from ハウス

  • 健康

時短でもう1品!栄養バランスを整える、カンタン副菜のすすめ

メインおかずに寄り添う小さな副菜は、食卓を華やかにしてくれるだけでなく、メインだけでは足りない栄養を補ってくれる大切な役割があります。副菜作りは手間がかかると思われがちですが、コツをつかめば意外なほどパパっとできるように! 多忙な方にこそおすすめしたい、効率的な副菜作りのコツをご紹介します。

メインで足りない栄養を、副菜で補おう

では、1度の食事にどのくらいの栄養を摂ればいいのでしょうか? 1985年に厚生省(当時)が提唱した「1日30品目」という言葉がありますが、実はこれはすでに過去の話。1日で30品目を摂ろうとすると、カロリーオーバーになりがちで、適正体重の維持につながるとはいえません(第一、日々の献立を考えるのが辛くなりますよね)。現在では品目数は削除されており、2000年からは「主食、主菜、副菜を基本に食事のバランスを」が目標となっています

さて、その日の食卓にどんな栄養が足りないかを判断するのは、なかなか難しいものです。そこでおすすめしたいのが、パパっと作れる副菜のレパートリーを増やしておくこと。難しく考えずに「メインが肉なら副菜は野菜、メインが野菜なら副菜は肉や大豆など高タンパク質を使う」くらいの理解で大丈夫。副菜があることで、栄養バランスも自然と向上します。

時短で副菜のコツ(1)便利グッズでスピードアップ!

副菜作りのスピードアップには、便利グッズが欠かせません。
副菜作りのスピードアップには、便利グッズが欠かせません。

できるだけラクをするのが、副菜作りを続けるコツ。キッチンの便利グッズを活用して効率UPを図りましょう。

キッチンバサミ

持っている人は多いのに、意外と使いこなせていないのがキッチンバサミ。葉物野菜のカットや、キノコ類の石づき処理、鶏肉の皮や脂身を切るといったシーンでは、包丁よりもむしろキッチンバサミのほうが扱いやすく、しかも、まな板いらずです。

野菜保存袋

生野菜の鮮度を保持してくれる野菜保存袋は、自炊する人の強い味方。ただ冷蔵保存するより野菜がぐっと長持ちします。袋状なのでラップのように巻きつける手間もなく、カット野菜の保存にも使えます。

袋状ラップ

油に強く保湿性もすぐれた袋状のラップは、カット野菜・肉の保存、下味をつけるボウル代わり、食材の小分け、冷凍・冷蔵、あまったカレーの保存にと大活躍します。洗い物も減らせて、時短グッズとしてもとても便利です。

時短で副菜のコツ(2)がんばらない下ごしらえ

カット済み野菜は忙しいときの強い味方。空き時間で野菜をカットしておくだけで、副菜作りが格段にラクに。
カット済み野菜は忙しいときの強い味方。空き時間で野菜をカットしておくだけで、副菜作りが格段にラクに。

副菜をまとめて作る「作りおき」があると、忙しいときも一安心。しかし、「作りおきを作る時間もない!」なんてこともありますよね。そんなときにはカット野菜を準備しておくだけでも、副菜作りが格段にラクになります。

カットした野菜は「いつごろ使えそうかな?」と想像しながら、2、3日中なら冷蔵、1カ月くらいなら冷凍と、分けて保存しておきましょう。

カット野菜の活用例

<シメジ・えのき(冷凍・冷蔵)>

通年手に入るシメジ・えのきはお手ごろ価格なうえ、凍ったまま調理できる手軽さが魅力。食物繊維が豊富なので、肉メインのおかずの副菜にぴったりです。

[ 保存方法 ] 石づきをとってバラバラにして保存。
[ カンタン副菜 ]
  • レンジでチンしてごま油とポン酢で和える
  • 炒めて塩コショウや、バターしょうゆで味付け(別に冷凍保存したベーコンと合わせても◎)
  • お味噌汁やスープの具に(他の具材と一緒に凍ったまま加熱してください)

<春菊(冷蔵)>

冬と春先が旬とされる春菊ですが、いまや通年出回っている緑黄色野菜のひとつ。生で食べられるうえ、βカロテン、ビタミンC、E、カルシウム、鉄分も豊富です。また、春菊は健胃作用が期待できます。胃もたれや便秘があるときは積極的に食べましょう。

[ 保存方法 ] 洗って水気を切り、食べやすい大きさにカットして保存。
[ カンタン副菜 ]
  • そのままドレッシングをかけたり、塩とごま油で和えたりしてサラダに
  • 必要な分だけ取り出してさっと水ですすぎ、水分を切らずラップしてからレンジで加熱、白だしにつければおひたしに

時短で副菜のコツ(3)丁寧じゃなくてOK カンタンレパートリーを増やして

副菜作りは、気合いを入れ過ぎても息切れしてしまいます。大事なことは「続けられること」。そのためには、カンタンにできるレパートリーを増やしていくことがポイントです。

メインの他に副菜の小鉢がついた食卓は、満足感が高いもの。もちろん栄養バランスも良くなります。「手の込んだものでなくても問題なし!」と割り切って、まずはご紹介した“副菜の初歩”から初めてみてくださいね。

その他の記事

 
  • 食育

【10月は食品ロス削減月間】親子で取り組めば楽しくできる!身近なSDGs「食品ロス削減」チャレンジのアイデア

持続可能で、よりよい世界を目指す国際目標「SDGs」。2030年までに達成すべき17のゴールが設定されていますが、その中でも限られた地球の資源を守るために「つくる責任 つかう責任」という目標が掲げられています。「食品ロス削減」は、私たちの暮らしの中で身近に取り組める課題です。年間を通して大切な取り組みですが、特に日本国内では、農林水産省・消費者庁・環境省が連携し、10月は「食品ロス削減月間」として啓発しています。そこで今回は、「食品ロス削減」月間にちなみ、親子で楽しく「食品ロス削減」に取り組むことができる3つのアイデアと、ハウス食品グループが推進する「食品ロス削減」3つの取り組みについてご紹介します。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】代替肉“大豆ミート”が世界を救う?特長や食べ方を知っておいしく持続可能な未来づくりを!

まるで、お肉のような食感を楽しめる大豆加工食品の“大豆ミート”。近年、その市場は拡大傾向にあり、10年以内には肉全体の約10%を“大豆ミート”が占めるという試算が発表されるなど、世界的に“大豆ミート”の注目度が高まっています。日本でもここ数年の間に多くの大手食品メーカーから“大豆ミート”の製品が販売されるようになり、スーパーなどで気軽に入手できるようになりました(注1)。“大豆ミート”の市場が拡大した背景には、健康によい食品としての側面だけでなく、地球にやさしい食材を選択する価値観や考え方への社会的な関心の広がりがあるようです。そこで今回は、“大豆ミート”の魅力をはじめ、そのメリットや使い方などをご紹介します。

 
  • イベント

【イベント実施報告】2022年夏休み企画!オンラインで「ハウス食品 静岡工場」を見学!製品の製造工程や様々な工夫を発見!

2022年7月に募集し、2022年8月9日に開催しました「オンライン工場見学」についてレポートいたします。多数ご応募いただいた方の中から当選されたご家族の皆さまには、レトルトカレーととんがりコーンの製造工程の見学やクイズコーナーなど、ご家族でお楽しみいただきました。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】料理の味を安定させるだけじゃない!?調味料を計量する大切さとは!

調味料の正しい計量方法は意外と細かくは知らない人も多いのではないでしょうか?カモンハウス会員の皆さまよりコメント投稿いただいている「トークのお部屋」のテーマ“悩んだことのある「レシピ語」と対応した方法をお教えください!”には、「味付けに失敗した経験がある」、「そもそもなぜ計量することが大事なのかわからない」「適量とは?」など、様々なご意見が寄せられました。そこで、調味料の計量は、料理を美味しくすることはもちろん、塩分や糖質など健康への影響にも重要ということや、計量の正しい方法について、管理栄養士の亀崎智子さんに教えていただきます。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】偏食になりがちな夏休みの食生活の工夫を食育マスターの健康メニューで乗り越える!

お子さまが偏食により体調を崩したり、3食の準備など夏休みならではのお悩みをお持ちのご家庭も多いのではないでしょうか。「カモンハウス会員」の皆さまにご協力いただいた、みんなのオープンデータ第8回「夏休みの過ごし方」のアンケート結果でも、「冷たいジュースやアイスなど間食が増える」「暑くて食欲が落ちてしまい、食べたいものが思いつかない」などの回答が多く寄せられました。そこで今回は“夏に不足しがちな栄養素とその影響”の観点から、悩みごとに適したメニューを管理栄養士の荒井名南さんに紹介していだだきます。