from ハウス

  • 健康

血圧を下げるってほんと?あま~いチョコレートに隠された健康効果

甘くって、とろけそうなチョコレート。これが体に良いって、本当?

チョコレートが健康に良い。そんな情報を、よく目にするようになりました。あんなに甘くて、カロリーもたっぷりのお菓子が、本当に体に良いのでしょうか。実はチョコレートの健康効果は、医学的に実証済み。これまでにいくつもの研究によって、裏付けられているのです。

カリブ海の不思議な健康人、クナ族が飲むものとは

中米パナマにクナ族と呼ばれる人たちがいます。カリブ海のサン・ブラス諸島に多くが暮らす民族で、女性たちが身にまとうモラと呼ばれる美しい織物で有名です。

1940年代に、米・ハーバードの研究者たちがクナ族を調査した結果、興味深い事実が明らかになりました。島で昔ながらの暮らし方をしているクナ族と、島を離れてパナマシティで都会生活を送るクナ族を比べたところ、島に暮らす人たちのほうが明らかに血圧が低かったのです。

同じクナ族なのに、なぜ住む場所により血圧が変わるのか。理由を探っていくとその理由は食べ物だという答えに行き着きました。島に暮らすクナ族が、カカオの実をすりつぶしてトウモロコシを混ぜた飲み物を毎日大量に飲んでいたのに対して、島を離れたクナ族は、カカオドリンクをほとんど飲んでいなかったのです。

そこで注目されたのが、島に暮らすクナ族が飲んでいるカカオドリンクです。すりつぶしたカカオの実といえば、まさにチョコレートの材料ではありませんか。それなら、チョコレートにも血圧を下げる効果があるのではないか。科学者たちの研究が始まりました。

美しいモラを身にまとったクナ族の女性

科学が明らかにしたクナ族健康の秘密、ココア

クナ族の人たちの血圧は低く、ほかのパナマの人たちより長生きする。さらに心筋梗塞、脳卒中、糖尿病、がんなどで亡くなる人も少ない。その理由を調べるために、大規模なランダム化比較試験が行われました(※1)。

1990年代初めに、島に暮らすクナ族を数百人単位で調べたところ、年齢に関係なく高血圧になっている人が極めて稀であることが明らかになりました。60歳以上のクナ民族数百人を対象に調べた結果、その平均血圧は上が110mmHg未満、下も70mmHg未満でした。日本高血圧学会によれば、60歳の日本人女性の正常血圧が140/82mmHgとされていますから、クナ族はそれよりも低いことになります。一方で、彼らは特に塩分を控えているわけではなく、むしろ西洋人の平均的な塩分摂取量を越えていることも判明しました。普通なら塩分を多く摂ると、血圧は高くなるはずです。ところがクナ族は違いました。

仮に、塩分摂取量が多いにもかかわらずクナ族の血圧が全般的に低いのだとすれば、遺伝による可能性も考えられます。それならば島を離れてパナマシティに移住しても、クナ族である限り血圧は低く保たれるはずです。ところが、都市部に暮らすクナ族の血圧は、島に暮らすクナ族より平均値で高くなっていて、特に高齢になるほど上昇していました。従って島に暮らすクナ族の血圧が低い理由は、遺伝的なものではなく、ほかの何かであるはずです。

では、島に暮らすクナ族と都市に暮らすクナ族では何が違うのか。答えは飲み物でした。島のクナ族は離乳時からココアを飲み始め、毎日コップ5杯以上のココアを生涯に渡って飲み続けます。成分分析の結果、彼らが飲むココアには、フラボノイドの一種であるフラボノールとプロシアニジンが含まれていることがわかったのです。

チョコレートに含まれるフラボノイドが血圧を下げる

クナ族に対する調査の結果などから、注目されたのがフラボノイドの効果です。そこで、フラボノイドを多く含む食べ物、チョコレートに関するメタアナリシスが行われました。メタアナリシスは同じテーマ(この場合ならフラボノイドです)について行われた、複数のランダム化比較試験や観察研究の結果をまとめたものです。

イギリスの研究者たちによって133の試験結果を対象としたメタアナリシスが行われた結果、チョコレートには血圧を下げる効果があることが明らかになりました。これはチョコレートの原料に含まれるフラボノイドの効果です。

チョコレートの成分として、よくポリフェノールという名前が出てきますが、ポリフェノールとは化合物の総称で、その一種がフラボノイドです。ともあれチョコレートにはフラボノイドが含まれていて、このフラボノイドには血圧を下げる効果がある。これは科学的に証明されています。ほかにもチョコレートのフラボノイドには、心筋梗塞、アルツハイマー、脳卒中などのリスクを下げるという研究結果があります。

一方、日本でも「チョコレート摂取による健康効果に関する実証研究」が愛知県蒲郡市で行われました(※2)。この実証研究では、蒲郡市内外の45歳から69歳までの347人(男性124人、女性223人)を対象に、1カ月間にわたってカカオポリフェノールを多く含むチョコレートを毎日一定量食べてもらい、血圧や血液成分などの変化が検証されています。その結果、実験に参加した人たちの平均血圧が下がっていました。

また、チョコレート摂取と脳卒中発症リスクとの関連を調べた結果によれば、チョコレートの摂取が脳卒中の発症リスクを低下させる可能性が示されています。1995年と1998年に岩手県、秋田県、長野県、沖縄県、茨城県、新潟県、高知県、長崎県の9つの保健所管内の44~76歳(アンケート回答時年齢)の男女約8万5,000人を2010年まで追跡調査した多目的コホート研究が行われました(※3)。その結果、女性では、チョコレートの摂取量が最も多いグループは、最も少ないグループに比べて、脳卒中の発症リスクが16%低くなりました。男性についてはチョコレート摂取と脳卒中発症の関連は見られませんでしたが、この研究により、日本人の女性については、チョコレートを食べると脳卒中の発症リスクが低くなる可能性が示されました。

週にチョコレートを食べない女性グループ「Q1(中央値0g/週)」に対して、週にチョコレートを食べる量の多い女性グループ「Q4(中央値37.5g/週)」は、脳卒中の発症リスクが16%低い。

引用元:国立研究開発法人 国立がん研究センター 社会と健康研究センター
予防研究グループ多目的コホート研究『チョコレート摂取と脳卒中の発症リスクとの関連』https://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/7926.html

チョコレートの種類をしっかり選んで食べましょう!

チョコレートが体に良いことがわかったからといって、どんなチョコレートを食べてもいい、というわけではありません。クナ族の話を思い出してもらうとわかるように、血圧を下げるのはフラボノールの働きです。だから、同じチョコレートでもフラボノールが多く含まれているものが体に良いチョコレートです。

チョコレートは大きく、ダークチョコレートとホワイトチョコレートに分けられます。このうちフラボノールが多く含まれるのはダークチョコレートで、ホワイトチョコレートはココアバターに粉乳や砂糖を混ぜて作られています。といっても見た目の色だけで判断すると間違えることがあります。

チェックポイントは、成分表示です。チョコレートの成分表示には、カカオマス、ココアバター、砂糖、乳製品(粉乳)などの項目が記されています。この中で注目するのは、フラボノールが含まれているカカオマスです。一般にカカオマスが40%以上のものをダークチョコレートと呼び、70%以上含まれていると高カカオチョコレートと呼びます。

健康のためにはカカオマスが70%以上含まれているものを選ぶようにしましょう。クナ族の飲み物に近いココアにも、血圧を下げる効果が期待できます。

チョコの種類をしっかり選んで食べましょう!

※本ページの記載内容は記事公開時点の情報に基づいて構成されています。

その他の記事

 
  • 食育

【10月は食品ロス削減月間】親子で取り組めば楽しくできる!身近なSDGs「食品ロス削減」チャレンジのアイデア

持続可能で、よりよい世界を目指す国際目標「SDGs」。2030年までに達成すべき17のゴールが設定されていますが、その中でも限られた地球の資源を守るために「つくる責任 つかう責任」という目標が掲げられています。「食品ロス削減」は、私たちの暮らしの中で身近に取り組める課題です。年間を通して大切な取り組みですが、特に日本国内では、農林水産省・消費者庁・環境省が連携し、10月は「食品ロス削減月間」として啓発しています。そこで今回は、「食品ロス削減」月間にちなみ、親子で楽しく「食品ロス削減」に取り組むことができる3つのアイデアと、ハウス食品グループが推進する「食品ロス削減」3つの取り組みについてご紹介します。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】代替肉“大豆ミート”が世界を救う?特長や食べ方を知っておいしく持続可能な未来づくりを!

まるで、お肉のような食感を楽しめる大豆加工食品の“大豆ミート”。近年、その市場は拡大傾向にあり、10年以内には肉全体の約10%を“大豆ミート”が占めるという試算が発表されるなど、世界的に“大豆ミート”の注目度が高まっています。日本でもここ数年の間に多くの大手食品メーカーから“大豆ミート”の製品が販売されるようになり、スーパーなどで気軽に入手できるようになりました(注1)。“大豆ミート”の市場が拡大した背景には、健康によい食品としての側面だけでなく、地球にやさしい食材を選択する価値観や考え方への社会的な関心の広がりがあるようです。そこで今回は、“大豆ミート”の魅力をはじめ、そのメリットや使い方などをご紹介します。

 
  • イベント

【イベント実施報告】2022年夏休み企画!オンラインで「ハウス食品 静岡工場」を見学!製品の製造工程や様々な工夫を発見!

2022年7月に募集し、2022年8月9日に開催しました「オンライン工場見学」についてレポートいたします。多数ご応募いただいた方の中から当選されたご家族の皆さまには、レトルトカレーととんがりコーンの製造工程の見学やクイズコーナーなど、ご家族でお楽しみいただきました。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】料理の味を安定させるだけじゃない!?調味料を計量する大切さとは!

調味料の正しい計量方法は意外と細かくは知らない人も多いのではないでしょうか?カモンハウス会員の皆さまよりコメント投稿いただいている「トークのお部屋」のテーマ“悩んだことのある「レシピ語」と対応した方法をお教えください!”には、「味付けに失敗した経験がある」、「そもそもなぜ計量することが大事なのかわからない」「適量とは?」など、様々なご意見が寄せられました。そこで、調味料の計量は、料理を美味しくすることはもちろん、塩分や糖質など健康への影響にも重要ということや、計量の正しい方法について、管理栄養士の亀崎智子さんに教えていただきます。

 
  • 食育

【管理栄養士監修】偏食になりがちな夏休みの食生活の工夫を食育マスターの健康メニューで乗り越える!

お子さまが偏食により体調を崩したり、3食の準備など夏休みならではのお悩みをお持ちのご家庭も多いのではないでしょうか。「カモンハウス会員」の皆さまにご協力いただいた、みんなのオープンデータ第8回「夏休みの過ごし方」のアンケート結果でも、「冷たいジュースやアイスなど間食が増える」「暑くて食欲が落ちてしまい、食べたいものが思いつかない」などの回答が多く寄せられました。そこで今回は“夏に不足しがちな栄養素とその影響”の観点から、悩みごとに適したメニューを管理栄養士の荒井名南さんに紹介していだだきます。