from ハウス

  • 健康

腸内環境を整えて美肌菌を守ることが素肌美人への近道!

「うるおい、ツヤ、ハリのある若い頃のような肌でずっといられたら」。女性たちの永遠のテーマではないでしょうか。人間の肌の状態は10代の終わり頃から約10年間がピークと言われています。以降はコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸といったうるおいのもととなる成分が減少し、肌の状態は下り坂に。放っておくとどんどん転げ落ちてしまうので、正しいケアで肌の老化を食い止めねばなりません。そのために大切なのは、自らの「美肌菌」を守り、育てることなのです。

善玉菌が元気なら肌には天然のうるおいベールが!

私たちの体内には約1,000兆もの細菌(菌)が生息していると言われています。腸内細菌については広く知られるようになってきましたが、肌にも皮膚常在菌がいて、さまざまな働きをしています。腸内細菌と同じように、よい働きをする善玉菌、増えるとトラブルを起こす悪玉菌、状況によってどちらにもなり得る日和見菌があります。肌に住む善玉菌=「美肌菌」の代表である表皮ブドウ球菌は、皮脂や汗をエサとして脂肪酸やグリセリンをつくり出し、天然のクリームさながらに肌をしっとりさせてくれるのです。これは皮脂膜と言われ、うるおいのベールとなって肌をpH5.5前後の弱酸性に保ち、病原菌の侵入などを防ぐバリア機能を果たします。

毛穴に多く住むアクネ菌は日和見菌で、ニキビの元にもなりますが、ふだんは表皮ブドウ球菌と同じくうるおいベールをつくる働きをしています。美肌菌が元気、つまり善玉菌が優勢なときは、肌はしっとりしてよい状態をキープしますが、バランスが崩れてアルカリ性に傾くと、悪玉菌の一種である黄色ブドウ球菌が増殖。バリア機能が低下して、ニキビや吹き出ものなどのトラブルが起こってしまうのです。皮脂膜も崩れ、水分が逃げてカサカサになり、バリア機能の低下によって外部からの悪影響も受けやすくなります。

※表皮ブドウ球菌、アクネ菌、黄色ブドウ球菌のイラストはイメージです

【代表的な皮膚常在菌】
表皮ブドウ球菌
役割/皮膚表面や毛穴に存在。汗や皮脂を餌にしてグリセリンや脂肪酸をつくり出す。グリセリンは保湿とともにバリア機能を高め、脂肪酸は肌を弱酸性に保つ
美肌菌を減らすNG習慣/洗い過ぎ、角質を落とすようなセルフケアのやり過ぎ、長時間の入浴

アクネ菌
役割/毛穴や皮脂腺に存在。皮脂をエサにして脂肪酸やプロピオン酸をつくり出す。これによって皮膚が弱酸性に保たれ、悪玉菌の増殖を抑える。過剰に増殖するとニキビの原因に
美肌菌を減らすNG習慣/洗浄不足、洗い過ぎ、偏った食生活、ストレス

黄色ブドウ球菌
役割/皮膚がアルカリ性に傾くと増殖して肌荒れや皮膚炎などのトラブルを起こす。皮膚表面や皮脂腺に存在し、存在するだけでは問題はない
美肌菌を減らすNG習慣/ストレス、紫外線、喫煙、間違ったスキンケアなどによる皮膚への刺激

間違ったスキンケアで美肌菌が減少!?

皮膚常在菌のバランスはなぜ崩れるのでしょうか?まずは重要な役割を果たす美肌菌である表皮ブドウ球菌の減少が問題です。夜はクレンジングの後、さらに洗顔料でごしごし、朝も洗浄力の高い洗顔料ですっきり……。でも、洗い過ぎると美肌菌もエサとなる皮脂も減ってしまい、肌はカサカサに。さらに、美肌のために行っている人も多いかもしれませんが、表皮ブドウ球菌の住み処である角質層を無理に落とすスクラブ、ピーリング、はがすタイプのパックの多用もNG。クレンジングは大事ですがあくまでもやさしく、その後の洗顔はしっかり泡立てて手ではなく泡のクッションで肌をなでるように洗い、朝はぬるま湯だけの洗顔がおすすめです。

手のひらでしっかりと泡立て、泡をクッションにしてやさしくなでるように洗うのが美肌菌を守る洗顔法。

洗顔後は化粧水で保湿し、乳液やクリームでフタをします。美肌菌がしっかり働いていれば、うるおいは保てるはずなので、必ずしも高価なスキンケアアイテムをあれもこれもつける必要はありません。また、美肌菌を守るために外出時は紫外線対策を忘れずに。さらに、口紅やアイシャドーを何年も使っていると、雑菌が繁殖しているかもしれません。開封済みのクリーム、美容液などは栄養たっぷりで長期間置いておくと菌の温床になる可能性も!化粧品はなるべく早く使い切り、パフやブラシなどの道具もカビや雑菌が繁殖しやすいのでこまめに洗いましょう。

化粧品を開封した後は早めに使い切るようにしましょう。ブラシやビューラーなどは常に清潔に!

内側からの美肌作りは腸内環境を整えること

そして、美肌づくりの肝となるのが腸内環境。肌のコンディションは、そのまま腸内環境とも言えます。腸内で吸収した栄養素は血管を通して全身の細胞へと運ばれ、新しい細胞をつくる手助けをするのです。腸の状態がよくなかったり、しっかりと働いていなかったりすると、栄養が全身にいきわたらずに肌は老化……美肌どころではありません。善玉菌優勢のとき、腸内は酸性に保たれ、アルカリ性を好む悪玉菌の増殖が抑えられます。しかし、バランスが崩れて悪玉菌が増えると免疫が下がり、さまざまな不調を引き起こします。

その一つが便秘で、老廃物が長く体の中にとどまることで有害物質やガスが発生し、体内へと流れてニキビや吹き出物などの肌トラブルにつながります。腸内の菌バランス(腸内フローラ)を整えるため、ポイントとなるのが乳酸菌。ヨーグルトや乳酸菌飲料、乳酸菌のサプリメントやパウダー、さらに漬け物や味噌、納豆などの発酵食品を毎日摂るようにしたいですね。善玉菌の働きを助ける食物繊維も忘れずに。また、睡眠不足、ストレス、運動不足、偏った食生活なども腸内環境悪化の原因となり、これが肌にも影響します。心身ともに健やかに、腸を整え、美肌菌をしっかり育てることが明日のキレイにつながります。

腸内環境を整えることが美肌への近道です

その他の記事

 
  • 食育

【10月は食品ロス削減月間】親子で取り組めば楽しくできる!身近なSDGs「食品ロス削減」チャレンジのアイデア

持続可能で、よりよい世界を目指す国際目標「SDGs」。2030年までに達成すべき17のゴールが設定されていますが、その中でも限られた地球の資源を守るために「つくる責任 つかう責任」という目標が掲げられています。「食品ロス削減」は、私たちの暮らしの中で身近に取り組める課題です。年間を通して大切な取り組みですが、特に日本国内では、農林水産省・消費者庁・環境省が連携し、10月は「食品ロス削減月間」として啓発しています。そこで今回は、「食品ロス削減」月間にちなみ、親子で楽しく「食品ロス削減」に取り組むことができる3つのアイデアと、ハウス食品グループが推進する「食品ロス削減」3つの取り組みについてご紹介します。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】代替肉“大豆ミート”が世界を救う?特長や食べ方を知っておいしく持続可能な未来づくりを!

まるで、お肉のような食感を楽しめる大豆加工食品の“大豆ミート”。近年、その市場は拡大傾向にあり、10年以内には肉全体の約10%を“大豆ミート”が占めるという試算が発表されるなど、世界的に“大豆ミート”の注目度が高まっています。日本でもここ数年の間に多くの大手食品メーカーから“大豆ミート”の製品が販売されるようになり、スーパーなどで気軽に入手できるようになりました(注1)。“大豆ミート”の市場が拡大した背景には、健康によい食品としての側面だけでなく、地球にやさしい食材を選択する価値観や考え方への社会的な関心の広がりがあるようです。そこで今回は、“大豆ミート”の魅力をはじめ、そのメリットや使い方などをご紹介します。

 
  • イベント

【イベント実施報告】2022年夏休み企画!オンラインで「ハウス食品 静岡工場」を見学!製品の製造工程や様々な工夫を発見!

2022年7月に募集し、2022年8月9日に開催しました「オンライン工場見学」についてレポートいたします。多数ご応募いただいた方の中から当選されたご家族の皆さまには、レトルトカレーととんがりコーンの製造工程の見学やクイズコーナーなど、ご家族でお楽しみいただきました。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】料理の味を安定させるだけじゃない!?調味料を計量する大切さとは!

調味料の正しい計量方法は意外と細かくは知らない人も多いのではないでしょうか?カモンハウス会員の皆さまよりコメント投稿いただいている「トークのお部屋」のテーマ“悩んだことのある「レシピ語」と対応した方法をお教えください!”には、「味付けに失敗した経験がある」、「そもそもなぜ計量することが大事なのかわからない」「適量とは?」など、様々なご意見が寄せられました。そこで、調味料の計量は、料理を美味しくすることはもちろん、塩分や糖質など健康への影響にも重要ということや、計量の正しい方法について、管理栄養士の亀崎智子さんに教えていただきます。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】偏食になりがちな夏休みの食生活の工夫を食育マスターの健康メニューで乗り越える!

お子さまが偏食により体調を崩したり、3食の準備など夏休みならではのお悩みをお持ちのご家庭も多いのではないでしょうか。「カモンハウス会員」の皆さまにご協力いただいた、みんなのオープンデータ第8回「夏休みの過ごし方」のアンケート結果でも、「冷たいジュースやアイスなど間食が増える」「暑くて食欲が落ちてしまい、食べたいものが思いつかない」などの回答が多く寄せられました。そこで今回は“夏に不足しがちな栄養素とその影響”の観点から、悩みごとに適したメニューを管理栄養士の荒井名南さんに紹介していだだきます。