from ハウス

  • 健康

身近な漢方生薬の元を取り入れて、体の内側からポカポカに。

「漢方」と聞いて、どんなイメージを思い浮かべるでしょうか?体にやさしそう、伝統の知恵、現代医学とは違う効果があるなど、プラスイメージをお持ちの方が多いのではないかと思います。漢方の基礎知識と風邪や冷えを遠ざける漢方について、大阪大学医学部附属病院漢方内科の萩原圭祐先生のお話を元にご紹介します。

漢方の研究の専門家である萩原圭祐先生
漢方の研究の専門家である萩原圭祐先生

現代医療の漢方薬は、日本独自の伝統医学

原因はわからないけれど、いつもすっきりせず調子が良くない。検査をしても異常はなしと言われる…。そんな「不定愁訴」で悩んでいる人が、「漢方でなんとかならないかな?」と考えることは多いようです。

「漢方薬」とはどのようなものなのでしょうか。そもそも漢方は、中国の医学古典である『傷寒論(しょうかんろん)』や『金匱要略(きんきようりゃく)』などに基づいて発展した日本独自の伝統医学です。漢方薬はこれらの古典に記載された「生薬(しょうやく)」を配合したもので、生薬を用いる条件も細かく定められており、治療効果のある医薬品を意味します。日本では漢方薬の多くはエキス製剤として、健康保険が適用される「医療用漢方製剤」になっています。

漢方といえば風邪薬や胃腸薬といった家庭の常備薬としての印象も強いかもしれませんが、最先端の研究や臨床の現場では、漢方はがんや免疫疾患、西洋医学で治療法が確立されていない難病の患者さんでの効果が期待されています。

ただし、オールマイティな魔法の薬というわけではありません。病態や体質に合わせた処方が必要で、すぐに効くタイプの漢方薬と、飲み続けることで効いてくるタイプの漢方薬があるなど、医薬品として定められた使用法があります。また、残念ながら副作用もありますので、医師の診断のもとでの服用が推奨されています。混同されやすいのですが、昔から経験的に使われてきた薬草(ゲンノショウコ、センブリなど)は「伝承薬」とよばれ、必ずしも医学的に詳しく調べられているわけではありません。

現代医療の漢方薬は、日本独自の伝統医学

体のバランスを重視し、生活習慣や養生を大切に

漢方では、病気の原因のみならず、その人の体質や心までを見極めて漢方薬を処方します。西洋医学の検査ではわかりづらい、体のバランスの崩れや体の中の相互作用について考えるのが特徴で、これらがうまく働いている状態を「気・血・水」が整っていると捉えます。

漢方の考え方では、体の不調の原因は三つに分けられます。まず、「気(き)」は目に見えない体のさまざまな働きを表します。気の働きが不調になると、

気虚(ききょ)=無気力、疲労、だるさ、食欲不振
気滞(きたい)=頭重、喉がつまる、息苦しさ、おなかが張る
気逆(きぎゃく)=のぼせ、動悸、発汗、不安感

などが見られます。

次に、「血(けつ)」は体の隅々までめぐる栄養やホルモンなどのバランスを表します。血が不調になると、

瘀血(おけつ)=月経異常、便秘、目の下のクマ
血虚(けっきょ)=貧血、皮膚の乾燥、脱毛

などが見られます。

そして、「水(すい)」は血液以外の体液、尿、唾液、リンパ液、涙、胃液、肌の潤いなどの水分をまとめて表します。水が不調になると、

水毒(すいどく)・水滞(すいたい)=むくみ、めまい、頭痛、下痢、排尿異常

などが見られます。

体のバランスを重視し、生活習慣や養生を大切に

こうした不調の原因の組み合わせに加え、顔色や姿勢を診る「望診(ぼうしん)」、声や話し方、呼吸音などを聞く「聞診(ぶんしん)」、患者さん本人が気づいていない心の動きやさまざまな症状の背景にあるものを診る「問診(もんしん)」、脈や皮膚や腹部を診る「切診(せっしん)」により、漢方医は症状を改善する漢方薬を処方します。

処方に際して、一人ひとりの「レジリエンス」=回復力を利用しようとするのも特徴です。例えば、「気」が不足し、倦怠感や食欲不振の症状のある方には、補中益気湯(ホチュウエッキトウ)が処方されます。本来、倦怠感や食欲不振は体に備わったレジリエンスによって回復できるはずなのですが、漢方薬で胃腸の働きを助け、その人自身のレジリエンスがうまく働く環境を整えてあげるのです。

萩原先生によれば、症状が改善された時こそ注意が必要ですと言われています。「『治った。良かった』で終わらせずに、自分は気虚になりやすい体質または生活習慣にあるのだと思ってください。その漢方薬が効いたということは、それが足りていなかった証しですから。それを過労や睡眠不足、食生活など生活を見直すきっかけにしていただきたいのです。」

正しい飲み方で漢方薬の力を引き出す

正しい飲み方で漢方薬の力を引き出す

では、どのように服用するのがいいのでしょうか。漢方薬は本来「煎じ薬」であるため、フリーズドライのエキス剤は熱い湯に溶かして飲むことが推奨されています。「インスタントコーヒーの粉を口に入れて、水で飲み込む人はいないのと同じです。」(萩原先生)

また、漢方薬の湯気を鼻からゆっくり吸い込んだり、温かいカップを手のひらで包んだり、ゆったり落ち着いた気持ちで過ごす時間をつくるのも効果的なのだそう。こうしたひと時が、体が持っているレジリエンス(回復力)を高めてくれるのだといいます。

一方で、注意しなければならないこともあると萩原先生は話します。「漢方の古典では、風邪をひいたかなと思ったら葛根湯を飲んで、おかゆやうどんなど消化がよく体を内側から温めるものを食べ、布団に入って早めに休み、しっかり汗をかくようにと指導されています。しかし、テレビCMのように、薬を飲めばもう大丈夫、仕事だってがんばれますとは書いていないのです。薬だけに頼らず、仕事のペースや生活習慣の改善も必要なのかもしれませんよ。」

「医食」は同源。日頃の食事に生薬の元を取り入れましょう

医も食も源は同じ、健康な体をつくる根本は食事にあります。漢方の生薬の元は、高価だったり珍しいものだったりと思われがちですが、意外にも日常でおなじみの食材も使われています。今回は、体を温めたり胃腸を整えたりする成分が含まれているものを中心に、心も体も冷えてしまう季節の体力低下の改善におすすめの生薬の元をいくつかご紹介しましょう。

山薬(サンヤク)=自然薯、長芋

「医食」は同源 日頃の食事に生薬の元を取り入れましょう

消化を助け、体力低下の改善に。生のまますりおろしてとろろご飯や和え物に。煮炊きしても効果は変わりません。

紅花(コウカ)=ベニバナ
血行を促進。女性の月経不順にも。種子からはリノール酸を含むサフラワー油がとれ、サラダ油、マーガリン等の食用油として使われています。花を乾燥させたサフラワーでは「紅花茶」が楽しめます。

桂皮(ケイヒ)=シナモン

正しい飲み方で漢方薬の力を引き出す

お菓子の香りづけやシナモンティーで人気のスパイスです。血液の循環を改善、体を温め、発汗作用があります。

葛根(カッコン)=クズの根
本葛は生産量が少なく高価。一般の葛粉にはじゃがいもの澱粉が加えられていますが、体を温めるための葛湯には充分。

大棗(タイソウ)=ナツメ
胃腸の調子を整え、精神を安定させます。韓国料理のサムゲタンには欠かせません。

陳皮(チンピ)=ミカンの皮
柑橘類ならすべてOK。お吸い物に散らした柚子にも効果あり。消化不良、食欲不振など胃の不快感を取り除きます。ミカンの皮は手軽な入浴剤としても楽しめます。

生姜(ショウキョウ)=生の状態から乾燥させたショウガ
吐き気や食欲不振を改善し、解熱や咳止め効果も。料理にはかかせない食材。はちみつジンジャーティーは体を温めます。

丁子(ちょうじ)=クローブ

正しい飲み方で漢方薬の力を引き出す

甘い香りが人気の肉料理によく使われるスパイス。胃を温め、発散や停滞しているものを動かす作用があります。

枸杞子(クコシ)=クコの実
杏仁豆腐のトッピングでおなじみ。ビタミン、ミネラルが豊富で、虚弱体質や抵抗力の弱い人に。めまいや視力低下の予防にも。

寒い冬は体温を保つために、体は夏よりもエネルギーをより多く消費するそう。体が冷えて栄養やエネルギー物質が体内に行き渡らなくなってしまうと、冷えの悪循環がはじまってしまいます。体を温める食材と睡眠時間をたっぷりとって、エネルギーの循環と体のレジリエンス(回復力)がはたらきやすいよう、食と生活習慣に留意して、健康的な冬を過ごしましょう。

その他の記事

 
  • 食育

【10月は食品ロス削減月間】親子で取り組めば楽しくできる!身近なSDGs「食品ロス削減」チャレンジのアイデア

持続可能で、よりよい世界を目指す国際目標「SDGs」。2030年までに達成すべき17のゴールが設定されていますが、その中でも限られた地球の資源を守るために「つくる責任 つかう責任」という目標が掲げられています。「食品ロス削減」は、私たちの暮らしの中で身近に取り組める課題です。年間を通して大切な取り組みですが、特に日本国内では、農林水産省・消費者庁・環境省が連携し、10月は「食品ロス削減月間」として啓発しています。そこで今回は、「食品ロス削減」月間にちなみ、親子で楽しく「食品ロス削減」に取り組むことができる3つのアイデアと、ハウス食品グループが推進する「食品ロス削減」3つの取り組みについてご紹介します。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】代替肉“大豆ミート”が世界を救う?特長や食べ方を知っておいしく持続可能な未来づくりを!

まるで、お肉のような食感を楽しめる大豆加工食品の“大豆ミート”。近年、その市場は拡大傾向にあり、10年以内には肉全体の約10%を“大豆ミート”が占めるという試算が発表されるなど、世界的に“大豆ミート”の注目度が高まっています。日本でもここ数年の間に多くの大手食品メーカーから“大豆ミート”の製品が販売されるようになり、スーパーなどで気軽に入手できるようになりました(注1)。“大豆ミート”の市場が拡大した背景には、健康によい食品としての側面だけでなく、地球にやさしい食材を選択する価値観や考え方への社会的な関心の広がりがあるようです。そこで今回は、“大豆ミート”の魅力をはじめ、そのメリットや使い方などをご紹介します。

 
  • イベント

【イベント実施報告】2022年夏休み企画!オンラインで「ハウス食品 静岡工場」を見学!製品の製造工程や様々な工夫を発見!

2022年7月に募集し、2022年8月9日に開催しました「オンライン工場見学」についてレポートいたします。多数ご応募いただいた方の中から当選されたご家族の皆さまには、レトルトカレーととんがりコーンの製造工程の見学やクイズコーナーなど、ご家族でお楽しみいただきました。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】料理の味を安定させるだけじゃない!?調味料を計量する大切さとは!

調味料の正しい計量方法は意外と細かくは知らない人も多いのではないでしょうか?カモンハウス会員の皆さまよりコメント投稿いただいている「トークのお部屋」のテーマ“悩んだことのある「レシピ語」と対応した方法をお教えください!”には、「味付けに失敗した経験がある」、「そもそもなぜ計量することが大事なのかわからない」「適量とは?」など、様々なご意見が寄せられました。そこで、調味料の計量は、料理を美味しくすることはもちろん、塩分や糖質など健康への影響にも重要ということや、計量の正しい方法について、管理栄養士の亀崎智子さんに教えていただきます。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】偏食になりがちな夏休みの食生活の工夫を食育マスターの健康メニューで乗り越える!

お子さまが偏食により体調を崩したり、3食の準備など夏休みならではのお悩みをお持ちのご家庭も多いのではないでしょうか。「カモンハウス会員」の皆さまにご協力いただいた、みんなのオープンデータ第8回「夏休みの過ごし方」のアンケート結果でも、「冷たいジュースやアイスなど間食が増える」「暑くて食欲が落ちてしまい、食べたいものが思いつかない」などの回答が多く寄せられました。そこで今回は“夏に不足しがちな栄養素とその影響”の観点から、悩みごとに適したメニューを管理栄養士の荒井名南さんに紹介していだだきます。