from ハウス

  • 健康

30歳以降は要注意!そのダイエットは逆効果!?食べ過ぎ、飲みすぎた時の正しい対処法とは?

「仕事のストレスで飲みすぎちゃった」「自分へのごほうびでスイーツバイキングに行っちゃった」……など、食べ過ぎ、飲みすぎの罪悪感を打ち消すためのダイエット、名付けて“罪滅ぼしダイエット”は果たしてOKなのか、管理栄養士でダイエットや食習慣の改善にくわしい牧野直子先生にうかがいました。

若いときのイメージに頼らないで!ムリな罪滅ぼしダイエットは逆効果

飲みすぎた。食べ過ぎた。すでにとってしまったカロリーを帳消しにしたい。そんなとき、「1日断食」「久しぶりのジムで走り込む」など、無茶をした覚えのある人は多いはず。でも、とりすぎたエネルギーを急いで消費しようと無理をするのは逆効果だそう。
体を維持するために必要なエネルギーである基礎代謝は、10歳代半ばから後半にかけてピークを迎え、それ以降は下がる一方なのです。それでも、20歳代はピークの直後ですから、基礎代謝はまだまだ高く、落ち方もゆるやかです。しかし、年齢が進むにつれて基礎代謝はどんどん低くなり減り方も急になってきます。
「基礎代謝の高い20歳代なら、ちょっと無理をすれば体重を落とせるかもしれません。でも、30歳代以降は、付け焼刃的なダイエットでは効果がないばかりか、かえって太るもとになりかねません」(牧野先生)

というのも、食べたものは消化・吸収され、血液に乗って全身に運ばれます。エネルギー源となるのはブドウ糖もその一つです。ところが、食事を抜くと血糖値(血液中のブドウ糖の値)が低い状態が続き、次に食事をとったときには、体がブドウ糖をたくさん吸収しようとするため、血糖値が急激に上がります。このとき、使われなかったブドウ糖は最終的に中性脂肪として蓄えられてしまうため、絶食は「食べていないのに太るという悪循環を招く」と牧野先生は指摘します。
また、慌てて運動するのも罪滅ぼしダイエットのあるあるですが、急な運動も望み薄。実は、運動自体の消費エネルギー量は私たちがイメージするよりも少ないものです。たとえば、体重65キロの人が1時間ウォーキングをしたときの消費エネルギー量は、だいたい270キロカロリー。次の項で100キロカロリー減らす食事の目安を紹介していますが(表)、これを見ても、運動で使うエネルギー量はそれほど多くないと思ったほうがよさそうです。
ただし、罪滅ぼしダイエットはまったく無理・無駄かというと、そんなことはありません。
“罪滅ぼしダイエット”、というコンセプトはいいと思います。『あんなに食べてしまった』という危機感があるぶん、ダイエットに前向きに取り組めますし…。正しい方法さえ知っていれば、より健康的なライフスタイルへの第一歩になる効果も期待できます。」(牧野先生)

【無理な我慢は禁物】昨日のケーキバイキングのことを後悔してランチは我慢!? 実はそれ、NGなんです!
【無理な我慢は禁物】
昨日のケーキバイキングのことを後悔してランチは我慢!? 実はそれ、NGなんです!

正しい罪滅ぼしダイエット①食事
1週間を目安に、「ちょい我慢」で気長に取り組む

正しい罪滅ぼしダイエットのポイントとして牧野先生が強調するのは「翌日にすぐ取りかかる」と「食事は抜かない」ことの2つ
「ランチを食べ過ぎたら夕食を軽くする、仕事終わりに飲み会に行ったら、その翌日の夕食を控えめにする。遅くとも2~3日の間に調整し、繰り越さないことが大事です。食事を少なめにするのはつらいのですが、罪の意識があればがまんしやすいもの。早いうちに手を打つのはその点でも効果的です。」
250~300キロカロリー我慢を目安に」
食事を控えるときには、どのくらい我慢すれば、何キロカロリー抑えられるのか、目安を知っておくと便利です。

◆こんな工夫でマイナス100キロカロリー

  • 天ぷらそばをとろろそばにする
  • ご飯を3口減らす
  • ウインナーを1本減らす
  • コーラ500mlを250mlに代える
  • ビール中ジョッキを小ジョッキに代える
  • 肉シューマイをエビシューマイに代える
  • ポテトサラダを大根サラダに代える
  • ポテトチップス1/2袋を1/4袋に減らす
  • ウインナーコーヒーをブラックに代える
  • ワイン1/2本を1/4本に減らす

1回の飲み会での摂取エネルギー量は1000キロカロリー以上にもなりますから、表を参考にしながら1日250~300キロカロリーを目安に、数日~1週間ほどでゆっくり調整するとよいでしょう。
「250キロカロリーに相当する食事量は意外と少ないので、毎日これぐらいなら続けられるという人は多いはず。1週間くらい“ちょい我慢”を続けると、だいたい飲み会で摂るエネルギー量とトントンにできるのではないでしょうか」(牧野先生)。

正しい罪滅ぼしダイエット②運動
目先の効果を追い過ぎず、じっくり取り組もう

運動による一時的な消費エネルギー量はそれほど多くないのに、運動が食事と並んで「ダイエットの両輪」と言われるのは、もちろん理由があります。
ちょっとずつでも、運動を続けることで筋肉がついて基礎代謝が上がり、やせやすい体を作ることができるためです。
運動の効果を上げるためには、短期間に急な運動を行うよりも、毎日続けられることが重要。「目的地の一つ手前のバス停で降りて歩く」「遠まわりで歩く距離を増やす」など、少しずつ運動量を増やしましょう。
「基礎代謝を上げるには、1日30分の早歩き、とよく言いますが、10分程度のウォーキングを1日に3回でもOKです。足し算で運動量を増やしましょう。私自身、最寄り駅ではなく隣の駅まで歩く習慣をつけたところ、食生活を特に変えなかったのに、2~3か月ほどで体重が落ち、体がスッキリしたという経験があります。運動の効果を実感しました」(牧野先生)

【毎日少しずつ動くことから】1日30分、運動してみましょう。隣駅から歩いてみたり、階段を下りたり上がったり。少しずつの積み重ねが大切です。
【毎日少しずつ動くことから】
1日30分、運動してみましょう。隣駅から歩いてみたり、階段を下りたり上がったり。
少しずつの積み重ねが大切です。

「罪滅ぼしダイエット」をダイエットのきっかけにしよう

運動によるダイエットは、長期間じっくり取り組まないと効果が出ません。だからといって、罪滅ぼしダイエットに運動は関係ないと投げ出さないで。
まずは軽い運動を罪滅ぼしダイエットとして生活に取り入れ、食事の“ちょい我慢”(1日約200キロカロリーが目安)とあわせて1週間続けてみましょう。
「いつもぎりぎりまで食べるのではなく、摂取エネルギー量と消費エネルギー量のバランスに少し余裕をもっておくと、たまには好きなものを思い切り楽しむこともできて、食事を楽しむ気持ちをキープできます。日ごろの生活で、少し体を動かして、食事のカロリーを少し意識する。ダイエットのために無理をせずとも、生活を変えることができるんです」(牧野先生)。

【エネルギー量のバランスに注目!】1日200キロカロリー減を目安に摂取エネルギー量と消費エネルギー量のバランスを日ごろから考えていきましょう!
【エネルギー量のバランスに注目!】
1日200キロカロリー減を目安に摂取エネルギー量と消費エネルギー量のバランスを日ごろから考えていきましょう!
  • ※運動の消費カロリーやエネルギー量算出法は厚生労働省「健康づくりのための身体活動基準2013」による。

その他の記事

 
  • 食育

【10月は食品ロス削減月間】親子で取り組めば楽しくできる!身近なSDGs「食品ロス削減」チャレンジのアイデア

持続可能で、よりよい世界を目指す国際目標「SDGs」。2030年までに達成すべき17のゴールが設定されていますが、その中でも限られた地球の資源を守るために「つくる責任 つかう責任」という目標が掲げられています。「食品ロス削減」は、私たちの暮らしの中で身近に取り組める課題です。年間を通して大切な取り組みですが、特に日本国内では、農林水産省・消費者庁・環境省が連携し、10月は「食品ロス削減月間」として啓発しています。そこで今回は、「食品ロス削減」月間にちなみ、親子で楽しく「食品ロス削減」に取り組むことができる3つのアイデアと、ハウス食品グループが推進する「食品ロス削減」3つの取り組みについてご紹介します。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】代替肉“大豆ミート”が世界を救う?特長や食べ方を知っておいしく持続可能な未来づくりを!

まるで、お肉のような食感を楽しめる大豆加工食品の“大豆ミート”。近年、その市場は拡大傾向にあり、10年以内には肉全体の約10%を“大豆ミート”が占めるという試算が発表されるなど、世界的に“大豆ミート”の注目度が高まっています。日本でもここ数年の間に多くの大手食品メーカーから“大豆ミート”の製品が販売されるようになり、スーパーなどで気軽に入手できるようになりました(注1)。“大豆ミート”の市場が拡大した背景には、健康によい食品としての側面だけでなく、地球にやさしい食材を選択する価値観や考え方への社会的な関心の広がりがあるようです。そこで今回は、“大豆ミート”の魅力をはじめ、そのメリットや使い方などをご紹介します。

 
  • イベント

【イベント実施報告】2022年夏休み企画!オンラインで「ハウス食品 静岡工場」を見学!製品の製造工程や様々な工夫を発見!

2022年7月に募集し、2022年8月9日に開催しました「オンライン工場見学」についてレポートいたします。多数ご応募いただいた方の中から当選されたご家族の皆さまには、レトルトカレーととんがりコーンの製造工程の見学やクイズコーナーなど、ご家族でお楽しみいただきました。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】料理の味を安定させるだけじゃない!?調味料を計量する大切さとは!

調味料の正しい計量方法は意外と細かくは知らない人も多いのではないでしょうか?カモンハウス会員の皆さまよりコメント投稿いただいている「トークのお部屋」のテーマ“悩んだことのある「レシピ語」と対応した方法をお教えください!”には、「味付けに失敗した経験がある」、「そもそもなぜ計量することが大事なのかわからない」「適量とは?」など、様々なご意見が寄せられました。そこで、調味料の計量は、料理を美味しくすることはもちろん、塩分や糖質など健康への影響にも重要ということや、計量の正しい方法について、管理栄養士の亀崎智子さんに教えていただきます。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】偏食になりがちな夏休みの食生活の工夫を食育マスターの健康メニューで乗り越える!

お子さまが偏食により体調を崩したり、3食の準備など夏休みならではのお悩みをお持ちのご家庭も多いのではないでしょうか。「カモンハウス会員」の皆さまにご協力いただいた、みんなのオープンデータ第8回「夏休みの過ごし方」のアンケート結果でも、「冷たいジュースやアイスなど間食が増える」「暑くて食欲が落ちてしまい、食べたいものが思いつかない」などの回答が多く寄せられました。そこで今回は“夏に不足しがちな栄養素とその影響”の観点から、悩みごとに適したメニューを管理栄養士の荒井名南さんに紹介していだだきます。