from ハウス

  • 健康

本当はこわい?健康情報 ヘルスリテラシーを身につけよう

飲むだけで○○が治る、○○は食べてはいけない……インターネットにも、雑誌や新聞などの広告にも、こんなフレーズがあふれています。でも、それ、「あなたの健康」にほんとうにベストか、わかりますか? 世の中にあふれる健康情報から、自分に適したものを選びとるために「ヘルスリテラシー」を身につけましょう。

ヘルスリテラシーは“健康情報を読み解く力”

リテラシーという言葉は、もともとは「読み書きの能力」という意味。そこから転じて、さまざまな分野で、知識や能力があることを「○○リテラシー」と言うようになりました。
ヘルスリテラシーとは、自分に必要な健康情報を見つけ、理解し、評価し、活用する力のこと。
ネットやテレビ、雑誌や広告などでは、“健康に役立つ”食べ物や商品を取り上げて、「どんな効果があるのか」「効果はどれくらい早く現れるのか」といったことをアピールしています。ところが、「どのような仕組みで効くのか」「副作用や注意が必要なこと」といった情報はほとんどないため、効用だけに目が行き、リスクには無頓着になりがちです。
たとえば、「抗酸化作用がある」とされるビタミンAですが、摂取しすぎると、腹痛、嘔吐といったビタミンンA過剰症になる可能性があります。このように、体に良いとされるサプリメントを大量に摂取した場合のリスクはあまり知られていません。また、ブームの「糖質制限ダイエット」でも、流行だからと始めたものの極端なエネルギー不足で体調不良に陥る人も少なくない、と言われています。
自分に合った健康情報が選べない、流行に流される……このような「ヘルスリテラシーが低い」状態では、思わぬ健康被害に巻き込まれる危険があります。
2015年には、内閣府の食品安全委員会が、健康食品について「食品であっても安全とは限りません」「ビタミン・ミネラルをサプリメントで摂ると過剰摂取のリスクがあります」「誰かにとって良い健康食品が、あなたにとっても良いとは限りません」などの注意事項を発表。(※1) 健康情報が溢れている今、ヘルスリテラシーを身につけ、健康情報を上手に選び取ることは、もはや必須になってきている……といえるでしょう。

健康情報を見極めるキーワードは「い・な・か・も・ち」

では、ヘルスリテラシーを身につけるには、どうすればよいのでしょうか。ヘルスリテラシー向上に取り組む聖路加国際大学では、健康に関する情報を選ぶときに、どのようなポイントに注意すればよいのかを、覚えやすいようキーワードにまとめています。それが、「い・な・か・も・ち」。

健康情報は「い・な・か・も・ち」で確認

  • い……いつ書かれた情報か
  • な……なんのために書かれた情報か
  • か……書いた人はだれか
  • も……元ネタは何か
  • ち……違う情報と比べたか

【い】いつ書かれた情報か

健康・医療の研究は日々進化しています。そのため、書かれた当時は最新だったデータが、今では古くなっている可能性があります。書籍なら発行日を、ネットの場合は、更新日をチェックしましょう。

【な】なんのために書かれた情報か

宣伝や広告なのか、科学的な検証記事なのか、注意深く読み解きましょう。書籍の場合は、まえがきやあとがきなどが参考になりますし、ウェブサイトでは、運営元や目的などをチェックするとよいでしょう。

【か】書いた人はだれか

情報を書いた人はどんな立場でどのような背景の人かをチェック。出版社やウェブサイトの運営団体から、大体の志向がわかる場合があります。書いた人の名前がわかれば、そこから専門分野や所属している学会といった立場や背景を知ることができます。そうすることで、入手した情報についての理解を深めることができます。

【も】元ネタは何か

健康“効果”をうたうからには、根拠となるデータや論文があるはず。それが示されていない場合は要注意。「使用者アンケート」や「利用者の声」は、一見信用がおけそうですが、あくまでも個人の感想。科学的な裏付けとは言えませんし、都合のよい内容を選んでいる可能性もあるので注意しましょう。

【ち】違う情報と比べたか

一つの情報だけで判断せず、別の人の書いた本やウェブサイトを読み比べたり、ほかの商品と比較したりするなど、自分で比較・検討しましょう。

少々手間がかかっても、この「い・な・か・も・ち」で健康情報を確認する習慣をつけると、見つけた健康に関する情報の理解がさらに深まります。「こういう情報ならば信頼がおける」「これは少し危なそう」と感じることができるようになればしめたもの。ヘルスリテラシーが身についてきたと言えるでしょう。

医療機関でもヘルスリテラシーを磨こう

ヘルスリテラシーが役立つのは、自分で健康情報を調べるときだけではありません。
自分に関係する健康情報をたくさん手に入れられるところ――健康情報の宝庫――それは医療機関です。
医療機関で説明を受けるとき、わかりにくいことがあってもついついそのままにしてしまう人は意外と多いのではないでしょうか。しかし、必要なときには医師や看護師、薬剤師に質問し、自分の健康状態をしっかり理解するのも、ヘルスリテラシーにとっては大切なことなのです。
最近では、健康についての相談を受け持つ「健康相談外来」「健康相談室」を設けている医療機関があり、「健康相談」に取り組む自治体も増えてきています。「受診するほどではないけれど……」というときに、利用してみてはいかがでしょうか。
ちょっとしたことの積み重ねでも、自分の健康を自分で理解しようとすること。それがヘルスリテラシーを育てていきます。

その他の記事

 
  • 健康

\第2弾「夏の冷え症」/急激な温度差に要注意!今日からできる夏の冷え対策

前回は「夏でも注意したい、専門家に聞いた「冷え症」を改善する知恵と食生活」として冷え症についての基本的なメカニズムなどをご紹介いたしました。今回は、「夏の冷え症」に絞って、今日からお役立ちいただける夏の冷え対策についてご案内いたします。「冷え症」といえば、寒い冬の季節になるものだと思われるかもしれませんが、実は暑い夏の季節に冷えの症状に悩む人も意外と多いのです。手足や身体が冷えるといった自覚症状があるものから、「それも冷え症のせい?」と意外に思われる不調までさまざま。夏に冷え症が起きるメカニズムや、自分でできる対処方法、食習慣のポイントについてご紹介します。

 
  • 健康

夏でも注意したい、専門家に聞いた「冷え性」を改善する知恵と食生活

冷房の効きすぎや、気温が下がることで、手足や腰などの冷えに悩む人も多いのではないでしょうか。昔から「冷えは万病のもと」と言われているように、頭痛や肩こり、便秘、不眠、生理痛など身体の不調や病気を引き起こすきっかけにもなります。これだけ多くの人が悩んでいるにもかかわらず、「冷え症」とはそもそもどういう状態なのか、なぜ起きるのかはあまり知られていません。冷え症について正しく理解するために、冷え症研究の第一人者である横浜私立大学の中村幸代先生にうかがいました。

 
  • 健康

健康をサポート!毎日摂りたい種類豊富で栄養価の高い「スーパーフード」とは?

アサイー、キヌア、チアシード、モリンガ……これらを聞いたことや食べたことはありませんか?これらはいずれも「スーパーフード」と呼ばれています。数年前から話題となり始め、今やスーパーマーケットの店頭にも並び、ものによっては気軽に手に入るようになりました。とはいえ、実はその歴史や効果についてよく知らないという人も。ブームが定着化しつつある今だからこそ、あらためてスーパーフードの種類や効果などの基礎知識をご紹介いたします。病気予防、美肌作りなどのために取り入れたいスーパーフード、そのパワーの秘密とは!?

 
  • 健康

30年後の体や脳を守るため!知っておきたい「血糖値スパイク」を抑える対策とは?

「血糖値スパイク」という言葉を聞いたことがありますか? 食後に血糖値が急上昇するという、朝食抜きで採血をする健康診断では見つからないやっかいな異常として注目されています。最新の研究では、血糖値スパイクを放置していると心臓病やがん、そして認知症を生じやすいこともわかってきています。血糖値スパイクとその予防について、大阪大学大学院医学系研究科 臨床遺伝子治療学の武田朱公(しゅこう)准教授にお話をうかがいました。

 
  • 健康

病気を未然に防ぎ健康長寿でいるための食生活!医師に聞いた「先制医療」とは?

医療における新たな取り組み「先制医療」が注目されています。そのポイントは将来起こりやすい病気を未然に防ぐため、一人ひとりに最適な医療を施すこと。例えば今はまだ何の症状もなくても、先々高血圧になる可能性が高い人に、発症前から治療を行い高血圧にならないようにします。先制医療のカギは食事にある、と語る東京国際クリニック院長の高橋先生にお話を伺いました。