from ハウス

  • 健康

肝機能障害とは?
肝機能の低下が引き起こす症状をご紹介

「肝機能障害」とは?肝機能の低下が引き起こす症状をご紹介

健康診断などで肝機能障害を指摘され、不安に思われていませんか?
日本人間ドック学会によると、人間ドック受診者のうち33.7%が肝機能の異常を指摘されています(注1)。再検査の報告がきたにも関わらずそのまま放っておくと様々な病気のリスクが考えられます。この記事では、肝機能障害の原因、悪化した場合に引き起こされる病気とその症状、そして肝機能を高める方法についてご紹介いたします。

「肝機能障害」とは?

肝機能障害とは、何らかの原因によって肝細胞が障害を受け炎症が起こり、肝細胞が壊されてしまう病態のことです。肝機能障害が起こると肝細胞に含まれるALTやASTといった酵素が血液中に漏れ出すため、健康診断の血液検査の項目で数値の異常として発見されます。

肝機能障害が起こる原因

肝機能障害が起こる原因

肝機能障害の原因は主に5種類あります。

①ウイルス性肝炎

肝臓がウイルスに感染して炎症が起こる疾患です。肝炎を引き起こすウイルスには主にA型、B型、C型、E型の4種類がありますが、B型肝炎ウイルス(HBV)又はC型肝炎ウイルス(HCV)の場合がほとんどです。HBVは輸血や出産、注射針の使いまわし、性行為によって感染します。またHCVにおいては、輸血や血液製剤、入れ墨によって感染します。

②アルコール性肝障害

長期間にわたり過剰な飲酒をすることで肝臓に障害が起こる疾患です。エタノールを1日に男性は30g以上(ビール750ml、日本酒1合半相当)、女性は20g以上摂取すると、アルコール性肝障害を起こすことがあります。改善のためには禁酒や節酒が必要です。

③非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)

飲酒を全くしていない人、又は少量しか飲まない人の肝臓に脂肪がたまる疾患です。NAFLDのうちの10%~20%は進行性の脂肪肝である非アルコール脂肪性肝炎(NASH)が占めます。多くの場合は肥満や糖尿病、脂質異常症、高血圧などの生活習慣病が原因となりますが、その他にもストレスや昼夜逆転の仕事、手術後の薬剤など様々な原因が考えられます。

④薬物性肝障害

薬の副作用によって肝臓に障害が起こる疾患です。原因となる薬は抗生物質や解熱鎮痛剤、精神神経系薬、抗がん剤の場合が多いです。しかし、漢方薬や健康食品、サプリメントなどの病院で処方される薬以外でも起こりえます。

⑤自己免疫性肝炎

免疫の異常が関連して肝臓に障害が起こる疾患です。発症する人は中年以降の女性が多いとされています。原因がはっきりしておらず、①~④までの原因がはっきりしている肝機能障害を除いて診断されます(注2)。

肝機能障害の症状と悪化が引き起こす病気

肝機能障害の症状と悪化が引き起こす病気

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれており、初期の慢性肝炎では症状が現れません。そのため、悪化するまで気づかずに放置してしまう人が多くなってしまいます。急性肝炎の場合には疲労や倦怠感、食欲不振、発熱などの風邪に似た症状が現れるのが特徴です。

そして、慢性肝炎は悪化すると最終的には肝硬変や肝不全、肝がんへと進行し、浮腫(むくみ)、黄疸(皮膚や白目の部分が黄色くなる)、腹水(腹腔に体液がたまる)、肝性脳症(アンモニアなどの有害物質が脳に到達する)などの、より深刻な症状が現れます(注3)。

肝機能を高めるためには?

肝機能を高めるためには?

健康診断で数値に異常があった場合は、生活習慣の改善に取り組んで肝機能を高め、悪化を防ぐことが重要です。生活習慣の改善には運動や食事のほか、十分な睡眠やストレスの緩和が含まれます。

肝機能を高める食事

肝機能を高める食事のポイントを4つご紹介いたします。

①ビタミン・ミネラルを摂取すること

肝機能が低下すると肝臓がビタミンを蓄える力も弱まります。緑黄色野菜やきのこ類、海藻類などのビタミンとミネラルを豊富に含む食材を積極的に食べましょう。

②タンパク質を摂取すること

ダメージを受けた肝臓を修復するためには良質なタンパク質の摂取が必要です。魚介類、肉類、大豆製品、卵などを食事に取り入れましょう。その際は、ベーコンやウインナーなどの加工品は摂取量に気をつけましょう。

③肝臓の解毒作用を高める食品を食べること

よく二日酔いのときはしじみのみそ汁が効くといいます。しじみを代表に、あさりなどの貝類やタコ、エビは肝臓の解毒作用を高めます。

④主食・主菜・副菜を揃えた食事にすること

肝臓に良い食品を食べるだけではなく、栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。特に、外食するときは副菜が欠けやすいため注意が必要です。単品よりは定食を選び、コンビニでお弁当を買う際は合わせてサラダも買うことをおすすめします。

肝機能障害のときの運動

適度な有酸素運動は特に非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の改善に有効です。1日に30分以上のウォーキングやジョギングなどに取り組むことで肝臓にたまった脂肪を減らすことが期待できます。また、筋肉にはアンモニア代謝によって、肝臓の働きを補完する作用があります。そのため、NAFLD以外の慢性肝炎の方にとっても運動は大切であると言えます(注3)。(進行した肝硬変等の場合は原則として運動は避けましょう。)

今回は肝機能障害の原因、悪化が引き起こす病気とその症状、また肝機能を改善する生活習慣についてご紹介してきました。健康診断で数値に異常があった場合に「症状がないから」と放置してしまうと、深刻な病気に進行する可能性があります。肝臓をいたわって、食事や運動、睡眠などの生活習慣を見直し、数値の改善に取り組みましょう。

その他の記事

 
  • 健康

行動療法士の菅原先生に聞いた!今日からできる「スポーツ」のパフォーマンスを上げるための睡眠のコツ

「ライフスタイルの質」を向上させるには、「睡眠の質」を向上させることが一つの鍵です。夜ぐっすり眠り、朝すっきり起きる。そんな理想の睡眠は、日々のちょっとした工夫で手に入るかもしれません。 今回は、行動療法士の菅原先生に「スポーツ」のパフォーマンスを上げるための「睡眠の質」を向上させるテクニックを教えてもらいました!

 
  • 健康

\第2弾「夏の冷え症」/急激な温度差に要注意!今日からできる夏の冷え対策

前回は「夏でも注意したい、専門家に聞いた「冷え症」を改善する知恵と食生活」として冷え症についての基本的なメカニズムなどをご紹介いたしました。今回は、「夏の冷え症」に絞って、今日からお役立ちいただける夏の冷え対策についてご案内いたします。「冷え症」といえば、寒い冬の季節になるものだと思われるかもしれませんが、実は暑い夏の季節に冷えの症状に悩む人も意外と多いのです。手足や身体が冷えるといった自覚症状があるものから、「それも冷え症のせい?」と意外に思われる不調までさまざま。夏に冷え症が起きるメカニズムや、自分でできる対処方法、食習慣のポイントについてご紹介します。

 
  • 健康

夏でも注意したい、専門家に聞いた「冷え性」を改善する知恵と食生活

冷房の効きすぎや、気温が下がることで、手足や腰などの冷えに悩む人も多いのではないでしょうか。昔から「冷えは万病のもと」と言われているように、頭痛や肩こり、便秘、不眠、生理痛など身体の不調や病気を引き起こすきっかけにもなります。これだけ多くの人が悩んでいるにもかかわらず、「冷え症」とはそもそもどういう状態なのか、なぜ起きるのかはあまり知られていません。冷え症について正しく理解するために、冷え症研究の第一人者である横浜市立大学の中村幸代先生にうかがいました。

 
  • 健康

健康をサポート!毎日摂りたい種類豊富で栄養価の高い「スーパーフード」とは?

アサイー、キヌア、チアシード、モリンガ……これらを聞いたことや食べたことはありませんか?これらはいずれも「スーパーフード」と呼ばれています。数年前から話題となり始め、今やスーパーマーケットの店頭にも並び、ものによっては気軽に手に入るようになりました。とはいえ、実はその歴史や効果についてよく知らないという人も。ブームが定着化しつつある今だからこそ、あらためてスーパーフードの種類や効果などの基礎知識をご紹介いたします。病気予防、美肌作りなどのために取り入れたいスーパーフード、そのパワーの秘密とは!?

 
  • 健康

30年後の体や脳を守るため!知っておきたい「血糖値スパイク」を抑える対策とは?

「血糖値スパイク」という言葉を聞いたことがありますか? 食後に血糖値が急上昇するという、朝食抜きで採血をする健康診断では見つからないやっかいな異常として注目されています。最新の研究では、血糖値スパイクを放置していると心臓病やがん、そして認知症を生じやすいこともわかってきています。血糖値スパイクとその予防について、大阪大学大学院医学系研究科 臨床遺伝子治療学の武田朱公(しゅこう)准教授にお話をうかがいました。