとって大切な栄養を多く含んでいますので、毎日たっぷり摂りたいですね。野菜ソムリエPro.として日本野菜ソムリエ協会認定料理教室を主宰し、高校生と春から中学生の子どもを持つお母さんでもある安部加代子さんに、“野菜のチカラ”や、“子どもにおいしく野菜を食べさせるコツ”などについて伺いました。

 
  • 食材

カルシウムだけじゃない!日本乳業協会に聞いた「牛乳」の歴史や魅力とは

私たちが日頃飲んでいる「牛乳」。日本ではいつから飲み始められたか知っていますか?牛乳の歴史は諸説ありますが、約1万年前に始まり、日本でも飛鳥時代には飲まれていたとされています。カルシウムやたんぱく質、ビタミンなどをバランスよく含み、高い栄養価を持つ牛乳は、当時は薬とされ、大変貴重なものでした。日本で牛乳が広まった歴史や、生産量の移り変わり、そして目的に合わせたおすすめの飲み方について、牛乳をよく知る専門家、一般社団法人日本乳業協会にお話を伺いました。

 
  • 食育

子どもが嫌いな野菜の5つの特徴と野菜が美味しく食べられる料理のコツ!

「うちの子、今日もまったく野菜を食べてくれなくて…」「どうしたら野菜を食べてくれるんだろう…」。野菜が苦手で食べようとしない子どもに、悩んでいるパパやママは多いことでしょう。ビタミン・ミネラル・食物繊維などが豊富に含まれている野菜は、子どもの健やかな成長のためにも不可欠と言えます。また、野菜不足は代謝や免疫力の低下、便秘など、さまざまな症状の原因になりやすいため、何とか克服したいものです。そこで今回は、子どもが嫌がる野菜の特徴と、子どもが野菜を少しでも喜んで食べてくれる料理のコツについてお伝えします。


その他の記事

 
  • 食育

【10月は食品ロス削減月間】親子で取り組めば楽しくできる!身近なSDGs「食品ロス削減」チャレンジのアイデア

持続可能で、よりよい世界を目指す国際目標「SDGs」。2030年までに達成すべき17のゴールが設定されていますが、その中でも限られた地球の資源を守るために「つくる責任 つかう責任」という目標が掲げられています。「食品ロス削減」は、私たちの暮らしの中で身近に取り組める課題です。年間を通して大切な取り組みですが、特に日本国内では、農林水産省・消費者庁・環境省が連携し、10月は「食品ロス削減月間」として啓発しています。そこで今回は、「食品ロス削減」月間にちなみ、親子で楽しく「食品ロス削減」に取り組むことができる3つのアイデアと、ハウス食品グループが推進する「食品ロス削減」3つの取り組みについてご紹介します。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】代替肉“大豆ミート”が世界を救う?特長や食べ方を知っておいしく持続可能な未来づくりを!

まるで、お肉のような食感を楽しめる大豆加工食品の“大豆ミート”。近年、その市場は拡大傾向にあり、10年以内には肉全体の約10%を“大豆ミート”が占めるという試算が発表されるなど、世界的に“大豆ミート”の注目度が高まっています。日本でもここ数年の間に多くの大手食品メーカーから“大豆ミート”の製品が販売されるようになり、スーパーなどで気軽に入手できるようになりました(注1)。“大豆ミート”の市場が拡大した背景には、健康によい食品としての側面だけでなく、地球にやさしい食材を選択する価値観や考え方への社会的な関心の広がりがあるようです。そこで今回は、“大豆ミート”の魅力をはじめ、そのメリットや使い方などをご紹介します。

 
  • イベント

【イベント実施報告】2022年夏休み企画!オンラインで「ハウス食品 静岡工場」を見学!製品の製造工程や様々な工夫を発見!

2022年7月に募集し、2022年8月9日に開催しました「オンライン工場見学」についてレポートいたします。多数ご応募いただいた方の中から当選されたご家族の皆さまには、レトルトカレーととんがりコーンの製造工程の見学やクイズコーナーなど、ご家族でお楽しみいただきました。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】料理の味を安定させるだけじゃない!?調味料を計量する大切さとは!

調味料の正しい計量方法は意外と細かくは知らない人も多いのではないでしょうか?カモンハウス会員の皆さまよりコメント投稿いただいている「トークのお部屋」のテーマ“悩んだことのある「レシピ語」と対応した方法をお教えください!”には、「味付けに失敗した経験がある」、「そもそもなぜ計量することが大事なのかわからない」「適量とは?」など、様々なご意見が寄せられました。そこで、調味料の計量は、料理を美味しくすることはもちろん、塩分や糖質など健康への影響にも重要ということや、計量の正しい方法について、管理栄養士の亀崎智子さんに教えていただきます。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】偏食になりがちな夏休みの食生活の工夫を食育マスターの健康メニューで乗り越える!

お子さまが偏食により体調を崩したり、3食の準備など夏休みならではのお悩みをお持ちのご家庭も多いのではないでしょうか。「カモンハウス会員」の皆さまにご協力いただいた、みんなのオープンデータ第8回「夏休みの過ごし方」のアンケート結果でも、「冷たいジュースやアイスなど間食が増える」「暑くて食欲が落ちてしまい、食べたいものが思いつかない」などの回答が多く寄せられました。そこで今回は“夏に不足しがちな栄養素とその影響”の観点から、悩みごとに適したメニューを管理栄養士の荒井名南さんに紹介していだだきます。