from ハウス

  • 健康

本当はこわい?健康情報 ヘルスリテラシーを身につけよう

飲むだけで○○が治る、○○は食べてはいけない……インターネットにも、雑誌や新聞などの広告にも、こんなフレーズがあふれています。でも、それ、「あなたの健康」にほんとうにベストか、わかりますか? 世の中にあふれる健康情報から、自分に適したものを選びとるために「ヘルスリテラシー」を身につけましょう。

ヘルスリテラシーは“健康情報を読み解く力”

リテラシーという言葉は、もともとは「読み書きの能力」という意味。そこから転じて、さまざまな分野で、知識や能力があることを「○○リテラシー」と言うようになりました。
ヘルスリテラシーとは、自分に必要な健康情報を見つけ、理解し、評価し、活用する力のこと。
ネットやテレビ、雑誌や広告などでは、“健康に役立つ”食べ物や商品を取り上げて、「どんな効果があるのか」「効果はどれくらい早く現れるのか」といったことをアピールしています。ところが、「どのような仕組みで効くのか」「副作用や注意が必要なこと」といった情報はほとんどないため、効用だけに目が行き、リスクには無頓着になりがちです。
たとえば、「抗酸化作用がある」とされるビタミンAですが、摂取しすぎると、腹痛、嘔吐といったビタミンンA過剰症になる可能性があります。このように、体に良いとされるサプリメントを大量に摂取した場合のリスクはあまり知られていません。また、ブームの「糖質制限ダイエット」でも、流行だからと始めたものの極端なエネルギー不足で体調不良に陥る人も少なくない、と言われています。
自分に合った健康情報が選べない、流行に流される……このような「ヘルスリテラシーが低い」状態では、思わぬ健康被害に巻き込まれる危険があります。
2015年には、内閣府の食品安全委員会が、健康食品について「食品であっても安全とは限りません」「ビタミン・ミネラルをサプリメントで摂ると過剰摂取のリスクがあります」「誰かにとって良い健康食品が、あなたにとっても良いとは限りません」などの注意事項を発表。(※1) 健康情報が溢れている今、ヘルスリテラシーを身につけ、健康情報を上手に選び取ることは、もはや必須になってきている……といえるでしょう。

健康情報を見極めるキーワードは「い・な・か・も・ち」

では、ヘルスリテラシーを身につけるには、どうすればよいのでしょうか。ヘルスリテラシー向上に取り組む聖路加国際大学では、健康に関する情報を選ぶときに、どのようなポイントに注意すればよいのかを、覚えやすいようキーワードにまとめています。それが、「い・な・か・も・ち」。

健康情報は「い・な・か・も・ち」で確認

  • い……いつ書かれた情報か
  • な……なんのために書かれた情報か
  • か……書いた人はだれか
  • も……元ネタは何か
  • ち……違う情報と比べたか

【い】いつ書かれた情報か

健康・医療の研究は日々進化しています。そのため、書かれた当時は最新だったデータが、今では古くなっている可能性があります。書籍なら発行日を、ネットの場合は、更新日をチェックしましょう。

【な】なんのために書かれた情報か

宣伝や広告なのか、科学的な検証記事なのか、注意深く読み解きましょう。書籍の場合は、まえがきやあとがきなどが参考になりますし、ウェブサイトでは、運営元や目的などをチェックするとよいでしょう。

【か】書いた人はだれか

情報を書いた人はどんな立場でどのような背景の人かをチェック。出版社やウェブサイトの運営団体から、大体の志向がわかる場合があります。書いた人の名前がわかれば、そこから専門分野や所属している学会といった立場や背景を知ることができます。そうすることで、入手した情報についての理解を深めることができます。

【も】元ネタは何か

健康“効果”をうたうからには、根拠となるデータや論文があるはず。それが示されていない場合は要注意。「使用者アンケート」や「利用者の声」は、一見信用がおけそうですが、あくまでも個人の感想。科学的な裏付けとは言えませんし、都合のよい内容を選んでいる可能性もあるので注意しましょう。

【ち】違う情報と比べたか

一つの情報だけで判断せず、別の人の書いた本やウェブサイトを読み比べたり、ほかの商品と比較したりするなど、自分で比較・検討しましょう。

少々手間がかかっても、この「い・な・か・も・ち」で健康情報を確認する習慣をつけると、見つけた健康に関する情報の理解がさらに深まります。「こういう情報ならば信頼がおける」「これは少し危なそう」と感じることができるようになればしめたもの。ヘルスリテラシーが身についてきたと言えるでしょう。

医療機関でもヘルスリテラシーを磨こう

ヘルスリテラシーが役立つのは、自分で健康情報を調べるときだけではありません。
自分に関係する健康情報をたくさん手に入れられるところ――健康情報の宝庫――それは医療機関です。
医療機関で説明を受けるとき、わかりにくいことがあってもついついそのままにしてしまう人は意外と多いのではないでしょうか。しかし、必要なときには医師や看護師、薬剤師に質問し、自分の健康状態をしっかり理解するのも、ヘルスリテラシーにとっては大切なことなのです。
最近では、健康についての相談を受け持つ「健康相談外来」「健康相談室」を設けている医療機関があり、「健康相談」に取り組む自治体も増えてきています。「受診するほどではないけれど……」というときに、利用してみてはいかがでしょうか。
ちょっとしたことの積み重ねでも、自分の健康を自分で理解しようとすること。それがヘルスリテラシーを育てていきます。

※本ページの記載内容は記事公開時点の情報に基づいて構成されています。

その他の記事

 
  • 食育

【10月は食品ロス削減月間】親子で取り組めば楽しくできる!身近なSDGs「食品ロス削減」チャレンジのアイデア

持続可能で、よりよい世界を目指す国際目標「SDGs」。2030年までに達成すべき17のゴールが設定されていますが、その中でも限られた地球の資源を守るために「つくる責任 つかう責任」という目標が掲げられています。「食品ロス削減」は、私たちの暮らしの中で身近に取り組める課題です。年間を通して大切な取り組みですが、特に日本国内では、農林水産省・消費者庁・環境省が連携し、10月は「食品ロス削減月間」として啓発しています。そこで今回は、「食品ロス削減」月間にちなみ、親子で楽しく「食品ロス削減」に取り組むことができる3つのアイデアと、ハウス食品グループが推進する「食品ロス削減」3つの取り組みについてご紹介します。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】代替肉“大豆ミート”が世界を救う?特長や食べ方を知っておいしく持続可能な未来づくりを!

まるで、お肉のような食感を楽しめる大豆加工食品の“大豆ミート”。近年、その市場は拡大傾向にあり、10年以内には肉全体の約10%を“大豆ミート”が占めるという試算が発表されるなど、世界的に“大豆ミート”の注目度が高まっています。日本でもここ数年の間に多くの大手食品メーカーから“大豆ミート”の製品が販売されるようになり、スーパーなどで気軽に入手できるようになりました(注1)。“大豆ミート”の市場が拡大した背景には、健康によい食品としての側面だけでなく、地球にやさしい食材を選択する価値観や考え方への社会的な関心の広がりがあるようです。そこで今回は、“大豆ミート”の魅力をはじめ、そのメリットや使い方などをご紹介します。

 
  • イベント

【イベント実施報告】2022年夏休み企画!オンラインで「ハウス食品 静岡工場」を見学!製品の製造工程や様々な工夫を発見!

2022年7月に募集し、2022年8月9日に開催しました「オンライン工場見学」についてレポートいたします。多数ご応募いただいた方の中から当選されたご家族の皆さまには、レトルトカレーととんがりコーンの製造工程の見学やクイズコーナーなど、ご家族でお楽しみいただきました。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】料理の味を安定させるだけじゃない!?調味料を計量する大切さとは!

調味料の正しい計量方法は意外と細かくは知らない人も多いのではないでしょうか?カモンハウス会員の皆さまよりコメント投稿いただいている「トークのお部屋」のテーマ“悩んだことのある「レシピ語」と対応した方法をお教えください!”には、「味付けに失敗した経験がある」、「そもそもなぜ計量することが大事なのかわからない」「適量とは?」など、様々なご意見が寄せられました。そこで、調味料の計量は、料理を美味しくすることはもちろん、塩分や糖質など健康への影響にも重要ということや、計量の正しい方法について、管理栄養士の亀崎智子さんに教えていただきます。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】偏食になりがちな夏休みの食生活の工夫を食育マスターの健康メニューで乗り越える!

お子さまが偏食により体調を崩したり、3食の準備など夏休みならではのお悩みをお持ちのご家庭も多いのではないでしょうか。「カモンハウス会員」の皆さまにご協力いただいた、みんなのオープンデータ第8回「夏休みの過ごし方」のアンケート結果でも、「冷たいジュースやアイスなど間食が増える」「暑くて食欲が落ちてしまい、食べたいものが思いつかない」などの回答が多く寄せられました。そこで今回は“夏に不足しがちな栄養素とその影響”の観点から、悩みごとに適したメニューを管理栄養士の荒井名南さんに紹介していだだきます。