from ハウス

  • イベント

~レイノーで食卓を華やかに演出~レイノー「ハルモニア」シリーズ

~レイノーで食卓を華やかに演出~レイノー「ハルモニア」シリーズ

~もっと豊かで楽しい食生活を~
ハウス食品グループは、1981年よりフランスの名品「レイノー」の総輸入代理店として、毎日の食卓を楽しく演出する陶磁器を皆さまにお届けしています。
1849年にフランス・リモージュで誕生した「レイノー」は、創業以来手作りによる受注生産方式を続け、フランスを始め世界各国の王室や著名なレストランに愛されている名品です。
今回は、東京ドームシティで開催される“テーブルウェア・フェスティバル2022”の特別企画でも展示される「レイノー」の「ハルモニア」シリーズをご紹介いたします。

東洋のエキゾチックなデザインが印象的なレイノー「ハルモニア」シリーズ

2020年に発売されたレイノーの「ハルモニア」シリーズ。
18世紀の中国で象徴的な絵柄にレイノーが新たな解釈を加えてデザインした「ハルモニア」。デザイン名の意味は「調和・ハーモニー」で、子孫繁栄をあらわす“ザクロの果実”、永遠の花と呼ばれる“ザクロの花”、そしてブッダの手とも呼ばれ、幸運や長寿をもたらすとされる“仏手柑(ぶっしゅかん)”の3つの植物をモチーフに華やかなデザインが描かれています。東洋風のエキゾチックな印象ですが、日本の食卓にも相性が良いデザインです。

東洋のエキゾチックなデザインが印象的なレイノー「ハルモニア」シリーズ

レイノー「ハルモニア」シリーズの詳細はこちら

テーブルウェア・フェスティバル2022 特別企画~華ある洋食器~

2022年1月29日より開催される“テーブルウェア・フェスティバル 2022 ~暮らしを彩る器展~”の海外特集「Quality of Life~華ある洋食器~」にレイノーの「ハルモニア」が展示されます。

“日常をもてなす”“華ある器と暮らす美しい日常”をコンセプトに、「ハルモニア」で豊かな暮らしをご提案します。その他、「イタリアンルネッサンス」「トレゾー」、マグカップなども展示予定です。今回のテーブルウェア・フェスティバルは、会場の開催に加えてオンラインイベントも同時開催です。詳細は下記をご覧ください。

テーブルウェア・フェスティバル 2022 Onlineの詳細はこちら
(公開日時:2022年1月29日(土)9:00~2022年2月28日(月)19:00)

テーブルウェア・フェスティバル 2022「海外特集」の詳細はこちら

テーブルウェア・フェスティバル2022 特別企画~華ある洋食器~

レイノーのすべてが揃っています~直営店「エルキューイ・レイノー青山店」~

直営店「エルキューイ・レイノー青山店」には、日本で扱っているレイノー商品をご覧いただくことができます。2月のエルキューイ・レイノー青山店では「ハルモニア」のチャイニーズティーカップを使ってシノワズリの世界を展開します。テーブルウェア・フェスティバルとは違った印象のテーブルセッティングをお楽しみいただけます。また、日本では青山店でのみ販売している「ハルモニア」シリーズの色違い「マロン」シリーズ(下記の写真)も展示中です。

レイノーのすべてが揃っています~直営店「エルキューイ・レイノー青山店」~
レイノーのすべてが揃っています~直営店「エルキューイ・レイノー青山店」~

エルキューイ・レイノー青山店はこちら
※ご来店の際は、最新の営業時間をホームページにてご確認ください。

その他の記事

 
  • 食育

管理栄養士もびっくり!“カモンハウス会員”の皆さまにご投稿いただいた、多彩な「カレー・シチューのアレンジメニュー」をご紹介!

カモンハウスの「トークのお部屋」では、さまざまな「トークテーマ」に対し、会員の皆さまからコメントを投稿いただいています。今回は、2021年6月から開催している『カレー・シチューの「アレンジメニュー」大募集!』 のテーマから、思わず真似したくなるようなアイディアと、管理栄養士のアレンジレシピをご紹介します!

 
  • 食育

【管理栄養士監修】一人暮らしの「新生活」を応援!身につけておきたい食事知識と簡単お手軽メニュー

春から、大学生や社会人として「新生活」を迎える方も多いと思います。親御さまは、独り立ちしていく我が子をみて、嬉しい反面、「新しい環境で上手くやっていけるかな?」「ちゃんとごはんを食べられるかな?」と気になることも多いのではないでしょうか。「カモンハウス会員」のみなさまにご協力いただきました、第7回みんなのオープンデータ「“新生活の食事”大調査!」 の結果でも、「栄養が偏りそう」「自炊が不慣れ」という回答が多く寄せられました。そこで今回は、食事からお子さまの「新生活」を応援!“一人暮らしの食事情”から、“そろえておくと役立つおすすめの食材”、“料理初心者でも簡単に作れるメニュー”などをご紹介します。

 
  • 食育

毎日の食卓でできるエコにチャレンジ 第5弾は「エコバッグ、マイスプーンやマイストローを持とう!」

レジ袋の有料化かに伴ない、エコバッグ(マイバッグ)の使用が日常的になった現在。さらにプラスチックごみを削減するために2022年4月1日からは「プラスチック資源循環促進法」(通称:プラ新案)が施行され、事業者は様々な対応が求められます。その中にはスプーン、フォーク、マドラー、ストローなどが含まれ、事業者によっては提供が有料になる場合も。利便性の高いプラスチック製品ですが、環境負荷を軽減するため、この機会に家族でマイスプーンやマイストロー(マイカトラリー)を使い始めてみませんか?

 
  • 食育

【管理栄養士監修】知って得する!“いちご”の栄養やおいしい選び方&食べ方のコツ

ビニールハウスでの栽培や品種改良などが進み、最近では12月後半から店頭にも並び始める“いちご”ですが、本来“いちご”の旬は3〜4月の春。価格も露地物が出回るこの時期に下がる傾向があります。 “いちご”は世界各国で食べられていますが、生でそのまま食べる量は日本が世界一多いといわれています。また、日本産の“いちご”は海外でも人気が高く、輸出量も増加傾向にあるのをご存知でしょうか。そんな“いちご”がおいしい季節をもっと楽しめる、品種による特徴や甘くておいしい“いちご”の選び方、“いちご”に含まれる栄養素、そしておいしい食べ方などをご紹介します。

 
  • 食育

毎日の食卓でできるエコにチャレンジ 第4弾は「旬の食材を食べよう」

ハウス栽培や農業技術の向上、海外からの輸入などによって、店頭には季節を問わずあらゆる食材が並んでいますが、やはり旬の食材はおいしいもの。栄養価の高さにおいても優れ、季節ごとにおいしい食材を使った食事を楽しむことは健康的です。しかも産地の近い食材を使うことで輸送にかかるエネルギー消費も削減でき、環境負荷の軽減につながる要素も。旬の食材を食卓に取り入れてみてはいかがでしょうか。